生麦大豆二升五合

2017.05.30 09:00|away-soul
シリーズキヨトその13
六波羅から清盛つながりでこちらへ

IMG_2760_201705261950224a7.jpg

三十三間堂
正式には蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)天台宗妙法院の境外仏堂。
ご本尊:千手観音(蓮華王)。
元は後白河上皇の離宮内で、1164年ごろ平清盛が後白河上皇の命により造営。
『法華経』などに観音菩薩が三十三変化して衆生を救うと書かれていることから、三十三間堂には本尊脇仏合わせて千一体が各三十三に化身するちゅうことで1001X33=33033、そう「三十三間堂の仏の数は三万三千三十三体」と言われるのはそゆことです。

IMG_2762_2017052619502438c.jpg

東面、南北にのびるお堂内陣の柱間が33あるので三十三間堂。
小学校の修学旅行で、1001体の千手観音像の中には、必ず自分に似た顔と、会いたい人に似た顔があるというようなことも聞いたんで、みんな必死で学友の顔とか自分の顔を探しましたねぇ(会いたい人というのはピンとこない和歌山の田舎のガキーズ)。現存する像のほとんどは、鎌倉時代に再建されたもの。1001体のうち建長元年(1249)の火災の際に救い出された三十三間堂創建時の平安時代の像(長寛仏)は124体、再建時(鎌倉時代)の像は876体、他に室町時代に追加された像が1体。玉眼は5体のみで、他は彫眼。とまぁ、メインは千手観音像達なんですが、私が繁くこちらに足を向ける理由は1001千手観音像ではなくて、その前にずらりと並ぶ二十八部衆像と風神雷神、これがもう頭の線がキレそうなぐらいすばらしい。この30体の像をすべて7センチぐらいのフィギアにして机の周りにずらーーりと並べたいねぇ。ほしいわー。

IMG_2755_20170526195024d0b.jpg

夜泣腺
『古今著聞集』に「いつも冷たく美味しくて飲んでもお腹を痛めることのない”極楽井”でどんなに汲んでも尽きず、汲まない時も余ることのない不思議な泉だ。」と記されている。静かな夜に水の湧き出す音が人間のすすり泣きに聞こえることが名前の由来らしい。その流れでいつの頃からか赤子の夜泣封じに功徳があると言われている。すすり泣きが聞こえてくることには全くホラー感はないみたいです。あ、ホラーというと三十三間堂を清盛に造らせた後白河上皇はひどい頭痛持ちだったが、上皇が熊野詣で祈願するとお告げがあり、どうやら前世で熊野詣でから帰る途中行き倒れになったことがあり、その頭蓋骨を貫いて柳が生えて居るので柳が風に揺れるたびに現世で頭痛が発症するということらしかった(それはすごい)。で、上皇はお告げの通り和歌山の白浜を流れる富田川(とんだがわ)を調べさせたら、ちゃんと柳が目をうがっている髑髏が見つかった。三十三間堂の千手観音の中にその髑髏を納め、柳の木を梁に使ったところ、上皇の頭痛は治ったそうだ。後白河上皇というと熊野詣マニアで有名で34回歴代最高記録を保持していて、和歌山では有名人ですわ。このドクロエピソードの絵本とかも子どもの頃読みました。ちなみに熊野詣ランキングは2位後鳥羽上皇の(28回)3位鳥羽上皇(21回)です。
話を戻しまして、そんなドクロレジェンドもあるので「頭痛封じの寺」として有名になり、「頭痛山平癒寺」(あはははははは)とニックネームがつけられていたりするのだった。私も頭痛持ちなのでよくよく千手観音様にお願いしておく。
三十三間堂は他にも面白い話がてんこ盛りです。
がしかし、もう一箇所どうしても寄りたいので断腸の思いで移動。

IMG_2777_201705261950431b5.jpg

東寺
その昔、千本通が朱雀大路という名前で大内裏の南を守る朱雀門からビューンとまっすぐにとおっていました。でその南端に羅城門があって羅城門の東西を東寺と西寺が守護してたんですねぇ。現在は羅城門も西寺も跡ばかりですが、東寺は昔のままにバリバリ(死語)現役です。
真言宗全体の根本道場で総本山。金光明四天王教王護国寺秘密伝法院、または弥勒八幡山総持普賢院という二つの正式名称を持つ。ご本尊は薬師如来。嵯峨天皇が空海に下賜されてスタート、正式ファウンダーは桓武天皇。ちなみに和歌山の高野山も空海が嵯峨天皇から下賜されたもので、高野山真言宗総本山金剛峯寺。高野山真言宗の総本山ですわ。東寺は東寺真言宗、ややこしですよねぇ。
ともかく、なんせ都なので宝物がハンパないです。鼻血でますわ。
春の特別拝観で、東寺と後七日御修法、弘法大師空海の宝物。
宝物館、金堂、講堂、五重塔、観智院が大公開されておりました。

IMG_2786_20170526195041ff6.jpg

東寺 五重塔
内部撮影禁止でお見せできないのが残念ですが、それはそれは極楽もかくやある、という風情でした。
んでもってやっぱり圧倒されたのが講堂の立体曼荼羅、やっぱり何遍みてもちびるほど感動します。すこーし堂内がくらいし立体で奥行きがあるので双眼鏡を持って行くのがおすすめ。もう、言葉はないですねぇ。
東寺←HPでちょっと見られます。
もー、仏像好きでなくても一度は絶対に見ておくべきでしょう。宗教とかそんな枷からすっかり外れてしまう、すばらしい芸術となっています。

IMG_2782.jpg

東寺の地主神さまをお祀りする八嶋殿(やしまでん)
西向き
鎮守八幡宮は南大門を入って左手
ちょっと境内を歩き、またお堂に戻ったりして、しつこく楽しむ。

IMG_2799.jpg

観智院 虚空蔵菩薩
うわっ、もっそくそ脳みそ歪んだ写真(あはははは)。
いろいろとてんこ盛りに考えましたが、もう、きりがないので割愛。
なんなんやろねぇ、3Dのスカルプチャーはものすごくキッパリと好み好まざるが自分の中にありまして、全く悩みません。仏像の好きなのはそのままトリップさしてくれる。
大大大満足、もちろんまだまだ拝見したいものはありまくりですが、なにせ物理的に無理ですし。足るを知りましょう(あははは)。

IMG_2794.jpg

善女大龍王
脳みそ3Dスカルプチャーが踊り狂いながらぐるぐるまわります。
こうして少し間をあけて京都に来ると存外得るものが多くて、同じものでも見方がまた違って面白いですし。
すっかりトリップハイの状態で、こうなると醍醐寺とか奈良の興福寺、高野山の神護寺も長いこと行ってないし、行きたくなるねぇ。

IMG_2792.jpg

ほんま、楽しかった。やっぱり都はええなぁ、、。
シリーズキヨト次回、最終回(ていうかオマケ)
私の心を鷲掴みにした食べもん特集
応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ


IMG_2751_20170526195025ab6.jpg

京博

応援ポチはころもし嬉しいです↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

三十三間堂、行った事ないんです
京都に居ながら・・・
昨日、東寺さんの真ん前で映画観て来ました
五重塔も入った事ないです  (汗

おはようございます

三十三間堂は小学校の遠足で
行ったきりですが
あの力強い像の御姿は
子供心にもすばらしいと感動したものです。
建物も美しいですよね

頭痛封じなんですね!
ほぼ毎日頭痛が起こるワタクシ・・・
ワタシの前世、どこか草葉の影で
鼻の穴から柳が生えてる髑髏が見えるような(汗)
近いうちに三十三間堂行ってこよう!
そう思いました。

東寺は若いころ毎月のように行きました。
21日の弘法さんの日の骨董市が目当てで~

jubeさんのキョトシリーズは見ごたえがあって楽しいデス
あーあそこ行ったよねなどと
20代の頃に心が飛びます♪

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ええええ!!とうことはやっぱり和歌山(田舎)もんの遠足で行くところ?(笑)
宗派がちがうから行かないとか?
東寺の五重塔はいつでも内部公開しているわけではないので開帳中の時に一度是非。といっても仏像に興味がなければナニなんですが。

みやさん

コメントありがとうございます
あ、、今、田舎もん小学生の行くところか!と書いてしまいました。平安の頃の話なのでご容赦ください。三十三間堂はすばらしいですねぇ、エピソードもてんこ盛りですし♪
そうなんです、頭痛封じなんです。頭痛辛いですよねぇ、私は普通の頭痛と偏頭痛のダブルパンチで種類によって薬と対処法が違うのがうざいです。やっぱり私の前世の髑髏もどこぞで、、。でも、はなの穴て(ぎゃははははははは)前世の髑髏がどこかでカタカタしているかもしれないですよねぇ。だったら良いのに、、と思わんでもないです。ロマンです。
東寺のお大師さんの日ぃもすごいですよね、私は近さで四天王寺さんのほうに行くことが多かったです。私も市が目当てでした(あははは)。
非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【20件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ