杉トライアングルの結界

2017.06.16 09:00|away-soul
シリーズ戸隠その3
戸隠神社五社参拝です。

IMG_5235.jpg

中社(ちゅうしゃ)
この場所に鎮座されたのは寛治元年(1087)、奥社の相殿として宝光社と時を同じくして創建。現在の御祭神は天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)で社殿によると本地は釈迦牟尼仏だったとのこと。オモイカネはアマテラスが天岩戸に隠れたときにできた岩戸神楽(太々神楽)の作者である知恵の神様。
こちらの社殿天井には暁斎に描かれた龍を見ることができます。が、しかし、残念ながらオリジナルではなく復元、中社絵馬も暁斎の龍です。

IMG_5238.jpg

社殿に向かって右にはさざれ滝、そして青龍殿。宝物館になっています。
もちろん、戸隠のオフィシャル公開宝もんというと牙笏、拝見してきました。日本国内に現存する5枚の象牙製笏の1つです。大宝律令で五位以上は牙笏、六位以下は木笏と決まっていたが、時代が下ると位階に関係なく礼服のときにのみ牙笏を用い、普段は木笏を用いるようになったらしい。現代では神職が持っているのは木笏。こちらの説明パネルには象牙製の笏は天皇クラスの持ち物とされるというようなことが書かれていた。南ア原産のアフリカゾウの象牙だそうで、シルクロードで唐を経て加工され、伝えられたものと考えられているんですと。正倉院にある牙笏とよく似たものです。あとは、伊勢神宮から下付された御神宝が展示されていました。せまいスクエアな展示室ですが牙笏だけでも一見の価値あると思います、トイレも美しいしソファなんかもあって寛ぐし、涼しいし(あははは)。もしかしたら聖徳太子が握っていたものかもしれない、なんて妄想も抱く。戸隠という土地を感じずにはおれない。

IMG_5241.jpg

外、暑いわ。
眩しいし、、ご神木が見えています。

IMG_5234_20170607164449219.jpg

社殿の前にあるご神木は推定700年
幹周囲が7メートルだそうで、このご神木でも女性が幹に手をあててなにやらブツブツやってました。
実はこの中社周囲にはこのご神木よりも興味深い三本杉というのがあります。

IMG_5245_20170607164507457.jpg

樹齢約900年とも800年とも言われているそうで、天然記念物指定。
3本に分かれているから三本杉と思っている人が多いようで、口々に
「ほんとだぁ三本にわかれてる〜〜す〜ご〜い〜キャー」
と、幹に抱きついたりして盛り上がる人々を見かけましたが、それは誤解です。
1本が三又に分かれてるから三本杉ではなくて、三本の杉が鳥居を中心に3本、正三角形に結界を作るように植えられているのが三本杉。この3本もご神木で、人魚伝説が残っていまして大変興味深いです。詳しくは戸隠神社オフィシャルウェブサイトでも読むことができますが、簡単にまとめると、妻を亡くした若狭の漁師が人魚を捕獲、殺戮。隠しておいた肉をその漁師の3人の子供が見つけて食べてしまい、3人とも全身に鱗が生えて死亡。ターミナルに戸隠大権現が夢枕に立ち、出家して子供を救うために3本の杉を植え800日詣するようにお告げをした。小説にすると、カニバリズムミステリになりそうですねぇ、伝染病で亡くした妻の亡骸を隠して食べていた夫、見つけた食べた飢えた子供たち、食べることで感染し、死に至ったと。となると、もともとの妻の死因もカニバリズムによるものかもしれないと思えてこんでもないですねぇ。各地に残る天女伝説や人魚伝説の変形バージョンかと思われます。三角形に植えられた三本杉といい、非常に呪術的。
そんなことを考えていたら、、

IMG_5243.jpg

お前、何考えとんねん!!! by阿犬

と、ドン引きされたように感じました。
すみません、バチ当たりで、、(滝汗)。

IMG_5242.jpg

お前も三社の御庭草を 八百日踏んどけ! by吽犬

と言われたとか言われなかったとか(あはは)

IMG_5246.jpg

中社、非常に興味深いです。
そしてこちらの中社前に戸隠観光情報センターやちょっとしたお店街になっていまして、なんとなく賑やかなところです。ここから1、5キロ下ると火之御子社へと繋がる。
さて、本来ならばこちらの比丘尼の丘までしか女性は入ることができない霊山ですが、現代では石になることもなく入っていけます。なんとなく騒いだりアホなことを考えないようにしようという雰囲気にはなってきますねぇ。
というわけで、奥社へと向かいます!!
シリーズ戸隠、つづく
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

ウラルのこどもたち

2017.06.15 09:00|Birding
戸隠途中ですが差し込み
新発田です。



ウラルフクロウさん家の子供達が、フレジリング・ナーーーウ
モフモフ天使です。

IMG_5355_20170606180021ba3.jpg

ね、、眠い
こうしてみると、、螺髪に見えてしまう。
後光がさしてるよぅ(あははは)
子供は2羽



日にあたりたいらしい
で、うつらうつらしたり、時折接近するソングバードたちを凝視したりします。

IMG_5329.jpg

まぶたにまだ羽が生えていないので、こんな顔をするとちょっとアトピっぽい
動きがやっぱりまだまだよちよちしているし、飛ぶのもへたっぴぃなのでドキドキですねぇ。

IMG_5388_20170606180024c9b.jpg

あ、居ったよ、居ったよ
写真をクリックすると大きなサイズで見られます。
(答えは追記ですんで、気になる方はどうぞ)

IMG_5392.jpg

ズームで見るとこんな感じです。
必殺コンデジズームパワー

IMG_5954.jpg

シジュウカラの子もたくさん巣立ち

IMG_5394.jpg

スズメの親が子供たちに出てこい出てこいと促してます。

IMG_5924_2017060618040993d.jpg

数日前に出たらしい雀の子たちがわらわらところげまわっていました。
口角が黄色いのはほんとに可愛い。

IMG_5397_2017060618040560a.jpg

猛禽がお食事してちらかした
産まれる命あれば終わる命あり。ネイチャーです。
いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

続きを読む >>

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

日本最古のダンサー

2017.06.14 09:00|away-soul
シリーズ戸隠その2
戸隠神社五社参拝です。

IMG_5285_20170606162739bdc.jpg

火之御子社
承徳二年(1098)頃の創建
主祭神:天鈿女命(あめのうずめのみこと)
火之御子と書かれているようにもともと火伏せの神様ではないかと思う。修験の法力というか神徳というと火伏は外せんし。日之御子社とも表記されたりするらしい。日御子とかくとするっと卑弥呼を連想させられるし、御柱が天鈿女命というのもさっくり繋がるようなイメージ。ただし、タカミムスビと、その娘タクハタチヂミヒメ、チヂミヒメの夫のであるオシホミミも祀られているのがややこしい。オシホミミはアマテラスの息子でタカムスビの娘との間にホアカリとニニギを生んでいるのでそっちから日の御子という筋もありか。
戸隠の中でこちらだけがもともとからピュアに神社。

IMG_5286_2017060616274464e.jpg

境内には樹齢500年を超える”結びの杉”
それと西行桜もある。西行はここまで来て奥社には行かずに引き返したらしい。となると、やっぱり西行隠密説もしくは西行忍者説をふつふつと考えてしまうねぇ。ここの時点で正体がバレた西行はこの桜の前でバトル、敗走とか、、(妄想むんむん)。

IMG_5284.jpg

大変興味深いヒノミコジンジャさんです。
ただ、車を止めるスペースが3台分しかないうえに、このすぐそばが”魔のカーブ”で怖いです。
宝光社でも見ましたが、この結びの杉でも両手をかざして目をつむっている女性がいて不穏な感じ。某所の自然史博物館の巨大隕石の周りに集まって瞑想している人と同じ雰囲気というか、思い詰め感あふれてるっていうか。実はこの後も各所のご神木で同じような女性たちを見ました。私が見た限り、全て両親と娘風3人旅だったり、同じような年頃女性2〜3人セットでした。
なんというか、あまりの気合いに木が枯れそうというか(滝汗)

さて、木を枯らしそうなぐらいの激しいウィッシュもなく、
厳しい修行をしようという気も希薄な私なので
腹が減ったのでまず飯を食いましょう(笑、バチ当たりです)

IMG_5178_201706061706445ea.jpg

奥社前のなおすけさんで食べることにしました。
さかさ川が見える窓際カウンター席に座ります。
目の前をカワセミがぴゅーんと飛んで行きました。運が良ければレッドな小ビンも通りがかったりするんだとか、、なんと贅沢な蕎麦屋なんでしょうか。

IMG_5145.jpg

ゴジュウカラはめっちゃウロウロしてました。
ガラス越しなんで写真撮るのは出てからがいいんでしょうが、そば待ちで暇なんで(笑)

IMG_5180.jpg

戸隠蕎麦 6ぼっちにしました。
ぼっち盛り、というらしいです。ぼっちは束の事だという説明を読みましたが、”ぼっち”というと法師を連想しますねぇ、ダイダラボッチのボッチ。ともかく、蕎麦というと修験者が各地にタネをもたらしたというレジェンドですんで、蕎麦=坊、蕎麦盛り=ボッチ盛りという風に想像してしまいますねぇ。法師→坊(ぼう)→棒(ぼう)→束、、バンザーイバンザーイみたいなんもありかもしれない。
あ、今気付いたけど日本三大蕎麦制覇したわ(爆)。蕎麦はフレーバーがしっかりしていて美味しかったです。が、なぜ6ぼっちにしたかというと

IMG_5184.jpg

蕎麦がき
修験者たちがこの戸隠に蕎麦を伝えた当時はぼっち盛りもないし、ヌードル状になるのはさらに時代がくだってから。こんな風に蕎麦がきにして食べていたそうです。大きなフワフワのそば団子みたいなのをスプーンですくって、醤油と薬味をつけてたべます。これ、激ウマ。私個人的にヌードルになったやつよりも好きですねぇ。
お通しで出てきたヤマクラゲが美味しかったので、購入。

201705241324485c7.jpg

山くらげ 
この辺で取れるステムレタスの佃煮でこちらのなおすけさん特製。歯ごたえが素晴らしい。ていうか、クラゲとはかなり違う、フツーにレタスの茎の食感なんですが、なんで山クラゲ?

IMG_5191.jpg

さらに熊笹ソフトも食べる。
笹の匂いがするような気がするお茶っぽい味でした。爽やかで美味しかった。
ていうか、全部爽やかであっさりしたもんばっかり食べました。たまにはええわな。
五社参拝に戻ります。
シリーズ戸隠、つづく。
応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

続きを読む >>

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

巨大岩石落下地点

2017.06.13 09:00|away-soul
シリーズ戸隠その1
長野県長野市、戸隠山に来ております
自宅出発して高速道路を走っていたら、前方上空をコウノトリと2羽のアオサギが飛び横切りまして、これこそ吉祥かと喜びました。なにせ高速運転中だったのでバンド読むこともできませなんだが、多分き●な君やろねぇ、すっかり土着してます。

IMG_5248.jpg

そう、戸隠山というと戸隠神社です。
鳥を見に来たわけではありません(あははは)
ガタの知り合いバーダーさんたちも戸隠は何度も鳥見に訪れているというのは聞いておりまして、存外近いというのを聞いて以来、どうしてもお参りに来たかったんですわ。昔と違ってオバハンでも修験の山に入れる世の中になりましたからねぇ、奥社に向かうのとか、まだ少し山頂向きに息を吐くのもちょっと恐れがありますが(あはは)。
戸隠、隠れてた戸が落ちてきた場所といわれております。なんの戸ぉかというと、天照大神様が隠れていた高天ヶ原天岩戸の戸。天照大神様が天宇受賣命(あめのうずめ)の乳尻重要物件丸出しオゲレツ踊りでどんちゃん騒ぎしているのを覗くためにちらっと戸を開けた時に、こっそり戸のそばで隠れていた天手力雄命(たじからをのみこと)が、その戸をひっぺがしてぶん投げたのが、この山に落ちてきたのが由来。
こちらも明治の神仏分離で大災難を被った地です。神仏分離というよりも信仰破壊活動とも言えますが、ともかく明治のアレ以前は戸隠山勧修院顕光寺、コテコテの修験信仰で、戸隠山がボス神。当時こちらにあった素晴らしい仏像のいくつかは避難して生き残り、以前善光寺の尼寺、大本願で公開されていたのを拝見しました。まだまだどこかに埋もれているんだろうと思います。
ともかく、
戸隠神社 五社参拝のスタートはこちらから

IMG_5257_2017060517342187c.jpg

戸隠神社宝光社
御祭神:天表春命(あめのうわはるのみこと)
中社祭神オモイカネ(天八意思兼命)の御子神でニギハヤヒ(饒速日命)が天磐船で天降った時の護衛団員32神の中の1柱でシタハル(天下春命)の兄弟神。ウワハルが開拓、シタハルが開墾の神さま。
社殿はもちろんコテコテの寺院式。

IMG_5252.jpg

獅子舞っぽい四角い顔の吽形狛犬
ていうか、ツノもないし獅子か、(あはは)
誰かに似ている、、とにかくものすんごくかわいらしい。

IMG_5255.jpg

阿形のほうは吽よりも普通っぽいが、やっぱり楽しそうに見える。
ナイススマイル(おいっ)
270段ちょっと超えの急な石段、見上げるとちょっと嫌にならんこともない

IMG_5276_20170605173429e76.jpg

ちょっとやる気のでなくなる石段
ちなみに女坂という着物を着た女性でも参拝できる比較的緩やかな坂も左手に敷設されています。

IMG_5271.jpg

途中、明神と権現入り混じる一角があり、仏像は首をもっていかれていた。
明治のアレの破壊活動か。
宗五郎大明神は江戸前期の有名義民佐倉宗吾郎かと思う。江戸後期に実録本や講釈、歌舞伎などで流行ってかなり盛られてしまっているが、本当かどうかは不明。私も子供のころ『ベロ出しチョンマ』読みましたわ。
流行り物を取り入れるところは今も昔も同じですねぇ、最近は神社仏閣でキテー猫ちゃんとかアニメ美少女キャラコラボなんかもみられますが、うちの近所の白山さんでもキテー猫ちゃん関連お守り多数ありまして、これが300年後なんかにはキテ大明神とかになっているんではないだろうかと密かにうけてたりしています。ま、突如電脳文化が消失して記録なんかも失われたら、、かなり読み解くのが難しいていうか、恥ずかしいことに(笑)。ていうか、だからこそ現在こうして文献などが残っていないか、もともとないか、まだ出て来ていない所が難しくて面白いんですが。

IMG_5260.jpg

境内にはポスト型金比羅神社があった。
なんとも静かです。
神道(かんみち)を行くのが本当なんですが、だいたいにしてオバハン(一応女性)なんで修験もなにもなかろうかとズボラかましてガソリーンな感じで次へ向かいます。

IMG_5273.jpg

やっぱりそろそろ諏訪にいかんとあかんな、、
それと伊勢も長らく行ってないし、、
ワクワクの修験の道
シリーズ戸隠、続きます
いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

和服柄の京女

2017.06.12 09:00|Birding
雨との天気予報なんですが、うちの周りは晴れて青空なんで、
早朝から庭木を切りました(ゴミ収集が枝葉草の日だったから)。すっきりした。
ガタ市内です



キョウジョシギが二羽あるいていました。
なんかテレビドラマとかビールの宣伝とかそんな感じのビーチであるく着物柄の京女x2
これが水着柄だったりしたらもっとおもろいかと、妙なことを考えたりして。
さて、
この日はとても楽しい日でした。
鳥屋野潟で

IMG_4701.jpg

キビタキの1年生男子に遭遇。
若くてかわいい〜〜〜。今年は数羽これぐらい全身ヤング色と大人色が半々グローイングアップな個体を見ましたが、確かにきっぱり黒が黒くなったアダルトも素敵ですが、薄墨色のヤングもまたたまらん魅力です。中途半端な進行具合の個体がまた趣深くてたまらんわな。

IMG_4683_20170604192718b6a.jpg

アトリ女子に遭遇
まだおったんか、、

IMG_4695.jpg

オナガたちは妙にシャイですし、うちのアパートの窓から見える電線にいつもとまっているのでスズメよりも撮ろうと思わない鳥となりはててしまいました。でもやっぱり姿はたまらなく美しい鳥ではあるので、つい見惚れてしまいます。黙っていれば、、、(あはは)

IMG_3809_20170604192721ef3.jpg

ものすんごい数のコサメビタキがやってきていました。
サメとエゾもちらほら混じっています。

IMG_4747_20170604192734bab.jpg

薮にくらべるとものすごく寂しい潟面ですが、
コガモもまだいてます。
ちょうど半分ほど歩いた所で鳥屋野鳥友のDeer夫妻と遭遇。

IMG_4714_20170604192735959.jpg

一緒にモズっ子たちを見る。
もじゃもじゃの中で2羽くっついて寝てます。

IMG_4730.jpg

モズ父が大激怒していました。
そんなに怒らんでも、、
で、なんやかやと話をしていて、今から一緒にシロチドリの繁殖状況を数えに行こうという話になりまして一緒にビーチへゴー。
シロチドリを見ていたら、スウーーーっと波打ち際に美しい鳥が飛んで来ました。

IMG_4660_20170604192737843.jpg

キョウジョシギ
ウェイダーの中で私が一番好きな種類です。
それはそれは美しい、色良し柄良しサイズ良し
その後、突然の豪雨(いつものごとく天気予報ド外れ)で終了しました。
ほんの数分だけでしたが、とても嬉しかったです。満足じゃ。
いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

おもろい花見

2017.06.11 09:00|museums
県立植物園

IMG_3732_201706012020205d9.jpg

実は結構よく来る場所です。多分ガタ市内で一番コガモとの距離が近いところと思う(私比)。
冬に来ると極楽ですが、カメラが曇って写せるまで時間がかかります(笑)

IMG_3733.jpg

バナナの花が見頃
東南アジア原産の草本植物
食用になったバナナの元になった種類。花序(花の集まり)が下向きについていて、夜になると苞と呼ばれる葉がめくり上がって中から花が顔をだすと、、

IMG_3735.jpg

この赤くてめくれてるんが苞
これが全部ベローンとめくれて中から小さいバナナのミニチュアみたいなのと先っちょに小さい花がついたのがズラーーっと並んでる。
この花の部分ってよくアジア系の八百屋とかで売ってるわな。たけのこの先っぽみたいというか、アーティチョークみたいていうか、食べ方もにたようなもんです。

IMG_3737.jpg

幹生花ってやっぱり変
大きいのはバレーボールサイズぐらいまで肥大してしまっていますが。幹から直接出てくるんが笑える。
設置された説明を読んでみると、やっぱりマラカスやんこれ(ぎゃはは)。中央アメリカ原産常緑高木。幹に直接花が咲いて直径30〜50センチに育つ丸い実がなる。で、ヒョウタンと同じように容器として使われるんで、ヒョウタンノキ/フクベノキという名前がついたらしい。ニカラグアではこのタネを挽いてリフレスコというパンを作るし、この木の仲間のクレスティア・アラタはマラカスになる。

IMG_3742_201706012020182df.jpg

ちょうど花もいっぱい咲いていた。見た目は美しいカボチャとか瓜の花っぽい。ただ、、幹から直接咲いてるけどねぇ。いやほんま、初めてカカオが木に直接実ってるのを見たときはかなり爆笑しましたが、幹生花ってなんかもう、なんで?って感じですねぇ。おもろすぎ。

IMG_3750_20170601202052fda.jpg

ツンベルギア・マイソレンシス
キツネノマゴ科キツネノマゴ属
これもじーっとみるにつけて面白い形。このまま笑い出しそうな口っぽい。

IMG_3745.jpg

オクナ・セルラタ
南ア原産常緑低木
春に咲き、花は黄色で花が終わって結実すると、ふくらんだ花床は赤く、石果は黒くなりそのまま夏頃までみのり続ける。ミッキーネズミに似てる(?)ことからミッ●ーマウスノキと呼ばれるらしい。これのどこがネズミなのか???羽根つきの羽を目がおかしい時に見ているような感じ。

IMG_3752.jpg

幻の花 セイシカ
日本では石垣島と西表島にだけ自生するツツジ。山奥の渓流沿いに生育し、あまり見ることができないので幻の花と呼ばれているらしい。

IMG_3770_201706012020493de.jpg

ヒスイカズラ
エキゾチックな藤って感じですねぇ。とても美しい色です。
この花、オオコオモリだけに蜜を吸わせて受粉するという、なんでそんな進化を?というようなことで記憶に残り倒している花なので、ヒスイカズラというとオオコオモリがのっかってぺろぺろとなめている姿が脳内再生します。これまたぴったりサイズでねぇ、、。

IMG_3774_20170601202055f75.jpg

1916−17年のカタログ定価表なんかも展示されていました。
つい見てしまう、、カタログとかメニューとか妙に好きです(笑)。
おもろい花見でした♪

IMG_3827.jpg

薬草ガイドブック
受付にはちょっとしたグッズも置いてありまして、こちら県立植物園のオリジナルクリアファイルや小間物、それににほん植物園協会が発行している植物フィールドガイドが数種類ありました。ということで薬草ガイドブックをゲット。

IMG_3829.jpg

身近で代表的な薬用植物120種、写真たっぷり。薬草に関するコラムもあって読み応え抜群なうえに、そこらへんで生えている草が薬になったり有毒だったりなど、オオオオオと感動。
かなり面白かったですし、有事に役立ちそうなので非常持ち出し袋に収納しました。
ちゅうことで土砂降りの日の過ごし方でした。
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

飲む読む食うの三拍子

2017.06.10 09:00|books
読書に当てる時間が足りないぃいいい。ていうか、もうすぐドラクエが出るので同梱を予約しましたんで、ゲームにも時間を割り振りしないとあかんし。年々夜更かしできない体になっていってるのが辛いです、コテっと寝てしまう。

2017041615522836a.jpg 20170517093431eb7.jpg

高田崇史『神の時空 京の天命』
松島、天橋立、宮島の日本三景、それに神田明神、宇佐神宮の結界を破壊し、富士山をはじめ日本列島の火山を噴火させ日本をつぶそうとする高村皇と対決しだして6日目、摩季の死反術、ヌリカベ陽ちゃんの記憶、この巻で完結かとおもいきや、どこにも完結とは書いていないのでまだ続きそう。ともかく、話は巨大なのにちょっとはしょりすぎで薄いというか、軽すぎ感は否めない。ハリウッド映画ならここらへん確かに各地の様子は数カットで済ますかもしれないが、せっかくの小説なのだからもっとミッチリと書いてもよいような、ミッチリ読みたいような気がする。ま、相変わらずタタラと鉄で〆る高田節炸裂、安心感のあるストーリーでハズれはない。

高橋克彦『水壁』
東北シリーズ最新作。今回は短かったがやっぱりハズレなくとても面白かった。元慶の乱の蝦夷のリーダーは阿弖流為の4代目の子孫だった。バランスのいいRPG的に勇者阿弖流為の子孫、アーチャー、盗賊、軍師、商人、美女、間者てな感じの人物配置で非常に安心感のある面白さ。戦も面白いが、やっぱり頭脳戦がおもろいねぇ。なるほど水壁な、、。
『風の陣』橘奈良麻呂の乱、宇佐八幡宮神託事件、『火炎』阿弖流為と田村麻呂の戦い、『炎立つ』平泉、『天を衝く』九戸政実、また全部読み返したくなった。

20170411141908823.jpg 20170524132437dff.jpg

”Harry Potter and the Cursed Child" Parts one and two
John Tiffany & Jack Thorne
デスリーホロウから19年後、ハリポタ次世代。ハリーとジニーの次男アルバスセブルスとドラコの一人息子スコーピウスがヴォルデモートとベラトリックスの娘と対決する。タイムターナーが主になるハリーポッターシリーズの舞台劇の書籍版。ハリーとロンとハーマイオニーの関係は中年になっても同じなのが嬉しい、それとタイムパラドックスが生じた後の歪んだ世界に対するスコーピオが良い、ドラコの評価が上がる。私、個人的に何語でも戯曲・脚本や対談などの会話が主体のものは読むのがとても苦手なんですが、短いこともあって膿まずにいけました。舞台用なのでビジュアルがしっかりしていますが、ついでに映画化もしてほしいですねぇ。

荻原規子『あまねく神竜住まう国』
源頼朝15歳、伊豆に遠流になった直後をベースにしたファンタジー。風神秘抄の草十郎と糸世がサポートに入り土地神と頼朝自身の呪いのようなものに打ち勝っていく、少年成長系。萩原本には珍しく最初からテンポがよくてサクサクと流れに乗れた。短すぎるのが残念だが、楽しめた。

201704161551461ee.jpg

諸星大二郎自選短編集『汝、神になれ鬼になれ』
妖怪ハンター稗田礼二郎が3作入っている短編集、すべて大変読み応えがあってすばらしい。
第1章、人、神になりしことまた鬼になりしこと、「生命の木」稗田・ぱらいそ「六福神」大島と渚「鎮守の森」「復讐クラブ」第2章、奇怪な事件、起りしこと「海竜祭の夜」稗田「毛家の怪」「生首事件」「闇の客人」稗田、第3章、もの、人になりしこと「沼の子供」「子供の遊び」「逆立猿人」「夢みる機械」

『彼方より』
異界を描いた短編集。色々な全く異なる世界、ホラー的ではあるがなにやら悲しくて、ノスタルジックな作品が多い。
第1章、彼方より「生物都市」「海の中」「天神さま」稗田、第2章、彼方へ「ぼくとフリオと校庭で」「ど次元世界物語」「ヨシコちゃんと首たち」「桃源記」、第3章、遠い世界「男たちの風景」「カオカオ様が通る」「砂の巨人」

20170416155203e2d.jpg

諸星大二郎『妖怪ハンター』
異端の考古学者、稗田礼二郎が謎を解く、禁忌の日本史。
『地の巻』
「黒い探求者」「赤い唇」「生命の木」「海竜祭の夜」「ヒトニグサ」「闇の客人」「蟻地獄」「闇の中の仮面の顔」「死人帰り」
『天の巻』
薫と美加の兄妹が出てくる生命の木シリーズ。
「花咲爺論序説」「幻の木」「川上より来たりて」「天孫降臨、第1章大樹伝説、第2章樹海にて、第3章若日子復活」「黄泉からの声、第1章井戸のまわりで、第2章読みからの声」「天神さま」
『水の巻』
大島と渚のでてくる海関係シリーズ
「産女の来る夜」「淵の女」「うつぼの舟の女」「海より来るもの」「鏡島」「六福神」「帰還」
これ、全部小説で読みたいです。漫画も嫌いではないが字が少ないのでページを早よめくらなあかんのんがめんどくさい。

おまけの呑兵衛さん
日本酒奥が深いです。
親戚がすんごくファミリアーな酒をおくってくれた

20170602143108b2a.jpg

浪花酒造さんの大吟醸浪花正宗と蔵出し生原酒
ま、色々とやっちゃらかしまして自粛してるようですが(あははは)
1716年創業の大阪で一番古い蔵らしい、ほんまかいな(笑)。ともかく、大阪は山田錦と宮水の産地、灘五郷とそれに伏見も近いことがあるからか、あんまり蔵がないわな。
ちなみに日本酒の生産量は灘を有する兵庫がダントツの1位、日本最大の酒造”白鶴”、大関、白鹿、日本盛、菊正宗、剣菱、白鷹、沢の鶴、テレビの宣伝のジングルも浮かびます。
次いで2位が京都、伏見ですねぇ松竹梅に月桂冠などの大手や英勲、玉乃光。
こうして、並べて見ると、歌える酒造が多い(爆)灘と伏見でツートップです。”お神酒”消費量も半端ないしね
で、3位が新潟、生産量でいうと兵庫の1/5ぐらいですが、全国区の大量拡散販売アルコホルがないのにこの量はいかにすごいかと思います。(ちなみに一人当たりの清酒消費量は新潟人がダントツナンバーワンだったりする、笑)。

20170602142912058.jpg

さらに大好きな泉茄子のぬか漬けも〜〜〜
ぬかと茄子が個別包装になっているので非常に嬉しい。
調理済みLOVE
ていうか、なんで”よさこい”やねん、高知県やし、それ。せっかく美味しいのにダサさで減点されるやん、もったいない(あはは)。
ともかく、泉茄子はガキの頃から食ってますが、泉で育てないと美味しくなりません。苗をもらって和歌山で育てても普通の茄子になるだけなんよね、不思議に土との相性なんでしょうねぇ。

20170602143057ca6.jpg

泉茄子の浅漬けは洗って手で割いて食べるのが一番。包丁を入れると美味しさが減る。生姜や醤油、おろポンをかけてもいいが、やっぱり何にもつけんと其の儘で食うのが一番やねぇ。お酒が進むナス。
生原酒と一緒にいただきました。これまた伏見や灘とも違う西の味。新潟のぽん酒とは全く違うまったりと派手な味なのが興味深い。しかも甘口(普段辛口か超辛やねぇ)。あっという間に飲んでしまいました。
泉茄子に泉の酒がよく合います。ほな浪花正宗のほうはタコの酢の物とでもいくかな。明石のタコが食べたい。

ついでにおまけ
しみる目薬ファンなんで、普段からサンテFXかロートZ!を愛用しています、それにアレルギー用の病院目薬、そして最近目がほんとにしょぼつくので疲れたと思う前にグイグイ目薬をさしてみようと、ゴールド40を買いました。ものすごく目薬を消費するのでいつも売り出しの時に5〜10個ぐらいまとめ買いするんですわ。で、そろそろストックが少なくなって来たので薬局の目薬コーナーを覗くと、セール中1ケ250円

20170609184101472.jpg

しかも、こ、、これは、
個数制限つくような底値ではないですが、かなり安い。
ということで、制限もないですしいつものようにどっさり買いました。

20170609183307cdd.jpg

会心の一滴

素晴らしいキャッチやとおもいます。
会心の一ポチ↓

人気ブログランキングへ

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ