科博とパンダ弁当とパンダパン

2017.07.27 09:00|Jōmon
ウエーノ駅へ向う

IMG_9845.jpg

科学博物館、、別名jubeホイホイ(ぶほっ)。
前を通るたびに毎回きっちりトラップされます(あははは)。
テーマのある日なのでテーマにそって見学
こちらで日本のジョーモンの代表選手になっているのがツナン(津南)の土器です。
源流甲武信ヶ岳から流れ出た千曲川が長野県を通って新潟県に入ると信濃川と名前を変える信濃川は日本一長い川です。この信濃川の上流にあるのが津南でこの冬は超ドカ大雪でえらいこっちゃの全国ニュースになったところですが、最近は少なくなってきたとはいえ毎年3〜4メートルの雪が積もる豪雪地帯。階段状地形の河岸段丘上にやく1万5000年前から1万2000年ほどの長期間、大変栄えた縄文文化があった場所で、この辺りは「縄文銀座」と呼ばれているんだとか。こちらに展示されているのは津南信濃川右岸の道尻手遺跡の出土品。縄文中期約5000年前のムラです。ってなことが説明されています。十日町ではなくて津南にフォーカスしているのは何か理由があるんだろうか?

IMG_9839.jpg

縄文から現代までを精巧なワックスで再現されている。
でも、、なんか小顔で美形が多い〜〜(笑)
ふくたくんによく似た子が!!尻尾がソフトクリームだったら激似なのに。

IMG_9848.jpg

縄文人の耳飾りもすばらしものが展示されている。
この埼玉県真福寺の耳飾りなんかは非常に素敵。よく見ているとケルト(Celt)の模様によく似ている、、。もしかしたらケルト人は縄文人の子孫だったりして(あはははは)。

IMG_9849.jpg

耳飾りを着用した女性の土偶も展示されていて
たまらん
あまり点数はないが、ちょっと見るのにとても良いアマウントだと思う。
ついでに色々見られるしねぇ♪やはり縄文とセットで見たいのは隕石か(あはは)

IMG_9851_20170717171834300.jpg

ムギマキの剥製
「渡り鳥が知らせる麦まきの時期
ツツドリが鳴けば粟をまき、カッコウが鳴けば豆をまくなど、渡り鳥が種まき時期の目安とされる地方が日本各地にある。ムギマキは、秋の種まきの時期に渡りの個体が見られることにちなんだ喚いと学名をもつ。」
という、美しい展示があったが、、



ガタ自宅付近で見られるムギマキは、5月です(あはは)。キビタキやサンコウチョウなんかと一緒にやってくるんよね。秋にムギマキにはまだ会ったことがありません。ま、見逃してるだけやと思いますが。

IMG_9840.jpg

ハチ公とジロさんにもご挨拶して

IMG_9853.jpg

ニホンオオカミも見る
ここらへんはマスト挨拶やねぇ(あははは)

IMG_0255_20170717164002ccf.jpg

デゴイチの上でいつも寝ているにゃんこちゃん
いやはや、ほんまに暑かった、、
暑すぎたので外関係はすべてスルー

201707111505470d1.jpg

でもまぁ、パンダ誕生おめでとう、無事の成長を祈って
上野観光連盟のパンダ弁当
見事に好きなもんばっかり入ってたので迷わずこれにしました。
クソババアですが、嗜好がクソガキです。こそこそ食べます(ぎゃはは)
存外ギュウギュウに飯が詰められていて満足しましたが、ちょいと足りない感じなので

201707111506121b9.jpg

アンデルセンのパン
パンダのアンパンと売れ筋2位のパン(なんのパンか忘れたがクリームが生地にねりこまれたようなやつ)。美味しかったです。

20170711150128730.jpg 20170711150142020.jpg

崎陽軒のシウマイ
実は深夜にホテルに帰ってシウマイを2箱食いました。
ちょっと懺悔しときますが、夜に食いっぱぐれた時用に、なんていいながら昼前に購入済みでした(笑)食いっぱぐれるはずもないんで確信犯ではありますが。
故郷ではちょっと都会へお出かけというと京都市内か大阪市内で〆には必ず551のぶたまんでしたが、もちろんないものを欲しがってもしかたないので、適応。
〆は崎陽軒のシウマイです。崎陽軒ありがとう、大好きです。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

本当だ。
ふくた君のご先祖様が(笑)。
しっぽは進化してソフトクリームになったのかも~♪

耳飾りの芸術性の高さ。
本当に美しい~。

パンダさん、順調に成長してるみたいで
一安心ですね♪
パンダ弁当に、パンダパン。
パンダが付いてるだけでプレミア感(笑)。

No title

弁当、見た瞬間に少ないぞと思った次第です。

リクさん

コメントありがとうございます
めちゃ似てました←ふくたくん
うちの爺さんもインディアン博物館なんかでよく見かけましたが(あははは)、混ざった先に原種に戻っていく、というタイプやなぁとなんかしみじみ感動します。
この耳飾り、ほんとに美しですよね!数年前まで若者の間でピアスの穴を拡張させて大きなのをつけるのが流行ってましたが(最近みなくなりましたよねぇ、もしくはガタだからかもしれませんが)あれと同じぐらいの穴拡張サイズにみえましたんで、縄文の人のピアスの一派というか流行していた雰囲気を想像してムフフフとよろこんでます(あはは)。
パンダの子、ええ感じに成長していて嬉しいですよね。ほんと、上野パンダは苦労の連続でしたがやっと実りそうですね〜。
パンダ食い物、ものすごく目につきました。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
見た目ほどに少なくはなかったですが、見た目通り足りはしませんでした(笑)。

No title

上野は、パンダ一色でしょうね
公開になったら、もっと盛り上がりますね

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
かなりパンダでした♪公開前でこの状態なので、公開されたらすごいでしょうねぇ。むかーーーしむかし、パンダが初めて上野にやってきたときのことを思い出しました。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ