悶絶モッフリキング

2017.06.26 09:00|Birding
鳥屋野潟エキスパンドエリアです。
鳥が少ないので勘定に時間がかからないのでさらにエリアを広げてしまいます(ぎゃはは)



モフモフ権現
拝まずにはおられまいて(あははは)

IMG_5712.jpg

鞠やね、もーふっくらふくふく
こちら、4羽の子がいるらしいんですが、3羽しか見えず。
ていうか、ざっくりとしかみていないので、ちゃんと探せばおるんでしょう。



2羽はよく見える低い枝にとまってボーっ
1羽は高い松の樹のてっぺん近くに居ました。上空からみると見えやすそう。



こちらの母、栗色で赤っぽい茶色がアクセントになっていてたいそうな美女です。
父ズクもパッと見にみえるところにはおらんかった。

IMG_5746.jpg

ま、5、6分ほど見て移動

IMG_5691.jpg

エゴノキが満開♪

IMG_6803.jpg

ベニバナエゴノキも咲いてます。
ピンクでかわいらしい。

IMG_5918_20170614160250780.jpg

もー、いたるところキジだらけです。
小さいキジっこたちもポロポロと走ってます。草に埋もれてかえらしですわ。
コチドリもものすんごい多いです、が、営巣時期が結構バラバラで雛のサイズがまちまちです。もっと時期が揃ってるもんかとおもっていたので結構目鱗。
いつもポチっとありがとうござます↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

わ~♪
なにこのモフモフ~~
可愛すぎるんですけど~(笑)
触り心地めっちゃ良さそう♪
キジが普通に走ってるところが
こっちからしたらスゴイ!!

No title

キングです
もっふもふ、触りたい~
可愛いですね

No title

うううううううっ。
もっふもふ。
ああああ、もふりたい・・・。
ぎゅーってハグしたい・・・。
お母さんのように美形になるんだよ~。

雉・・・一万円を思い出します(笑)。
昔のお札に居ましたよね。

No title

雛ちゃん、可愛いです。

フクロウって本当は足が長いんですね。
普段は折りたたんでるだけで。
先日テレビで見て驚きました。


ふくねえさん

コメントありがとうございます
この時期の幼羽はほんまフワフワモフモフでかわいいったらありゃしないです。
キジ、ものすんごく多いですわ。間近で鳴かれると耳がキーーーンとなります。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
モフモフですが、迂闊に下手こくとバッサリと爪でやられます。
しかも肉食なのでどんな腐肉をさわっているかもしれないので、破傷風なんかの危険性も高いので触る時は注意してください(あはは)。

リクさん

コメントありがとうございます
もう悶絶モフモフです。たしかにもふりたくなりますよねぇ、地面で歩いていたら「助けないと」と思う人の根源に触りたいと思う気持ちがあるとは思います。ドブネズミやヤマトゴキブリが地面で歩いていても「助けたい」と思う人は少ないでしょうからねぇ、やっぱり可愛いというのは武器ではあるんでしょうねぇ。
そうそう、オスメスでね、つい最近のんですよねぇ。今たしか平等院鳳凰ですよねぇ、少し前の聖徳太子の裏も鳳凰だったという記憶があります。
なんていうても国鳥ですから→キジ
キジ、夫婦で勤勉子育てしていますし、オスは立派ですしね。いい国鳥だと思います。

すてらさん

コメントありがとうございます
そうなんです!!鳥類は一般に思われているよりもはるかに足長いんですわ。フクロウ種もそうですが、ペンギン種なんかも実は普通の長さの足です。骨格標本でみると楽しいですよ♪

No title

モフモフ・・・・・
あぁー癒される
モフモフの威力は凄いなぁー
あぁー触ってみたい アカンけど
まん丸ですが
なんかで足が長いのは見たけど首は・・・どうなんやろ

↓あぁー読んだのねぇー 気にはなってますが
最近は本読んでません。老眼かけ始めてますが
悪化の速度が怖すぎ 悲しい

m_tomo27さん

コメントありがとうございます
モフモフ、コフィやんが居るやないですか!お腹のあたりとか洗えばモフっとなりそうな毛質に見えます。
首、普通に”owl skeleton"とかでググったらいくらでもでてくるはずです。SF妄想サイトもあるかもしれませんが、できるだけアカデミックなサイトのんを見ればわかりやすいかと。
私もものすんごい速度で老眼が進んでいます。もちろん近眼も進んでますが(とほほ)二十年前に比べて読書スピードが格段に落ちました、が、理解速度が上がっているのでトントンでしょうか。特にツイートにはアプしてませんが専門書関係の読む速度はかなり速くなりましたねぇ。亀の甲より年の功です。娯楽本は昔に比べて文字がものすごく大きくなっているのでリラックスタイムに良いです、老人用の大きすぎる文字の本は文字が大きすぎる故に意味が頭に入って来づらいというか1グランスで目に入ってくる情報量が少なすぎて逆にイラっとします。とにかく、老眼用の目薬をひっきりなしにさして、屋外にでるときは真面目にサングラスを忘れずにかけるようになりました。ルテインとかのサプリも気休めに飲んでみましたが、あんましパッとせんというか(あははは)。読書灯を利用して明るくして目のピントが合うのを助けてあげるのがちょっとましかなぁ、、とは思います。特にヨーロッパの室内って日本人の目には暗いことが多いので危険です、明るいところか明るいところを作って読んだ方がいいと思いますわ
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ