茸とアオジとトモエ

2017.02.16 09:00|Birding
鳥屋野潟です



トモエガモ
最近、潟沿いのよく見えるところにトモエガモがウロウロしています。
常時12〜3羽以上居ますが、あまりまとまらず粗な帯状に一列縦隊になっていたり、オス2羽組で居たり。
珍しくちょっと日がさして、綺麗な緑色が見えました。いつもはなんか薄暗くてモノトーン8マンみたいなんですが。



ようやくアオジが近くなってきました(笑)
随分慣れてきて接写オッケーレベルです(あははは)。

IMG_4910.jpg

アホガミルトリノケツ写真
むちむちおケツ(笑)
カンチョーしたくなりますねぇ(ならんかな)

IMG_4192_20170207160533d1a.jpg

雪融け氷水で行水するシジュウカラたち
ポーラープランジ(あはははは)こりゃなんか寄付せなあかんな。
でも、浴びる程に小汚くなっていくような、、。

IMG_4770.jpg

シジュウカラのオスは腹黒い、、というか股間が真っ黒(ぶっ)
よくネクタイの太さ、って可愛い表現を見ますが、ガタでみる首の下のネクタイの太さはオスメスあまり変わりがないのも多くて悩ましいんですが、なんせオスの股間が真っ黒なのが多くて(あははははは)分りやすいです。
一転にわかにかき曇り、
雪ボーボーに降って来ました。ガタウェザーですねぇ。
シジュウカラも固まる。

IMG_4916_2017020715551674b.jpg

ものすんごい吹雪いて来ましたが、
写真では分りづらいんですが、南の空には青空が所々見えていました。

IMG_3763_20170207160536dfd.jpg

アオジもなんかしょぼーん

IMG_4737_20170207160550099.jpg

鳥屋野潟には野生のエノキダケが生えています。
最近キノコエキスパートのWさんと知り合いになる機会を得まして、
謎だったキノコ達の正体が判明〜♪またキノコを見つけたらどしどし質問させてもらいます。
ありがとうございます〜。

IMG_4739.jpg

これもエノキダケ
なんかスーパーの白いエノキダケばっかり見てたから、エノキダケは白が普通だと思っていましたら、あの白いエノキダケも日光に当てるとこんな色に育つそうです。

20170207161613127.jpg

”山えのき”
そういえば、、こんなんも売ってた。茶色いエノキ、、ただ日に当てて育てただけか、、。随分と前にシメジみたいな丈の茶色い”えのき”も買った事があるんだが、あれも本当にエノキダケやったんやねぇ(ちゃうもんだと思ってた、笑)。

IMG_4729_20170207162347fa6.jpg

ヒラタケも生えている。

20170207161949d45.jpg

ヒラタケ鍋にした。
って、ちゃんと買ったヒラタケです。
鳥屋野潟に生えているヒラタケはまだ生えてます。もちろん食べられるそうですが、なんか畏れ多いので観賞用(笑)。

IMG_4791.jpg

この真ん中のんと左の小さいチボはアカゲキクラゲ
これも食えるそうだ。で、問題は右の小さい白いのん

IMG_4929.jpg

スエヒロタケ
スエヒロタケが産出する多糖類からシゾフィランという抗悪性腫瘍剤の一種が作られるらしい。が、レアに抵抗力が落ちたヒトやイヌの肺に寄生してアレルギー性気管支肺アスペルギルス症同様にスエヒロタケ感染症を引き起こすそうだ。人間の症例は7例だとか。肺からキノコが生える、、、(そういうわけではないですが)となると、ガタ出身漫画家魔夜峰央氏のマンガでキノコになるホラー短編があったのを思い出した。あの作品もキノコが身近なガタならではの作品なのかもしれない。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

行水するシジュウカラ、さぶそう~
山えのきって、初めて見ました
キノコ鍋、美味しいですよね

No title

トリノケツ写真♪
とってもかわいい~。是非に撮りためて一挙公開してくださいませ♪

なんかキノコって暖かいところに生えてそうですが。
寒いところに生えると凍りそうというか。
茶色えのき、私も買ったことあります。
白エノキが日に当たっただけだったんですね~。
別の種類と思ってました。

No title

アオジの後ろ姿、超キュートですね。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ほんと、ぶるっときます(笑)。
出品者系市場だけでなくスーパーですら茸の種類が尋常ではありません(笑)。ヨーロッパっぽいです。
きのこ鍋、美味しいですよね〜。未だ野生の自分で採ったきのこを食べることは怖くてできませんが(あはは)。

リクさん

コメントありがとうございます
そんなに煽てると木にのぼるかもしれません(爆)
存外茸ってどこにでもどんな季節にも生えてるもんなんですねぇ。もちろん秋のほどよく気温が下がってくる湿気った時期がいいみたいですが。まぁ、冬に風邪が流行るんですから存外そゆもんなのかもしれませんねぇ。
そうなんです!←茶色エノキ
私も別の種類だと思っていましたが、ただUVに曝しただけだそうです(あはははは)。
エノキは廉価ですし冷凍も干しエノキも簡単に出来るし味がなんとも好きなんですが、自然では結構ニョロニョロではなかったということを知って、非常に興奮しました。

無楽斎さん

コメントありがとうござます
色もいいですしモフモフムチムチで良いですよね〜〜。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ