浜名の橋かすみわたりて

2017.04.06 09:00|遠江
は・まなこ3
延元四年春頃、遠江国井伊城にすみ侍りしに、浜名の橋かすみわたりて、橋本の松原、湊の波かけてはるばると見渡さるるあした夕のけしき、面白く覚え侍りしかば
はるばると朝満つ潮のみなと舟こぎ出づるかたはなほ霞みつつ
            ”李花集”

IMG_9064.jpg

井伊谷宮(いいのやぐう)に来ました。
後醍醐天皇の第四皇子で護良親王の異母兄弟の宗良親王をお祀りしています。元中2年(1385年)諸説色々ありますが、8月10日に73歳、井伊城で薨去されたと記された文献が残っています。

IMG_9052.jpg

社殿の背後に宗良親王の墳墓があります。もちろんあちこちに菊の御紋が目立っていましたが、こちらの神紋は李花紋、冒頭にも抜粋しましたが、歌人宗良親王の李花集からだそうです。異母兄弟の護良親王と比べ大変長生きされ文化人としての功績も沢山のこされていらっしゃるということもあるせいか雰囲気の違いをひしひしと感じます。なんとなく、去年から南北朝づいてまして、ものすごく興味深かったです。
大満足、そしてお隣の龍潭寺(りょうたんじ)

IMG_9028.jpg

臨済宗妙心寺派、萬松山龍潭寺。
井伊谷宮の静けさにくらべてこちらは人だらけでごった返しておりました。

IMG_9045.jpg

本堂がこちら、ご本尊は虚空蔵菩薩
こじんまりとした小さいお寺ですが、とてもコージーな感じで良い雰囲気です。

IMG_9033.jpg

本堂から見た仁王門
手入れが行き届いていて美しいです。花が咲く時期か、紅葉の頃か、夏もまたそれは美しいでしょうねぇ、、。丁度その隙間にきてしもーた(ぎゃはは)。

IMG_9037_20170403202917fc8.jpg

左甚五郎作と伝えられている龍の彫刻
江戸時代中期のもので仏殿に使用された蛙股の彫り物だったらしい。

IMG_9042_20170403202915347.jpg

本堂の裏は大御所小堀遠州作、こてこての寺院庭園。
中央に守護石、左右に仁王石、正面に礼拝石(坐禅石)で池の型が心字池となっていてこれこそまさにザ・鶴亀!!!これでもかというほどの美しさ。こちらのお山はこの庭を見る為にだけでも来る価値があります。
静かにいつまででも座っていたいところですが、いかんせんズラーーーッと人がビッシリ、ワイワイと騒がしいのでここで煩悩からぬけだすのは私には無理。
本堂から出て、墓所に向かう。

IMG_9051_201704032028154de.jpg

カエル(食べられたあとの残りカス)
諸行無常の響きあり

IMG_9048_20170403202813449.jpg

写真の右和式のものが 22代井伊直盛
その隣りの5つの五輪塔が右から
直盛夫人、直虎、23代直親、直親夫人、24代直政
さらに写っていないが右側には初代共保、歴代の墓が並ぶ。
墓所への道は狭く六地蔵なども並んでいて大変良い景色だが、いかんせん人が多いのと子供が走り回っているし、年代物の大人は植物を毟ったり、あちこちと触ったり、大声でしゃべりちらかしているのが聞こえまくります。会話の内容が耳に無理矢理こじ入って来てどうしようもなくツッコミを入れたくなる。

IMG_9058.jpg

子育て地蔵
虎松の無事成長祈願仏

IMG_9059.jpg

”永禄五年(一五六二)虎松2歳の時、父直親は今川氏真の手により、掛川城下で殺されます。虎松も殺す命令が出ますが、家老新野左馬助の助命嘆願で救われました。
この事件以後、井伊氏は存亡の危機をむかえます。”
この日の夕に大河ドラマを見ることができましたが、ちょうどこの直親が殺されるところからで、あまりにもタイムリーなオンエアにちょっとゾワっとしました。今回浜松にきてみてテレビの観光集客力のすごさを感じましたが、それも地元の”やる気”や整備というのが重要ポイントですねぇ。

20170404162816005.jpg

そして龍潭寺受付で浜納豆を買う(またか)。すっかり浜納豆の虜(あはは)。
いやはや、この歳になっても知らんもんばっかしやねぇ。
こちらの浜納豆もとても美味しかったです。浜納豆、全国区になってほしい。うちの近所のスーパーで売ってて欲しい(あははは)。

IMG_9030_2017040320291628d.jpg

コブシが咲き始めていました。
ていうか、暑い、、。かすかに雨が降っているとはいえ15℃。
15℃なのにロングのダウンコートを着ている人なんかもいて見ているだけで我慢大会。
さっくりとした長袖のシャツいっちょに一応合羽にもなる薄手のコートを持っていたんですが、コートは夜ぐらいしか着ませんでした。もー、ツバメもバンバン飛んでましたし、やっぱり気候の違いを感じましたねぇ。そして、杉桧の多い事!!花粉の多さも比べモンになりませんで、声がでなくなりました(笑)。
応援クリツクころもし嬉しです↓

人気ブログランキングへ
ガタ、天気予報外れて今日は20℃には届かないそうで、とはいってもころもし暑いです。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

お隣なのに人手が全然違うんですねぇ。
龍潭寺、本当に素敵なお庭ですね!
昔はお寺のお庭見ても「ふうーん」って感じでしたが
この年になると美しさを感じるようになりました♪

No title

立派なお庭ですね
丸い植木が、色んな物に
見えてくるんでしょうね
1日中見ていられそうです

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

い!いつの間に来られてたんですか?!!!
うっわーーーーー・・・・・・
正直、めっちゃショック・・・・・
お会いしたかった・・・・・(;Д;)
いや、旅先でいちいち人に会ってたら時間とられちゃうから
それはそうだとも思うんですけど
家康君トピアリーの前でダンス待ちのお時間だけでも
頂戴したかったわあ~~(´Д⊂。・゜・。
家、駅からそう遠くないんですよ(徒歩でも25分程度)
線路沿いに家があるから新幹線からも見える家なので
たぶん、新幹線行き帰りで2回
50m以内で接近遭遇してます(;▽;)

以前、jubeさんがミネソタに居られる頃から
いつかは、お会いしたいと思ってて、
アメリカ旅行を夢見てたくらいなのに
(結局1度も行けないままミネソタの伯母も亡くなり、
アメリカとは
今はイングリッシュオンリーの従姉妹と
年2~3回のメール交換でかろうじて繋がっています)
こんなに接近遭遇したのに全く知らずに過ごしていたなんて・・・

直虎ドラマ館は、私たちも行きました(^^;)
今のシリーズの後に連載予定です。
すごい雨降りの平日を選んだので(三連休の後)
空いてましたけど休日はめっちゃ混んでるんですってね・・・

浜納豆、お気に召されたようで何よりです(^^*)
実は私は食したことが無いんですけども
食してみようという気になりました!!(笑)

ああ・・・・・
でもでもやっぱり、マジショック~~~(´Д⊂。・゜・。

ちなみに井伊谷宮にも龍潭寺にも行ったことがありません(^^;)\
れぽ、どうもありがとうございます~~
この先も楽しみにしてますね~~~(^^*)

といいつつ、うああああああん(´Д⊂。・゜・。
お会いしたかった~~~

リクさん

コメントありがとうございます
この差はやっぱり小堀遠州かと思います。超ビッグネームですから。
庭はいいですよ!特に中世の庭、学生の頃にハマって以来、はまりつづけています。
年を重ねてもかわらんもんもありますが、しみじみ分かってくるものもありますよね!苦手になっていくものもありますし(笑)年をとる楽しさの一つだと思います〜〜♪

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ほんとにいい庭はどこでもドアのタイムマシン機能付きみたいなもんですから、別の時空にトラベルできます♪
京都みたいにいい庭だらけだとちょっと贅沢になってありがたみが減りがちですが(あははは)。

かじぺたさん

コメントありがとうございます
そ、、それは残念でした(滝汗)。まったくもってかじぺたさんのテリトリ内だったとは、、これは挨拶もなしで失礼いたしました。静岡なのは記憶にありましたが、こちらだったとは、土地勘がないので全くわかりませんでしたわ、ほんとうに残念無念です。実は、某所に迷い込んだ時にウルトラマンのフィギアを見て、これはもしやかじぺたさんがご覧になっていたものでは???とは思ったんですが、「いやいやまさか〜〜〜」と(笑)。確信を持っても出先で連絡するすべもなく、どうしようもなかったんですが。いやはや、いつもの調子で浜松にもツッコミ倒すとは思いますが、是非ともよそ者のこと故、生暖かい目で許してください。ほんとうに人々がとっても親切でいい出会いがたくさんありました。
浜納豆、かなり中毒性高いです。前後してますが実は最初に食べたのは龍潭寺にて試食です。浜納豆を甘いものだと思い、なに豆でどれぐらい甘いものかとと問いましたら、かなり大ウケして試食させてくれました。
これから浜松以外に行きがちですが、シリーズちょっと続けます、また、いろいろツッコミや修正情報ありましたらよろしくお願いします〜。次に浜松に訪れる時は必ずご一報いたします!かじぺたさんも新潟の新潟市近辺にお越しの際には是非ご連絡ください。

非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【20件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ