魔法とウエスタン

2017.02.04 09:00|movies
すでにログが後へおしおし状態なので、笑、3本一気にいきます。
魔法とウエスタンと鳥

201701301518471e4.jpg 20170130151858f12.jpg 

"The Magnificent Seven"(ザ・マグニフィセント・セブン)トレーディングデーのアントワン・フークア監督。フークア監督、好きですねぇ、デンゼルとイーサン、ヘイリーの良い使い方をしますねぇ。イコライザーやリプレイスメントキラーズ、ブルックリンズファイネストもよかったし印象に残る映画が多いです。黒澤明監督『七人の侍』のリメイクでジョン・スタージェス監督『荒野の七人』をさらにリメイク。見始めは三船敏郎、ユルブリナー、スティーブマックウィン達がちらちら思い出されてねぇ、『七人の侍』『荒野の七人』の出来が良すぎるので、比べるとちょっと可哀想すぎる感はありますし、全く越えてどころか近寄ってもない感じ。が、旧2作を知らない若い世代にはこちらのほうが良いかもしれないし、まったく別モンのエンターテイメントウエスタンアクション映画としてはたっぷり楽しい映画でした。久しぶりに所謂ウエスタン映画音楽を聞いてワクワクしましたしねぇ。ともかく、『荒野の七人』のDVDを久しぶりに見たいと思います(ぶっ)。

"Doctor Strange" (ドクターストレンジ)
ホラーのスコット・デリクソン監督、マーベル。ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)クリスティン・パーマー(レイチェル・アダムス)シャーロックな感じのコンビネーションではある(笑)。モルド(キウェテル・イジョフォー)、アンシェントワンにティルダ・スウィントン、カエシリウスにマッツ・ミケルセンは非常にいいキャストやと思います。ドクターストレンジはIlluminatiの一人でディフェンダーズ、作品中にも説明があるが、アベンジャーズがフィジカルな防衛部隊だとすると、ディフェンダーズは魔術を使いディメンションを防衛する部隊。ドクターストレンジももれなくマーベル的ダジャレキャラに仕上がっています。ま、マーベル的魔法映画、とにかくドクターストレンジ”登場”映画なので、辛気くさい所も多いですし、できたらもっと苦悩シーンを削ってトレーニングシーンが多いほうが好みではあるんですが、
フッテージのオマケは2つあるので、エンドロール最後の最後まで席は立たないほうがよかろうかと思う。インフィニティストーンの1つ、アガモットのオーブはThor(2011)でオーディンのトレジャーチェインバーの中にあったやつ、Thor:The Dark Worldでもエリック・セルヴィグのチョークボードでも書かれている、キャプテンアメリカのウィンターソルジャーでジャスパー・シットウェルもドクターストレンジの事をハイドラがターゲットにしているがサバイブしているというような事を言及している。スタン・リーもばっちり出て来る。どーでもいいトリビアですが、事故シーンでかかっているのがピンクフロイド"Interstellar Overdrive" で、ドクターストレンジは"A Saucerful of Secrets"のアルバムカバーで出て来るという、ま、それがどーした(笑)。昔、ピンクフロイドも良く聞きました。キリがないのでこの辺で(笑)。

201702032105422b6.jpg 2017020321070896e.jpg

Miss Peregrine's Home for Peculiar Children(ミス・ペレグリンズ・ホーム・フォー・ペキュリアー・チルドレン)邦題『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』。ティム・バートン監督。エバ・グリーン、エイサ・バタフィールド。エイサが育って大きくなって、あらあら、、と、ものすごくオバはん的嬉しさがこみ上げました。エイサってものすごーくイメージから抜け出たような英国人下町若者よねぇ。ともかく、おもろかったです。ティムバートン版Xメンというかサイボーグ009というか(笑)。ジェイク(エイサ)の父がプロのバーダーで、他にも”プロバーダー”が出てきたりとか、大人のYmbryneというペキュリアー(特殊能力)は鳥にトランスフォームして時を操るという設定で、ミス・ペレグリン(ハヤブサ)の他にもミス・アボセット(ソリハシセイタカシギ)とか他にも色々な鳥が出てくる。さすがバーディングのメッカ、イギリスやなぁ、、と思たりしてねぇ。ま、別に鳥に興味がなくてもティムバートン好きなら面白いブラックファンタジーだと思います。サミュエル・L・ジャクソン、相変わらず仕事しまくってるなぁ、、と思ったのでした。ただ、行きつけの箱では公開初日にして、午後3時過ぎと午後6時過ぎの2回しかやってないのがうざかった。吹き替えと4DXはぎょーさんやってます。吹き替えは苦手、席が動くのも水が出るのも風が出るのも非常に苦手、ということで字幕が一番マシやねぇ。たまに字幕が邪魔で見たい場所が見えなかったりして悶絶することはあるけどねぇ(モザイク代わりかっ、あははは)。
てなわけで3本ともポケーっとみるリフレッシュ映画にちょうどいい感じでした。おもろかったです。
映画館のある建物で回転焼き、大阪焼き(爆)と、たこ焼などを売る屋台ブースみたいなのがあるんですが、そこで
プチケーキ 100円
というのが売られていました。たこ焼き機で回転焼きのガワを焼いて、チョコレートソースをぶっかけたもの。これが存外美味しくてハマってます。100円ちゅうのも激安ですし、ちょっとオヤツに丁度良い。

201701291548502b6.jpg

榛名牧場牛乳(はるなまきばぎゅうにゅう)
いつもこの牛乳を見て思うんだが、なんで”榛名”のほうにフリガナをつけずに”牧場”にフリガナをふっているんだろうか?”牧場”よりは”榛名”を読めない人のほうが多いと思う。何故かというと固有名詞だし普通に読むと”榛”はハシバミかシンかハリやしねぇ。まぁ、今時の若い人は榛名で”戦艦榛名”を思い出す人も少ないかと思われるんだがどうだろうか。ちゅうことで、全くフリガナ無しか、どっちにもフリガナをふるほうがええと思うんだが、、。ま、地元の人しかのまない地元牛乳なので地元では知らん人は居らんという決めつけで地名にはフリガナは要らんということなのかもしれない。排他的だわ(あはは)。

20170116151137b4c.jpg

めちゃめちゃ久しぶりにマクドナルド
某所で時間つぶしにマクドナルドしか駐車場のある店が無かった。探せばあるんだろうが、土地に不案内な上にネットで喫茶店などはまったく出て来なかった(ちーん)。
しかもテリタマ(←ずーっと食べたいと思っている)とか月見バーガーとかも無かったし、仕方が無いので普通のハンバーガーに普通のフレンチフライに普通のコーヒー(なんじゃそりゃ)。
ま、なんかねぇ、、寂しい気分になりました(そんな時間に独りでジャンクフード食うから、爆)

20170131135938c1c.jpg 201701311359565b3.jpg

おめでとう稀勢の里
とても嬉しいですねぇ。
ということで(どういうことか不明、あはは)サポイチの
田子ノ浦部屋監修塩ちゃんこラーメンと醤油ちゃんこラーメン
ま、ハズレなく普通に美味しいです。稀勢の里も試食したんかなーと思いながら食いました。
なんとなく有り難い感じがしたパッケージでした。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ドクターストレンジ、観に行くか迷ってます
吹き替えしかやってないんでよね
英語は分かりませんが、臨場感がないって言うか・・・

No title

やっぱり映画は字幕ですよね♪
3Dも4Dも興味なし~2D字幕が最高!と思っております。

あはは、きっと「ぼくじょう」と読まれたくないんだろうじゃないかと。
なんか「まきば」のほうがお洒落っぽいというか
そんな感じしませんか??私だけかしら?

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
吹き替えしかなかったら、劇場は諦めてレンタルか買うかしたほうが良いと思いますわ。特にドクターストレンジなのに、マーベルは吹き替えだったら面白さ9割減だとおもいます。それに吹き替え全般1、誰がしゃべっているのか分らない(笑)、2、翻訳台詞と外国人にかぶせるアフレコ特有の台詞回しに笑えて真面目に見る事ができない(笑)。それに、だいたい字幕ですらなんかニュアンスの違う事になっているのに、台詞となると口の動きに合わせてある程度まとめすぎるので、演技と台詞がちぐはぐになるところも多くて、、ちゅうわけで、臨場感がないんやと思いますわ。ていうか、たまにテレビの洋画劇場で副音声の無いのがあると、数分で笑い過ぎギブアップしますもん(笑)。↑このミスペレグリンも字幕は1日2回だけ、他の映画館では吹き替えだけですわ。慥かに字幕だと字を読むのが遅い人や漢字が苦手な人は大変かもしれませんが、字幕しかない時にクレームつけている年配の方も結構いますしねぇ。映画館的には収益の多い方を、ってなりますよねぇ。

リクさん

コメントありがとうございます
私も2D字幕派です。字幕無し400円引きとかあったらもっと嬉しいです(爆)。
きっとその為に英語の鍛錬をする人も増えそうです(400円引)
4DXはダメですねぇ、年寄には全く不向きです。静かに見たいです。
あはははは、たしかに受けるイメージが少し変わって来ると思います。
まきばvsぼくじょう
どっちもオシャレからはちょっと遠いような、マグソとダイコクコガネの世界(あはははは)。
ん、、、どっちでもええようにおもわんでもないんですが、、牧場のほうがちゃんと管理されてなさそうな(アグリカルチュアル的に)雰囲気もあって、衛生的にどうかとおもわんこともないような(考えすぎて来たような、、笑)。

No title

そうか、「マグニフィセント・セブン」観に行こうかな。
どうも、カンバーバッチの顔が苦手です。
エバ・グリーン、ボンドが愛した女性ですね。
マクド、私も長い間入っておりません。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
やっぱりウエスタン大好きな自分を再発見しました。←マグニフィセントセブン
そうそう、カンバーバッチの顔は私も怖いんですが、こういう人間臭く無い役になると非常にすばらしいです。演技力はすばらしいですし。エバグリーン、すばらしいです。”マレフィセント”で若い頃のマレフィセントを演っていたエラ・パーネルもいい感じに育っていました。

No title

ウエスタンに魔法、合わさると、菊地作品の世界背景ですねぇ///
断然字幕(演者本人の声で聴きたい)派のわたくし、観たいバージョンが近郊での上映が無い事多々であります;;
(流石に、4DXは必要無いとは感じつつも、、)。
吹き替えと字幕と原語で言い回しが違うのには、近年特に気になってしまう様になってしまいました(^^;ゞ
(最近気付いたのは、某ミステリーでの毎回エンドロール後の主人公の台詞「次回もお楽しみに」(英語)が
「チャンネルはそのままで」(吹替)・・・に尽きるでしょうか)。
エヴァ・グリーン、初めて観たのはボンドガール以前のモデル期でしたが、世界的に有名になられましたよね。
(同じくT・バートン作品では)『ダーク・シャドウ』での復讐鬼な魔女がまだまだ記憶に新しいです。
カンバーバッチ氏も今や英国を代表する俳優と言えますね。
・・・たしかに、彼の人間離れしたイメージは、(人によって)“怖い”と思えてしまうのかもですね;
(特に、東洋人目線だと、瞳の色合いが拍車を掛けているかと・・・)。

てりたま/月見バーガー共に、レギュラーメニューではないですからね~;(寂)
“月見”はその名の通り9~10月期に並びますが、
“てりたま”は通年春季の限定品なので、もしかすると、もう少し先になれば
(今年は、彼の“総選挙”No.1メニュー後辺りに)食せるかも?

さくらいさん

コメントありがとうございます
今回のこの3本を合体させると完璧に菊池ワールドです(笑)。読むのも好きですが、こうして金かけた実写というのはやっぱり興奮します。そう、目に入る文字全て読みたい私的には、字幕映画は2通りで頭に入って来るんですが、字幕の騙され感というのがねぇ(あはははは)。でも、吹き替えの500万倍ニュアンスはマシだと思います。
カンバーバッチは骨格と頭蓋骨でしょう!!FXメイク無しでそのままスタートレックに出られる系やと思います。なのに、いつも美形俳優のカテゴリーランクインするんですよねぇ、、イギリス上流階級容姿ですし決して不細工ではないですし、すべてのパーツは良いんですがバランスが、、個人的に西洋人の美意識とは相容れないと感じます。
てりたま/月見、今まで数回食べるチャンスはありましたが、ボヤボヤしているうちに逃しました(笑)。ま、他にも食べたいもんおが多すぎてタイミングがあわないんですよねぇ(あははは)。今年の春か秋にはテリヤキ&玉子のマクドナルドサンドイッチを食べてみたいと思います。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ