70年代の現実

2017.08.02 09:00|books
俗に言う大人買い

2017072109073104e.jpg

松本零士『銀河鉄道999』全18巻
先だって松本零士の展覧会を観て、その後『宇宙戦艦ヤマト』原作を読んだ後、やっぱり999も読みたい、、と思っていたところ、ぽいと入った古本屋で廉価で18冊セット売りしているのを発見。5巻から初版なので5巻発売した時点から買い始めたんやろねぇ元々の持ち主さんは、、。なーんてなことも考えて面白く読みました。存外面白い原作の999は、メーテルが結構大人気なくて好きです。先だって夏目雅子『西遊記』をボックス買して観たときに、三蔵大人げないわーと感じたんですが、あれと同じような”大人げのなさ”というか、、人間としてどうなのか?感があるのが非常に考えさせられる。あの時代、、、。
さて、さらに昭和な大人買い

20170720165327f06.jpg

萩尾望都『ポーの一族』復刻版全5巻
『ポーの一族 春の夢』
なんと40年ぶりに続きがでました。めちゃなつかしい、、実家にあるんですが復刻版にポストカードがついているのには抗えない。14歳の少年吸血鬼(バンパネラ)エドガーを中心に起こる耽美物語。血も吸うようだが基本指で首からエネルギーを吸い取るという方式、そしてエドガーの属するポー一族は薔薇の一族で、エドガーとアランは普段薔薇を吸って体を維持しているという美しいバンパネラ。今でこそ腐系は一大ジャンルとなってますが、この頃は地味にファンが多かったです。パタリロの「だ〜れが殺したクックロービン」もこちらから、しかもパタリロでは再三ポーがらみのネタがでてきますし、もー美少年ものといえばポーの一族。吸血鬼、少年、BL、超耽美マンガのフォーファーザースといっていいかも(あはは)。20ン年ぶりに読みましたが、感動は薄まってませんわ。ただ、新刊の春の夢のほうは内容はいいですが、絵が経年劣化気味というか、よく考えたら「王妃マルゴ」は違和感なく読んでたんですが、ポーの復刻を読んだあとだったので、なんか歪みが、、歪みが気になってきて(あははは)どれがアランかわからんし。しかし内容は相変わらずとても面白かったです。
経年劣化といえば、、

20170720165431964.jpg

池田理代子『ベルサイユのばら』文庫全5巻
新シリーズ11、12、13巻
こちらも実家にそろってますが、面倒なので買った。40ン年ぶりに新刊発表。なんていうか、、彼岸へ行く前の思い出作りというか、(そんなんゆうたらアカン)。ともかく、ポーのエドガー(あははは)に比べてオスカルのほうが別人度高めになっておりまして、誰それ??って感じです。セリフとストーリーと衣装でなんとなく誰かわかるだけで、説明がなければ誰が誰やらさっぱりわからん。オスカルがもっそいゴツくて泣ける、普通に男性ですやん(涙)。マリー・アントワネットもそこらのくっさいハーレクイン工口オバハンマンガ的な絵面でねぇ、、泣ける、もっそい泣ける。ただし、話は非常におもろいのでその絵面の違和感さえ目をつむってしまえたら、というか克服したら内容がとてもおもろいです。いっそ、池田大先生は原作封殺、誰か器用な忠実に70年代の頃の絵面を再現できる人が描いて欲しい、とまで思い余ってポロリと言うてしまうぐらい残念。ここまできたらお祭りなんやし、それでええやん、、。
ともかく、どれぐらいの違和感かというと

2017072016551165b.jpg

左がオスカルの現在、右が登場当時のオスカル、、
ああ、やっぱり右のオスカルだけが観たい、、。
なんていうか、、45年前の「虹をわたって」をそのまま同じキャストでリメイクするような、そんなガッカリ感というか。天地真理沢田研二萩原健一本人が全く同じ本で演るねん、今、、それは、まぁ、それで観たいかもしれんけど、、(ぐはっ)。
あ、そういえば、
「ポーの一族」で、そうやったそうやったと思い出したシーン

20170725150834199.jpg 20170725150823197.jpg

「髪ゆっておけしょうなさって!四十のおばあちゃんが!」

アランの母のことを、マーッゴットが言うシーン。40歳でおばあちゃんです。ていうか、私の祖母も40歳で祖母でしたが、アランの母は40歳とはいうもののまだアランが14歳ぐらいなのでおばあちゃんと言われるのは辛い。しかし、おばあちゃんではないにしろ、この頃は40歳というと一般的に立派な初老女性だったような記憶があります。久しぶりの日本語生活で単語の使い方がわからないことが多々あるんですが、その中でもビビったのは私と同年輩の女性が自分たちを”ガール”と称して、◯◯ガールとか言うようになっていたこと!。ギョっとしてリアクションできんかったし。大人の女性にガールという単語を使うのはかなりオフェンシブに聞こえてしまいます(昔昔は黒人奴隷メイドや適齢期を過ぎても未婚の女性に対して使われたという歴史がある)。ま、自分で自分に使う分には差別には入らないんですが(アフリカンアメリカンが自分たちのことをニ*ーとか言うアレ、他人種が使うと大差別用語)、そういう用法としてはオッケーなんかなぁ、、痛いけど。アパートメント(集合住宅)をもって「マンション(超豪邸)」と呼ぶほどに違和感ありまくります。ガールもマンションも和製カタカナ日本語で英語ではないのはわかっているんですが、、わかっていてもビクっとします。ボボブラジルにびくっとするのに似ているかもしれない、ちゃうか、、。違和感はともかく、最近のインマチュア層の高齢化は目をみはるものがありますねぇ。考えてみれば、江戸時代ざっくり人生50年として元服平均が18〜20歳(家や事情により5歳〜20歳ごろまで幅はある)、そう考えると現在人生84年(ザックリ女性86.99男性80.75を足して2で割)としたら33歳ぐらいで元服、、。ま、年齢なんかも相対的なもんなんで、寿命が伸びれば成熟するのが遅くなるというのはネイチャーなんかもしれんけどねぇ。
いやいやいやいや、それにしてもないわー。
そんなことを考えさせられました。
ともかく、ビバ70’sなマンガに浸り満足。
食もビバノンノン
やきとり みやこや

20170706190713259.jpg

友達には鳥が好きすぎてベジタリアンになった人がいて、フライドチキンとか絶対食えんといいます。私も鳥は大好きですが、食べるのも大好きです。同じ愛でも違うもんやね。
やきとりのみやこやです。スーパーでも売ってたりするんでよく買いますが、店舗喰いもまたよろし。
みやこや、何店舗かありまして、これがウチからめっちゃ近いところにある店です。

20170706190536139.jpg

焼き鳥とやきとりの違いだそうで、
”やきとり”は鳥、豚、牛などの内臓を焼いたもの。東松山(どこ?)で通常捨てる豚の部位を串刺しにして売り始めたのが最初で「焼きとん」と言われていたそうですが、しっくりこないのでひらがなでやきとりにしたらしい。”焼き鳥”とかくと鶏肉で”高級”らしい。

20170706190524f69.jpg

メニューには”やきとり”以外にも色々ある。
もちろん串刺しの種類は鳥と鳥以外が半々という感じ。
まぁ、普通に焼き鳥がたべたかったんですが、そうなってくると初体験の内臓系もトライしたい。

20170706190619676.jpg

写真ひっくりかえってますがオマカセおすすめセットにしました。
右から、、なんかわからん内臓、レバー、タン、もも、豚軟骨
タンがめちゃうまでした。大変インタレスティング。

2017070619060419e.jpg

鶏軟骨も追加
なーーんにも考えず最初の一口目で歯がかけたかとドキドキしたが(あははは)、慣れると飲み込んでも美味しいです(ぶっ)。だいたい元来咀嚼をせずに全て丸呑み傾向にあるので(意識して噛むようにはしていますが)、歯が悪いのをいいことに此れ幸いと丸呑み生活をしています。自分に言い訳(ぶっ)。
美味しかったです〜。

応援ポチとても嬉しいです↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

最近は、セット売りしているしてるんですね
味のある焼き鳥屋さん
暖簾が、いいですね~
う~食べたくなりました

No title

ポーの一族
いましきりとCMしてますよね。
実は読んだことがない私・・・。
是非に読まなければっ!

ええええええ。
オスカル、すでに男装の麗人じゃなく男の人じゃないですか(涙)。
いーやーーー(涙)。
違う、違うのよぉぉぉ。

すっかり”おばあちゃん”年齢の私ですが
軟骨は大好き♪
あのコリコリ感がたまりません~。

No title

素晴らしい~♪大人買い(笑)
古本屋行くとセットで売られてて
うわ!めっちゃ欲しいって思う時あります。
読み終わったらまた古本屋で買い取ってもらったりして
昔はよくしてたけど最近は行ってないな~~
現在のオスカル!全然繊細さがないですね~

やきとり屋良いですね~♪
こ~いうとこ来たら絶対飲みたいので
歩いて行ける距離にあったら最高(笑)

No title

こんにちは。
レトロマンガに焼き鳥とは幸せですね。
999の5巻から初版とは私と一緒くらいからの読み始めですね前オーナーって思っちゃいました。本を大事にする方だったんでしょうね、40年以上前のものとは思えないコンディションですね。ポーの一族、ベルばらも懐かしい。
焼き鳥、うちの田舎ではやきとんもひっくるめてやきとりと呼称してましたね。

No title

ポー 懐かしい!懐かしすぎる!
あぁーまた読みたい!帰国時に読むために
図書館にマンガおいてくれよーと思います。
メーテルもヤマトに出てくる女も どうなんそれ?的女多いです
子供ながらに?と思ったが流してたが・・・今思うと、そう大人げない
崇拝される女性=高飛車 
まぁー友達になれんタイプの女が多い・・・なぜ故好きだったのか???
軟骨ってこんなんですの?未経験なんでねえー 不思議です想像つかない。

No title

東松山、埼玉県です。

焼き鳥、よろしおますなぁ。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
古本屋のセット売り、書店の復刻版やシリーズものは昔からセット売りあります。しかも版元セットは豪華装丁やなにかしらおまけがつく傾向がありますわ。
美味しいやきとり屋、いいですよね〜。炭火で焼いたやきとりは格別です♪

リクさん

コメントありがとうございます
CMっ、見たことないです、見たいです!
本屋ではちょこっとコーナーができていましたが、べるばらの”祭壇”にくらべるとしょぼいです。ポーは必読やとおもいますよ〜、他の作品でもオマージュがおおいのでデジャブするかもしれません(笑)。自宅が近かったら貸せるのに〜〜〜。
そしてオスカルはリアルに男化しています。もとのオスカルがなかったらそれでええんですけどねぇ、、、やっぱりオスカルって女装に戻ると絶世の美女になるっちゅうのでないと。これだったら女装すると”女装”ですやんね(あはは)。
おばあちゃんだと老け込む必要はないとは思いますが、この歳で巻き髪ミニスカートフリルふわふわは、、ちょっと白いメリーさんですよねぇ、、。どんなカッコするか難しいお年頃ではあると思います。髪型も悩みますよねぇ、散髪屋(同じ歳)でいつも話題になります。
来週、奥歯が入るので軟骨を味わうのが楽しみです〜〜。ノーモア丸呑み(笑

ふくねえさん

コメントありがとうございます
大人買い、素晴らしいですよねぇ。古本屋のセット、あまりにも安いので貸本屋みたいな気分でとりあえず買って読んでみようって気になりますわ。おもろなかったらまた売って、罪悪感感じずに処分できますしね〜。本って捨てられないのでありがたいシステムやとおもいます。いつも行くスーパーの隣に古本屋があるのでルーチンで寄ってしまいます(あはは)。存外商品が入れ替わるので飽きが来ません。
このやきとり屋、美味いですし、近いのでめちゃ嬉しいです。歩き圏内に飲み屋だらけなので体に悪いです(あははははは)。

カノッチさん

コメントありがとうございます
幸せです〜〜。古本の楽しみってこういう部分も多いにありますよね。書き込みとか、メモが挟まってたり、レシートなんかをしおりにしていたりするのも、思わぬ物語が見えてとても好きです。本を大事にする方多いですよ、100年前ぐらいの冊子なんかでも普通に良いコンディションで一般売りされてますし。
やきとん、こちらに引っ越して来て初めて存在を知りました。やっぱり東は豚食文化圏ですね。こちらでできたお友達も全員牛よりも豚の味、匂いのほうが良いと言います。興味深いです。

m_tomo27さん

コメントありがとうございます
ポー、めちゃ懐かしいですよねぇ。うちの図書館、漫画多いですよ!名作は大概ありますが、結構借りられてないですし、誰も読んでないです。漫画が盛んな土地なのでみなさん自前で揃える人のほうが多いのか、、などと思ったりします。
この時期の大人気ない大人(女性に限らず)、松本漫画だけでなくいろんなメディアでみることができます。そこらへん、推理できることも多いですが、話が異常に長くなるのでやめときますわ。大人げないですがやっぱり好きですよ、私は。読んでみれば魅力がわかるはずです。単純におもろいですし。
美味しい軟骨に当たってしまうと、もうやめられません。めちゃハマりますよ。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
ありがとうございます←東松山
やっぱり豚肉食圏の食べ物だったんですね。
やきとり、定期的に食べたくなります。スティックフードラブです。
非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ