美しい子供達

2017.08.07 09:00|Birding
先週末は新潟まつりで賑やかでしたが、昨日の夜の花火はちょっとうるさすぎて自宅家屋が揺れるほどで、しかも火薬の匂いまで漂ってまさに空爆を思わずにはおれんかった。この機に乗じてあの国が攻めてきても「たまやー」って耄けてる間に全滅するんでは?とゾッとした。別の日でも「また花火か」って思う人多そう、、。ともかく、昨日は風向きのせいもあり轟音倍増しでしかも長時間だったので、誰かがイライラとウルサイーっと怒鳴っているのが聞こえてきた。花火はそこまで嫌いではなかったんですが最近苦手になってきました。年に1回ぐらいで少しだったらいいんですが、、。
さて、
オナガの子供達が



うるさいです(あはははは)。
しかも、めっちゃ近いです。
親たちも近くでいるんですが、親は私には近寄らないです。
しかし、子供が私に近寄ってもさして叱らない。

IMG_2413.jpg

他の子の食べ残しの虫を散々こねくりまわして遊んだ末に、結局食べてました。
別段、餌の取り合いなんかは起きません。飽食な感じ(あはは)。

IMG_2390_20170801165525bf5.jpg

こうして静止画でみていると、ほんとに美しい鳥なんですが、、
マグパイ全般、声がなぁ、、。
ギュイギュイゆうてますねぇ。

IMG_2198.jpg

ヒヨドリの子とかもめっちゃうるさいですが(あはは)
一期生は見た目がすでにかなりオトナなんですが、、
やることがあどないというか、あぶないと言うか(笑)
そろそろ二期生もではじめているので、そちらはゾンビみたいな顔です(笑

IMG_2151_2017080117031614e.jpg

シオヤアブだらけ、めっちゃぎょうさんいてます。
もちろんスズメバチを筆頭にハチは種類も数もものすごいですし、
ムカデやダニもみかけます、、もちろん蚊のうるささというとハンパなし。
虫食の鳥たちがどんだけ食っても食っても食っても減らないような気がするぐらいおる。

IMG_2152_20170801170319d8a.jpg

前夜に嵐がきた。きのこがわっさーーーっと生えていた。
キツネノカラカサっぽいが、これにとてもよくにたドクキツネノカラカサと見分けがつかんので、触らぬキノコに食害なしだ。

20170801171431c8e.jpg

キクラゲもどっさり生えていた、、
キクラゲは間違いなさそうだが、残念なことに手が届かない枝だった(あははは)
前日が嵐だったので、ビーチへ行く

IMG_2146_20170801170405bc5.jpg

クラゲ

IMG_2144_20170801170407f93.jpg

1メートルぐらいのスズキ
周りにいっぱいウミネコやカラスがいたが、だ〜〜れも食べようとしていなかった。それもまた怖いが、、皮がゴツくて食えないのか?それにしても目の玉ぐらいはつつけるだろうに。このあたりのウミネコたちも飽食なのか(笑)。

IMG_0269_201708011704090ec.jpg

釣り糸被害ウミネコ
ショッキングな画像ではありますが、こうした被害から目をそらさず、釣り糸や釣り針ゴミを見つけたら、罵りながらも拾いながら歩きます。自分が捨てたものではないですが、誰が捨てたかではなく、そこに存在するかぎり誰かが拾わなければもしかしたら鳥や獣や魚が死ぬかもしれない、と思うと見過ごせない。オモリの鉛による鉛中毒や釣り糸や釣り針で死亡したり足を失う水鳥が後を絶ちません。昔に比べて随分と放置釣り糸やゴミが減ったとは思いますが、まだまだ危険なゴミだらけです。一部のマナーの悪い釣り人には本当に失望させられます。
いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

花火、近すぎると煩いですね
怒鳴る気持ちも分かります
オナガのブルー上品な色
釣り糸被害ウミネコ可哀そうに
マナーをしっかり守って欲しいですね

No title

花火も綺麗んやけど
近くでうるさかったら
イライラしますよね。
音がハンパないですもんね。
もうここ何十年と見に行ってないけど
あの人の多さ!
行く気にもならん(笑)

釣り糸被害…
腹立つわ~
被害にあう動物が可哀想すぎる。
マナーぐらい守らんかい!って思いますよね。

はじめまして

みんな、Jubeさんのような気持ちのだといいな

No title

花火、愛犬のおかげですっかり縁遠くなっております。
ゴミを捨てる輩に厳罰を! と、いつも思います。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
花火、火薬ですからねぇ、、終わったとおもって気を抜いたらどーんと振動がきて、心臓にわるかったです。せめて近所の爆撃波を受ける地域だけでも花火の開始終了時間、打ち上げ場所ぐらいはインターネットなどで通知してほしいです(ネット情報が異常に少ないのでせめて回覧板でもいい)。天災じゃあるまいし、計画的に打ち上げられるものですからねぇ。私もイライラしていたんですが、近所の人がブチキレて怒鳴りだしたので逆に笑えてきて怒りひっこみましたが(笑)。
オナガは近畿では見られない鳥というのが妙に不思議に感じます。もっとはびこりそうなタイプなんですけどねぇ(笑)。
マナーをまもって気持ちよくいきたいですね。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
花火も小一時間なら我慢できるんですけどねぇ、、いくつか打ち上げられる度に今のはどこそこスポンサーのんでした、とかいうアナウンスまで聞こえてきて、逐一スポンサーを呪いたくなるほどのうるささでした(笑)。しかも、熱帯夜ながらいい風が吹いていたので窓開けて涼をとっていたので、うるささ倍増ですし煙いしでへこたれました。
釣り糸、ほんとうに腹が立ちます。そして拾っているとさらに腹たってくるんですよねぇ。もちろん釣り糸は実害があるので本当に地獄に落ちろ!と呪いたくなります。直接的に実害がなくても犬や猫のうんこみたいに、一部のマナーを守らない人の所為で、きちんとしている人までそういう目でみられるのはとても腹立たしいです。

mesudanukiさん

はじめまして、コメントありがとうございます
犯罪がなくならないように、常識の違う人を啓発するのは難しいでしょうが、
腹たてて罵りながらもいっしょに拾ってくれる人が増えるといいなと思っています。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
花火もちょっとだけなら美しいし風流なものですが、、
さすがにこの日の花火は風流から外れたダッサイものになっていました。デカくて長時間打ち上げればいいってもんではない、と思います。
殺人事件がなくならないようにゴミを捨てる人や道徳心のない人は罰で根絶はできなさそうだと、最近思うようになりました。もちろん無知蒙昧原因によるものは減らすことはできますが、昭和中期ではあるまいし、この時代、自称”文明国”自称”先進国”の人間が海や川や山にゴミを捨てることがマナー違反だとは知らなかった!って言う言い訳はできないです。多分社会という概念が理解できないんでしょうね。不公平だとはおもいますが、理解している人が拾うしかないですねぇ。人間の質の問題かと思います。

No title

ウミネコさん、、(悲)

昨夜、丁度この記事を読んでいた時、
マツコさんの番組(否“~知らない世界”)にて、
と或る神社(弁財天祀)ではウミネコが神様で、そのウンポコが付くと願いが成就・吉事に遇う・・・といった件が紹介されていましたよ。
しかし、釣り糸釣り針放置民には、吉事皆無の鳥さん軍団のンコ爆弾炸裂すればいいのに・・・と思いました小生です。

食事の為だろうがスポーツ目的だろうが、海洋・河川の如何に関わらず、
マナー・節度だけでなく、無論、規則も守った上で楽しむべきだと思うであります。
(所謂“清流”ではない河川での釣りは、食す目的ではない割合が多い分、小物類の放置率が相当に高い様な気が・・・)。
釣りだけでなく、潮干狩り、他の水辺の娯楽類に於いても、問題視されている事柄が増えているのも、
自然を愛する身としては非常に頭が痛い点ですよね、、;;
(まぁ、モノによっては、日本国人だけの問題ではない事態も有りますが・・・)。

さくらいさん

コメントありがとうございます
合掌
ウミネコの弁財天というと青森の蕪島でしょうか。繁殖地が御神体になっていて有名ですよね。マツ子さん、いい番組つくりはりますね。マナーの悪いのはどんな業界のどんなところにも居て、なくなりませんねぇ。悲しいことです。マナーというのは国や文化によって違いがあるので、そのあたり由来のものは啓発活動をし続けるしかないですし、そんなに腹も立たないんですが、、知っててやってるコスい確信犯がどうにこうにも業腹です。誰も見ていないとおもったら豹変する人とか、旅先など知り合いのいないところでマナーが悪くなる人とか、、ある種のメンタルディジーズかともおもわんでもないですが、ほんまに腹たちます。
非公開コメント

| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 06月 【24件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ