このあしあと、誰そ?

2017.02.15 09:00|Birding
鳥屋野潟です

IMG_6412.jpg

マンサクがまんず咲きました♪
でも雪は降ってます。たいしたことはないですが。

IMG_3748_20170206164802412.jpg

面白い事にこの狭い公園で場所によって景色が全く違います。
というのも、風が通るところでは雪はほとんど積もらないし、妙に雪がこんもり積もる場所もある。



同じ日でもこんなにうっすらとしか積もらない場所もある。
そんな場所は地面が近いので地べた穿り系の鳥が集まります。
このあしあとは、、ドバト(カワラバト)でしょねぇ(あははは)。
カワラバトのトラックはものすごく面白いです。めっちゃウロウロしてるし(笑)。

IMG_4199.jpg

モズ子ちゃん
アダルトオスも綺麗ではありますが、個人的にメスやヤングのこのお腹の鱗模様が好きです。

IMG_3750_201702061647387b9.jpg

風見鶏がうもれている(笑)。

IMG_4213.jpg

シロハラがどっさりやってきた。
ポエポエとかなりウルサいです(笑)

IMG_5054_2017020616480103f.jpg

ウルサいといえば寒ブナ漁
鳥屋野潟でよく見るのは刺し網漁で、錘のついた網を柵状に仕掛けておいて、そこへガンガンと船縁や鍋を叩いて騒音をだして網に鮒を追い込みます。
お陰で鳥も全部逃げます(笑)。近所の料亭なんかで寒鮒料理を食べる事ができるらしい。
関西で鮒というと琵琶湖の鮒寿司ぐらいしか食うてなさそう感あり。個人的には小学校の頃に祟られるほど鮒釣って遊んだから(ぎゃはは)、どうも食欲がわかないんですが、まさかのチャンスがあれば食ってみたいとは思います(できるだけ濃い味付けが良いかと、、笑)。小学生の頃でももちろん食べる魚釣りもしましたが、その場合は海でアジとか太刀魚とかねぇ、ま、色んな海魚が簡単に釣れますし、淡水魚というとイワナとかアマゴ、鮎ぐらいしか食いませなんだなぁ。そういえばナマズも食べませんが、夏恒例一族山合宿(数日間野宿して山修行)時にその年は何故かナマズをとりまくり(笑)夜にナマズの蒲焼き、、食べんかったら夜中に人間サイズのナマズの祟りの怪談をくらいまして真っ青になってゴソゴソ寝袋から出て「じゅべも一口たべるぅううう」と言うたのを覚えています。この3年後ならケツに挟んで屁ーこいて寝てたでしょうが、なんせ私も小学低学年でしたんで、ナイーブでした。懐かしいおもひで。

IMG_3749_20170206164803d64.jpg

キイロスズメバチの巣か?
アクティブかどうかはわからんが、、なんかスズメバチの巣って目につく。

IMG_5047.jpg

いつものオオタカのヤング

IMG_4206.jpg

ここにもシロハラが数羽
ツグミよりも遥かに数が多い

IMG_4194_20170206164807039.jpg

べちょべちょに濡れたシジュウカラがうろついていました。
どこかで水浴びしてきたんやろね(笑)。さぶっ。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

ハトの落ち着きの無さ(笑)!うちの長男の如しです。
こちらのブログを見させてもらうようになって、庭に来る烏、鳩、雀以外の知らない鳥達を見る目が、もうスナイパーのように鋭くなってます(笑)。と言っても、直ぐに飛んで行ってしまうので、何の鳥か全くわからないんですけどね(๑˃̵ᴗ˂̵)
毎年、忘れた頃に「チュチュ、チー」と鳴く鳥が来ます。姿を見た事は無く、いつも声だけなんですが、我が家ではこの鳴き方のチュチュチーがDeNAの"筒香(チュチュゴー→つつごう)"という音に似てるという理由だけで、「筒香来てるで」と言われています(笑)

No title

お山にもどっちゃりシロハラ来てます
シジュウカラ、鳴き声すれど
なかなか姿見せてくれません  (汗

No title

ハトさん、地上動き回りますよね~。
たまにすごく近くによっても歩き回ってるから
「もしや飛べない子なのか?!」
と心配すると、途端にばばっと飛び立ったり(笑)。

鮒・・・・。
一度鮒寿司にトライして撃沈しました。
なので鮒料理と聞いても食欲が湧いてきません~。

シジュウカラさん、せめて控えめに水浴びを~!!!
見てるこっちが寒くなっちゃう~!!

satちゃん

コメントありがとうございます
ハト、実はすごーーーーく賢いのです。能あるハトはウロウロするのです(笑)。
筒香、どの種類なんでしょうねぇ、庭でチュチュ、チーというと第一印象やはりガラ系、シジュウカラなんかが思い浮かびますが。この調子でスナイパー化していけば、いつかきっとじっくり見られる日がくると思います。一番楽なのはフィーダー設置です(笑)。またバックヤードフィーダーのログも書きますわ〜。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
お山はシロハラ天国ですよね!アカハラやマミチャジナイもまじっているかもしれませんよ〜、そちらでは結構珍しいらしいので見つけたら鳥撮りさんたちがドーンときてくれるかもしれません。最近鳥も観光資源みたいです。
シジュウカラ、セカラシイカラですよね(あはは)。

リクさん

コメントありがとうございます
ま、極力エネルギーを使わない!省エネです←ハト
それに人との距離が近いですよねぇ、基本人間は自分らを食わない、という認識のようですし、人間に餌もらってる群も多いですし、ものすごく近いハトやスズメは大抵餌付けです。もしくはゴミ箱フィーダーとか。
鮒寿司、かなーーーーり好き嫌い分かれると思います。私の知っている範囲で下戸の人で鮒寿司食べる人は皆無ですし。でもあの琵琶湖の繊細そうな鮒なんで、ま、それもアリかとはおもうんですが、ガタの鮒ってめちゃめちゃデカイので、生臭さもデカそうでナニですよねぇ。食わず嫌いかもしれないですが、鯉ですら苦手なのに、、と思うわけで(笑)。ともかく、機会があればテイスティングしてみたいとおもいますが、能動的にそんな機会を作ろうとはどうも思えなくて(あはははは)。
シジュウカラ、かなり清々しい感じでした(あはははは)。
非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ