佐渡へ佐渡へと草木もなびく

2015.10.03 10:32|away-birding
新潟で鳥といえば朱鷺、県鳥でもあります。愛鳥センターでスタディしました。
ゆうてもNipponia nipponという日本すぎるほど日本なラテン本名を有するアイビス、トキ。20世紀に激減し2010年の時点で確認されている個体数が世界で1814羽。佐渡市では2008年秋から人工繁殖トキの放鳥がはじまり、先週もさらに15羽が放鳥されました(合計で215羽リリース)さらに野生下でも繁殖しはじめています。
佐渡トキ保護センター
というわけで、日本野生生まれのトキを観る為
佐渡へ佐渡へと私もなびくわけです

20150924093116b86.jpeg

佐渡汽船、40分前に来いと書いていたので真面目に到着。フェリー乗船待ちラインに車を停めて前もって予約しておいた予約票と車検証をもって発券してもらいに行くと「完璧です!」とものすんごくニッコリして言われました。完璧でない人が多いのか?!愛車と伴に朝6時のおけさ丸に乗り込みます。
新潟市万代島から佐渡の両津港までカーフェリーで約2時間半
いつだったかニュースのちょっとしたバラエティコーナーで佐渡汽船の事をやってまして、カモメにかっぱえびせんをあげるのが名物です、と放送されていたのを覚えていたので(実は楽しみにしていた、笑)、かっぱえびせん3袋持ち込んでいます。ココカラファイン(クスリのコダマ)の売り出しで88円でした(あははははは)。
とりあえず出航して湾を出るまでカモメをてんごして暇つぶししようと思います。
湾をでたらオオミズナギドリを探しますんよ〜〜、ビッグエベントです。

201509240932000ba.jpeg

子供らもカモメにかっぱえびせんとかおかきなんかをあげています。
楽しそうです。ま、怖いと泣いている子供もいましたが、、。
さて、私もやってみましょう。
かっぱえびせんの赤い袋をパシっとあけると、臨戦態勢のガルが私の頭の上でホバリングをはじめます。

これは、、糞危険(爆)

この糞は強調のクソ(クソババアの糞)ではなくて、リテラリーに糞です、鳥糞注意。
ま、隣に居った人が頭に直撃弾くらってました。結構ネットリしています(ちーん)。

IMG_3096.jpg

どんどん来ます。
甲板にてかっぱえびせんを待つガルズは全員ウミネコでした。Black-tailed gullその名の通り尻尾が黒いので所謂カモメとは一発で見分けられます。



ヤングは基本的に風を掴むのがイマイチへたっぴぃでして、
えびせんを摘むのもへたくそでした。そして時折指もつままれます。
そこそこ納得して嫌になってきた頃に湾から出たので手を拭いて双眼鏡に持ち替えます。
ちょっと雨がちで、風も強くそれなりにフェリーもゆれてまして、波間のミズナギドリが見えづらい。チッ。
up and down
up and down
1時間ほど海面を見続けまして、とりあえずなんも居らんところまで来たので船内を散策、トイレに行くと真っ青な顔してナイロン袋を下げた人が、、。個室では盛大に噴火している音が(南無阿弥陀仏)可哀想に酸っぱい感じでした。私、車と飛行機は恐ろしく酔いますが、船は酔いません。不思議です。さっくり用事を済ませ甲板に戻ります。
神津島が見えて来た辺でオオミズナギドリが飛びまくってまして、風雨もえらいことになってまして(爆)
なんかちょっと”あ〜あ”な感じやったんですが、両津港に入る間際にパーっと晴れてきました。

IMG_3152.jpg

虹やーん。
ってこの日は降ったり止んだり激しくて、虹をみまくりまくりました(笑)。
佐渡で野生のトキを見るぞーの旅、はじまりです。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
ちなみに日本の国鳥はキジです。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

おおお~。
朱鷺に会いに海を渡ったのですね♪愛ですね、愛!

カモメにかっぱえびえせん!
しかも88円って大袋だし(笑)。
jubeさん大盤振る舞いですね。
若者カモメ、指はだめ、指はっ。
物凄く痛そう・・・。

船酔いしないんですか!
私は車、飛行機はめったに酔いませんが
船は秒殺です(涙)。
酔い止め薬が欠かせません。

No title

やはりウミネコ、カモメにはかっぱえびせんですねぇ
私も松島遊覧船で試しました、楽しく恐ろしかったです
わたくし、根室沖で漁船鳥見の時双眼鏡を覗いていたら
気分悪くなったんです、その他の船は大丈夫だったんですが
やはり漁船&双眼鏡のセットがあかんかったんか?と思いました。
じゅべさん、漁船鳥見大丈夫そうですね!
乗船で車検証が必要なのですね?
宮島へ行く渡船と違っておけさ丸はやはり大きいですね!

No title

わたし、まだ佐渡に足を踏み入れておりません。未踏の地です(笑)いーなーww
このシルバーウィークに行く予定にしていたのですが、
フェリーで2時間半ってとこに主人がブーイング・・・・。(ほんにこの人は・・・もう・・)
で、結果水上バスになったわけです(笑)

むかーし新宮から引っ越すときに有明までカーフェリー乗りましたわ。
むちゃ酔いました。でそのあと東北道を北上したもんで
3日くらい使いもんになりませんでしたわ

私も松島でカモメにかっぱえびせんやりました^^
因みにここの白鳥にはポン菓子。
一袋100円也(えびせんより高いやん \(◎o◎)/!)

No title

そういえば私の親父、数年前に佐渡に行った時に、土産物店でジェンキンスさんと会って記念撮影をしてきました。

No title

佐渡行ってみたい地です
飛び散るえびせんのカス
凄い画です
感動!!

リクさん

コメントありがとうございます
そうなんです〜、朱鷺を求めて船にのりました。ほんとエキサイティングでした。
88円は普通サイズです、大袋ファミリーサイズが198円であります(笑)。
指をやられてもそんなに痛くはありません。歯がないので大丈夫:)
船酔いしないんですよ〜、車(特にタクシー)は秒殺です。自分で運転していても酔うことがあります(酷い、笑)。でも実生活では船よりも車に乗る頻度のほうが高いですから不利ですわ。酔い止めのんで自分で運転するのもナニですし(あはは)。

ハイジさん

コメントありがとうございます
かっぱえびせんですね♪
ものすごく集まってくるんでいつ頭にウンコをかけられるかとヒヤヒヤしました(笑)。
船は上下に揺れますんで、上下揺れが苦手な人が双眼鏡などで視野を近くしているとさらに揺れ幅が大きくかんじられますから、三半規管がグラリとなって酔い易いですよねぇ。揺れるものx視野の狭くなる物、双眼鏡しかり、読書しかり、俯いて細かいものもあきませんね、お裁縫とか(しないですね、笑)。私、船大丈夫なんですわ血でしょうかねぇ(笑)。
昔、よく和歌山港ー高松港(四国)のフェリーに乗りましたが、当時車検証を出せと言われた事はありませんでした。あれから法律がかわったのか佐渡航路が特別なのかはわかりませんが、佐渡両津港ー新潟航路で車を乗船させるときは車検証の提示がもとめられます。ま、車に車検証は搭載しているものなので問題ないですが、受付に持って行くのを忘れるとまた車まで戻るのがめんどくさいといえばめんどくさいでしょうねぇ(笑)。楽しい船旅です。

リトルガルさん

コメントありがとうございます
佐渡、ものすごく楽しいですよ♪ジェットフォイルだと1時間です、水上バスと似たような時間なのでは。
新宮からもフェリーありましたねぇ。うちは和歌山港や深日港からよくのりました。高校の修学旅行も船でしたしねぇ(遠い目)。船酔いする人はほんとにどうしようもなく酔うみたいなので大変だと思います。
ハクチョウはポン菓子ですね(笑)。今日は風が強かったのでポン菓子が全部風ですっとんでしまって見ていてかなり笑えました。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
ジェンキンスさんてあの北から帰ってきたジェンキンスさんですよねぇ、(滝汗)

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
佐渡、めちゃめちゃ楽しいですよ!!バイカーもどっちゃりフェリーに乗船していました。
かっぱえびせん、忘れても船内売店で売っています(高額ですが、笑)。

No title

佐渡と鳥 あぁウチのオカンが興奮しそうな内容だぁー
帰国時には新潟に出向いてお会いしたいと思っておりますが
もれなくウチのオカンが便乗しそうで・・・・ 
オカンの頭、新潟=佐渡&鳥らしいです、なんでやろ?そうなん?そーいうもん?

m_tomo27さん

コメントありがとうございます
めちゃめちゃ大興奮ですわ。
あはは、もれなくご一緒にどうぞ〜♪
そう、私も新潟といえば佐渡、そして鳥です。そーいうもんです!
非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【21件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ