あたらしい”年”です

2017.04.02 09:00|Birding
たまごの季節がやってきました。



今日からまた生まれ変わった気持ちでがんばろうと思います
ついでに肉体的にも生まれ変わりたい、、サイボーグになりたい(爆)
痛いの痛いの飛んで行け〜〜〜(ぎゃははは)
さて、
お花もふえてきましたね〜〜、葉っぱよりも先に咲く花がけっこう多いのに驚きます。
北国の春。
ギックリのリハビリがてら、白山神社に歩いていきまして、
うめを愛でています。ウメにメジロがわちゃわちゃ蜜を吸いにきていました。



メジロのオス
かなり美しく繁殖期色になっていました。めちゃ男前。
腹に黄色いスジがはいっているのがオスです。この個体なんかはバッチリ黄線がはいっているのでわかりやすい。

IMG_6812.jpg

梅に鶯、あおよろし
なんとなく花札が頭に浮かびますが、梅で蜜すってるのはたいがいメジロですねぇ。あとはヒヨ(笑)。すぐそばの笹薮でウグイスも居まして、ホーホケキョゆうてたんで、これはメジロが鳴いてると間違う人も多いと思いますわ。ブッポウソウよりははるかに理解できる間違いやと思います。

IMG_6819.jpg

美形シメ男子がボエーっとしていました。目の周りとクチバシ周りのブラックのサイズや形状でかなり美醜がわかれますよねぇ。かわいい、。シメの雌雄はセカンダリーをみると簡単にわかりますが、そないそない羽ひろげてくれないですから難儀です。が、繁殖期のオスは下嘴にブルーイッシュなシャドーがはいってきますんで、そこらへんがキーですねぇ。この個体はかなり分りやすくブルーになっていました。

IMG_6775.jpg

スズメたちもウロウロしていました。
が、スズメが狙うのは

IMG_6774.jpg

ポッポ焼きです。
子供たちが食べながら歩いたりして、落としたりするので、、(滝汗)。
ドバトとハシボソガラスもポッポ争奪戦に参戦していました。

20170325151606956.jpg

もちろん私も参戦(ぶっ)
うまかった、、でも、腹ぱんぱん
なんで腹がぱんぱんかというと、実は白山に来る前にホンチョーのヨー稼動とコッカラファインに買いもんにいきまして、その隣りの中華で昼飯食って来ました。

2017032515163842a.jpg

騰翔飯店(とうしょうはんてん)
いつも前を通っているものの、初入店です(あははは)
なんとセールスポイントが
「騰翔飯店は新潟の人の口に合わせたアレンジ料理を提供しております。アジア料理新登場」
なんか、、頑張ってパンチすくなめにしました(ドヤッ)って感じかと、、二の足を踏んでおりましたんですが、入店してみると、ものすごくなじみ深いセンスの内装。世界のどこにいってもたいてい見つけられる中国人がやっている中華料理のファストフード店、ほんまに見事なぐらいセンスが同じ。なので、俄然期待度アップ。というのも、中華ファストフードってハズレないですからねぇ。

20170325151624f22.jpg

一番人気のカニ入り天津飯セット780円
セットに麺とサラダとデザートがついてこの値段らしい。きっと小さいサイズだろうとおもっていたんですが、なんとフルサイズのラーメンに大根サラダがたっぷり、それに杏仁豆腐がついていました。天津飯は私の好きな王将の天津飯(京風タレ)とは全く別ものでケチャッパーでビネグレートなすっぱいタレ、卵はふわふわで中華な酢ぅオムライスって感じでかなり美味かったです。これはこれは〜〜と喜んでいたら杏仁豆腐がウルトラパンチ無しだったので、ここか、、とほっとしました(なんかね)。いやもう、杏仁とか要らんし。他のメニューも美味しそうなのでリピ間違い無しやと思います。ただ、店内換気が非常に悪いので、洋服が油の匂いを吸いますよって、そこらへん考慮した服装が必要ですな。値段、量、味ともに非常に満足でした。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

はい、新年度なんで
気持ち的・肉体的にも生まれ変わって下さい (笑
卵、立派な雛に孵って欲しいですね
ボリューミーな中華、美味しそう~

No title

卵、お母さん(もしくはお父さん?)の羽に包まれて
無事に孵化してほしいですね。

メジロ、今日散歩中に見かけました~♪
旦那と「メジロかウグイスか」論争になったのですが
目の周りが白いのをばっちり見ていた
私の勝ちでした。ふふふ。
こちらのブログのおかげの勝利です!

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうござます
はいっ!べろーんと脱皮したいとおもいます(願望)。
卵ちゃんたち、みながんばってくれますように!
ここのお店、美味しかったです!ほんとに近所でいつもいくスーパーの隣りでいっつも前を通っていたのに1年半も食わずに過ごしてたんですわ(あははは)。

リクさん

コメントありがとうございます
騙されましたがな!!!普通に雪つもったんだと思いましたが(笑)こっちでは山の方はふつうに雪降ってたりするんであんまり違和感なかったのが原因かもしれませんが、コロリと信じました。
さて、
卵たち、みな無事に育ってほしいですね〜。
メジロ、慣れてくるとウグイスとはものすごーーーく違う鳥ですよね!
これを機会に旦那様も鳥の世界に(あははは)。

No title

世俗一般の(あの鮮やか黄緑な)“鶯色”は“目白”色に直すべきでは・・・と常々思う一人ですが、
(本来の鶯色は)現代では受けが悪い・春のイメージではない・・・等々の理由で定着し辛いかな(汗)
・・・うぐいすパンを「メジロパン」と銘打って販売している所は無いものか、、(苦笑)
卵の子ぉ達、皆無事に成長してほしいです!\(・◇・)/
正に、「腕白でもいい、逞しく育ってほしい」の境地であります(祈)

小生宅もお庭に遣って来る小鳥・野鳥の為に、折々、小皿に米粒・林檎・蜜柑を置いていますが、
此度、(↑で雀さんがポッポ焼きを狙っていた如く)他の物はどこまでオッケーなのかな??・・・と思いまして。
やはり、(jubeさんの様に)ピーナッツバター・果物・ナッツ類辺りが最良でしょうか?
保存料・添加物の心配が無ければ、(クッキー/ビスケット/煎餅等)焼き菓子でも大丈夫でしょうか??

さくらいさん

コメントありがとうございます
慥かにほんとうのうぐいす色はほんとうに渋いカッコイイ色ですからねぇ。ま、誤用がそのまま定着していくのはよくあることなので言葉も生き物ですからねぇ、しゃぁないかと思います。メジロ色はどっちかというと抹茶色というか、マッチャラテ色というか、若草色です。うぐいすパンって青エンドウ餡のパンでしたっけ?着色料不使用だと結構鶯色に近いかと思いますわ。ま、どっちゃでもいいです(あははははは)。私、鶯色は好きですよ、普段よく着る服はカーキ〜焦げ茶系の色がほとんどなので、カーキとかほぼ鶯色に近いのが多いですから。年間とおして保護色かと(笑)。ていうか、ウグイスもメジロも通年で見られる鳥なので鳥自体には春感は無いですねぇ。花とセットになって、ラブソングを歌えば”春”ですが。メジロパンだとメロンパンとややこしので(老眼には特に)やめてほしいです(ぎゃははははは)。いっそ鳥は忘れて若草パンとか青えんどう餡パンとかそれでええんとちゃうんかと(あははは)。
さて、フィーダーの餌についてですが、どの鳥を誘うかで餌を決めるもんだと思いますねぇ。もちろん自宅の場所にもよるので、その地域で居ない鳥のための餌を置いてもしかたないですし。私はウグイス、メジロ、シジュウカラを呼びたいのでピーナツバターです、これだけは忘れんといてほしいんですが、気温が低い時期だけです(凍るぐらいに)。とくに前住地ではピーナツバターを使うネイチャーセンターも多かったですし、見慣れていたのであんまり深く考えてませんが(笑)。チーズや牛脂でもいいですが、自宅あたりはキツツキが非常に少ないですしねぇ。私的には腐りにくく匂わず入手しやすいものというのが選択ポイントです。あとはプチゼリーやジャムを使っていますが、本来なら果物をおきたいです。なんせ高額なのと量が多い(プチゼリーに比べて)ので食べ残されたら腐ったり匂うのが私的回避ポイントです。広い庭があるならホムセンなんかで売っている野鳥のエサ(粟や稗からクラックドコーン、ヒマワリなどがミックスされているもの)なんかも置きたいところですが、いかんせんスズメとネズミにはあまり来て欲しく無いので(あはは)。ま、水禽の雛など食餌に注意が必要な種類や時期もありますが、飛んで食べに来る小鳥はなにを出してもそんなに問題もないですし、食べられないものは食べませんし(笑)。
> クッキー/ビスケット/煎餅等)焼き菓子でも大丈夫でしょうか??
毎日同じスズメにクッキーだけを食わせれば体にもわるかろうかと思いますが、さすがにそんなことにはならないですねぇ。飛べなくなるような食べ方をしないのがアダルトです。でもそのフードだと多分スズメとドバトとカラスとゴキとネズミが主流になりそうです。ま、食べるかどうかはモノによるとおもいます。鳥は自分が食べんでええもんは食べませんし。食べるかどうか実験的にあげてみてもいいとは思いますが、フィーダーが残飯コーナーっぽくなるかと思うんですが、、。米粒、リンゴ、ミカンはとても良いと思います。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ