FC2ブログ

こくまる探しゲーム

2018.01.05 09:00|Birding

人気ブログランキング
昨日も時折吹雪いたり、風は強かったりはしてましたが、おおよそガタメジャーで”いい天気”でした。やっぱり青空はええね。
正月明けそうそうからケアシが来てたトーヤノ・ガータです。
いいスタートですよぉ。風が強すぎるので小鳥はアカンやろとはわかってるんですが、なんせ青空が出ていると外に出ずには居れない。体が太陽を欲して止まない。ガタ病の特効薬は青空です。



ミヤマガラス
ちょっと所謂ミヤマガラス的な雰囲気ではないいいのが撮れました。こうしてみるとほんとに美しいカラスです。
これがRook(ルック)
集団営巣して繁殖する動物のコロニーのことをルッカリー(Rookery)て、いいますがまさにこのRook(ミヤマガラス)からきてる言葉ですねぇ。なんせ集団なやつらです。

IMG_4342.jpg

ちなみに所謂ミヤマガラス的な雰囲気というとこちら(笑)
このデコの絶壁具合がツボ。白くみえている嘴の根元は嘴が白いのではなくて、ハゲてて皮膚が見えているだけ。土の中をかっぽじるのに嘴の根元の羽が邪魔で不潔になるから。ハゲタカやハゲワシが頭を腐肉に突っ込むのに不潔になるから羽がなくなったのと似たような流れかと。

IMG_4362.jpg

強風だったので、昼間は田んぼで土かっぽじってるミヤマーズも公園とか駐車場の安全なところに避難していました。ただ、トーヤノパークはハシボソガラスとハシブトガラスのテリトリーもあって、この日はボソとブトも避難集結していたのでえらい賑やかだった。面白いのはボソとブトは明確なテリトリーがあるので越境すると口喧嘩勃発するんですが、さすがにミヤマは多すぎる所為なのか、多勢に無勢とでも言おうか、ボソもブトも静かにルッカリーに飲み込まれていました(あははは)。
黒い集団に近づくとブトとボソの声と数の割にあまり鳴かないミヤマの声、3種類とも基本は”カラス”な声なので簡単に聞き分けはできますが、系統はカラス。で、その賑やかな中にちょっと異質な声が混じりますんで、音源を探します。



ヤングなコクマルガラス
スクイーカーみたいな音ですわ、スクイーカー(squeeker)って和名はなんていうんでしょうねぇ??犬とかのおもちゃにはいっている押しつぶすとキューーとかなるプラスチック製のエアバッグ鳴り物。あの系統の声ですんで、どんだけたくさんミヤマガラスが居ても一発でわかります、鳴けばねぇ(あははは)。というわけで、ミヤマーズの群れをみたらぜひともコクマル探しで楽しんでいただきたいです。めちゃ楽しいんよ。

IMG_4336.jpg

若い子も可愛いですが、アダルトなコクマルガラスは白黒のマグパイ柄で可愛らしい。
パンダブームにのっかってコクマルブームが来ないものか。あるマダムが「カレーみたいな名前」と言うてはったので、カレーのほうをいっそ「こくまる」に改名してパッケージデザインに使ってもいいかと思う。

IMG_4322.jpg

駐車場の地面にもどっさり落ちている(ぎゃはは)
なんかもう、黒っぽい。
それはそうと地元の人に教えてもらったんですが、この見えてるハイスクールですが、東京に本校があるわけではないらしい。なんでこんな名前なんだろね〜って面白がってたのでちょっと検索してみると、は千葉県にヘッドクオーターがあり千葉に3校、ガタに1校あり発足したのが東京なんだそうだ。それだけで東京ってつけるってちょっとアレなんですが、曰く、”東京”とつけておけば若い子は良いとおもうすけー、だそうです(思うんか?)。関西で”京”(京都の事)とつけると美味しそうとか上品そうに感じるのと同じか?でも、和歌山の学校で京都学館とかつけてもなぁ、着物の着付け教室みたいやし。大阪学館となると創始者の名前が”大阪さん”か?って感じやねぇ。和歌山にネズミーランドができても大阪ネズミーランドにはならんと思うが、、今の若い子はちゃうんやろかねぇ、どやろか?

IMG_4328.jpg

カタウェザーなので、風向きがどんどん変化します、狂風です。
約600羽、みているとゴウっと風が強まった瞬間は全員揃って風の方向を向くのでめちゃおもろい(あははは)。もちろん逆に向いてしまうと尾羽や翼や体羽に風がそのまま逆撫でして結構スッとばされ、横たくれに地面を転がってバタバタもがいていたりしてねぇ、、どんくさくて不憫で可愛い。
風ですっとんできたドングリをすかさず拾うヤツもおったりして見てて飽きませんな。
O夫妻が合流したが、ちょうど直前にコクマルガラスを含む過半数のミヤマガラスーズが飛んで行ってしまった。が、降りた場所が見えていたので、Oさんに乗っけてもらって車で追跡

IMG_4351_20171228161137a3a.jpg

常に団体行動を旨としている。

窓をブイ〜っと開けただけで飛んでしまった、、(滝汗)
田んぼのミヤマガラスはとってもシャイです。
ヤングな個体はいたんですが、アダルトの白黒のんが見当たらんかった。群れが3つに分散したので別のグループにはいってるんやろねぇ。ともかく、トーヤノ・潟南のグループに4羽は混じってるので暇な時にでもまたコクマル探しして遊ぼうと思います♪

あなたの応援がエネルギーです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ぎゃ~
それだけ居ると異様ですね
ヒッチコックの世界

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ミヤマガラスはほんとに集まりますんで、壮観ですよ〜〜。
でも、すんごく臆病者たちなので怖いどころか近寄ってくれなくてイラっとします(笑)

No title

名前はいりましたかね? ギャハハ
もーほんとにアホ丸出しですね、自分はアホだと自覚はあるで
慎重に行こうとは思っているんですが スッコーンと抜けますね そこがアホ
ポルに来てさらに悪化しましたわ、と何もかもポルのせいです。イヒヒ
カラス・・・日本はすごいですよー
大阪の友人はゴミ出しはカラスとの闘い!宣言してまして
ゴミ出し日の朝なんか来た!と叫び外に飛び出していきゴミ出し場の前に仁王立ち
ちなみに当番制でみんなやってるとのこと・・・えっ! でしたわ。
田舎と都会のカラスは違うのだろうか?
お隣の石川県金沢市もカラスとの戦いが始まってるそうで
あたし的にはカラスは賢くてどんくさくかわいいイメージなんですが
敵になってきてるのは残念です。
ガタはまだ自然に生きれるのだろうか・・・

m_tomo27さん

コメントありがとうございます
無事に名前入ってますわ、あはははは
まぁ、これは受験票でもなし名前忘れても人生左右しませんのんで問題ないことはないです。ただ、返事の踏み込み方がちょっと浅くなるので欲求不満になるといいますか(あははははは)。
ポルとかラテン各国ほどでもないですが、私も日本に比べたら月とスッポン的に雑な国人でしたんで、こちらに越して以来恐ろしく雑な自分に驚くこと多いです。ものすごくフツーな人か、どっちかというと繊細な人だと自己評価してたのに(笑)。ていうか、ほんと細かいこと気にならないですねぇ。ま、歳の所為もありますし、もともとの性格が強化されただけだとは思いますが(あはは)。
ガタシティ中央は、というかうちの自宅付近は折りたたみ式の大きなゴミボックス(カラスでは開けられない重さのやつ)がゴミ出し日に出現しますんで、ちゃんと蓋が閉まって居る限りボソブトどちらも太刀打ちできませんわ。たまにゴミの多い日に蓋が持ち上がるほどてんこ盛りだったり、ボックスの外に置かれたりすると、もうだめです。ほじくられまくりです。網かけるぐらいじゃぁダメですねぇ、簡単に攻略しやがります。ていうか、うちの自宅付近はものすごく風の強い日が多いので普通にゴミおいといたり、軽いペールゴミ箱とか網かけるだけとか、一発でぶっとんでいきますんで、、。ま、カラス対策だけでなくて強風対策にもなってるかと思いますわ。これが郊外の山の方にいきますと、かなり頑丈な据付の金属製の檻のようなゴミ収集所がみられます。クマ対策(あははは)。一度ゴミ漁りで楽を覚えると大変ですからねぇ。怖い話ですわ。
ちなみに和歌山の自宅付近とか田舎すぎですし、年中常夏なので(笑)自然に食べるものも多いようでカラスはそんなにゴミを漁らないみたいです。よって、ゴミはフツーーーに放置です。

Rook(ミヤマガラス)からきてる言葉

>集団営巣して繁殖する動物のコロニーのことをルッカリー(Rookery)て、いいますがまさにこのRook(ミヤマガラス)からきてる言葉ですねぇ。なんせ集団なやつらです。

〇記事と写真、拝見しました。
 正月から興味深い冬の映像、黒い動物の群れ、木や路上に、独特ですね。
 そして、Rook(ミヤマガラス)からきてる言葉、なるほどです。
 草々

レインボーさん

コメントありがとうございます
常時いる鳥も愛しいですが、避暑や避寒、季節の変わり目などにちらりと立ち寄ってくれる野鳥たちもとても趣深いです。気温や植物でも季節は感じますが、鳥類好きには野鳥で感じる季節は格別なものがあります。もちろんムギマキのように麦のたねをまく季節にやってくる鳥という名前を冠した鳥もいて昔から人々に愛でられていたのだなと感動しますね。
非公開コメント

| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 09月 【23件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ