トンネルを抜けて文豪缶詰

2017.01.18 09:00|away-soul
雪国5
昨日のガタはミゾレを主に雨と雪が交互に降るなか、青空もちょっと覗いたりしていつも如く変な天気でした。
朝からなんとウグイスが足にとまるという、大興奮な事からスタート他にも興奮度高めな日でした。
さて、つづき
ちょっと道を間違って、ガーラ湯沢に到着
というのも、立体交差しているのを知らず、、、目の前にあるのに行けない(笑)。
もしかしたら夏場には階段が出現するのかもしれませんが、なんせ全部雪にうもれてますんで、
分岐点まで引き返しました(笑)

IMG_1860.jpg

高半に到着。創業900余年
もともと越後湯沢は平安末期に新発田の郷士高橋半六(高半の祖)が温泉を発見したことで温泉地としての歴史がはじまったのは有名な話ですねぇ。江戸時代には三国街道の宿場町として発展していたようで、江戸時代初期の文献にもでてきます。そして、昭和6年(1931年)上越線開通後、宿泊者数が飛躍的に伸びたそうです。
こちらの旅館に宿泊していない場合、フロントで見学料500円で”かすみの間”に案内してもらえます。

IMG_188700.jpg

川端康成は1934年から1937年までこちらの”高半旅館”のかすみの間に逗留して執筆していました。

IMG_1861_201701101716584f6.jpg

こちらが”かすみの間”
現在はごっそり室内に移築されていて、資料といっしょに見学できるミュージアムになっています。
かすみの間では

IMG_1892_201701101738077c6.jpg

北原白秋

IMG_1899_201701101738108c1.jpg

与謝野晶子、寛(鉄幹)夫妻が歌を詠んでまして、

IMG_1920.jpg

その他、色々な資料も拝見する事ができます♪
もっと高半の歴史も知りたいと思いましたが、残念ながら”雪国”関係資料が多いです。特に映画の。

IMG_1883_20170110172032891.jpg

岸恵子とうれしそうな川端康成
やっぱり美形好きがにぢみでている(あはは)
右端がエドワード・ジョージ・サイデンステッカー日本文学者、『雪国』を英訳した翻訳者です。
館内映写室では一日一回、1957年の『雪国』の上映が行なわれているそうです。

IMG_1864_20170110171656127.jpg

もちろんこちらのかすみの間に上がることもできます。
雪国、、最近の作品ですし資料も多いですし、ノーベル賞でもあるので研究されまくっているんでナニなんですが、やっぱりこうして実際に当地を歩くとなんか書く気になりますねぇ。
かなり興奮します。

IMG_1915_20170110173813646.jpg

かすみの間から出ると、浴場のあるフロアで
お風呂だけ(日帰り温泉)の利用もできます。
浴場の前には卓球台や書籍などが置いてあるレクレーション広間になっていまして、
20代前半と思しき男性2人、ものすごく楽しそうに卓球で大騒ぎしてまして、見ているだけで貰い笑いしそうになるのをこらえて、神妙に本の背表紙などを眺めました(あはははは)。

201701111450245fd.jpg

残念ながら高半手ぬぐいは存在せず、、(涙)
高半盃と雪国関係論文の別刷などを買い求めました。

IMG_1875_20170110172035cf8.jpg

すばらしいひと時がすごせました。
もう大満足、あとは帰宅するだけですが、
折角なのでちょっとブラブラ歩いてみます。
それに湯沢温泉手ぬぐいも欲しいので、探してみます〜。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ウグイスが足に…
それは大興奮しますね(笑)
ウグイスって警戒心強そうだから
あんまり近づいてきてくれないイメージが!

浴場に卓球台
昔ながらって感じで良いですね~♪

No title

ウグイスが足にとまる?
もう活動してるんですね
今年は何時聞こえるかな?
懐かしい黒電話
この古いタイプが、親戚の家にもあり
欲しくて溜まらなった事思い出しました (笑

No title

もう、ウグイスが!?
春近し?ってことにしておきましょう。
足にとまってくれるなんて、すごいボーナスですね!

あぁ、旅館に缶詰だなんて。作家のイメージそのもの(笑)。
やっぱり作家の方々はどこかに缶詰にされてなんぼです!(私イメージ)

岸恵子さんに隣に座られたら私もデレデレになる自信はあります!

ふくねえさん

コメントありがとうございました
鼻血でそうでした!!!←ウグ
存外ウグイスはフレンドリーなんですわ、最近はものすごく近くまでよってくるようにはなっていたんですが、私の近くにいるとヒヨドリに虐められることなくゆっくり食べられるので利用されているようです(あはは)。うちに来る鳥でいちばん警戒心がつよいのはスズメです。隣りの家生まれの2羽以外はめっちゃ逃げます(笑)。
浴場に卓球台はセットですわな。エアホッケーもすきです(笑)。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ウグイスは留鳥ですし、ここらへんでも一年中いますんで、それこそ関西だともっとどこにも行かないと思います。逆に北から渡る個体も増えてうじゃうじゃしているのではないでしょうか。慥かに歌わないと目立たない地味な鳥ではありますが(あはは)。
黒電話、うちにもあります、いまでも(あはははは)。これの前の機種やこの後の機種もおいてありますわ、、。初代プッシュホンとか結構泣けます(遠い目)。

リクさん

コメントありがとうございます
ウグイスは一年中いるんですわ。鳥好きでもないかぎり、歌っていない時期はスルーされる地味な子です(笑)。
いつかやるんでは、、と思ってはいたんですが(ものすごく近寄ってくるようにはなっていたので)、ごついブーツのような室内履きの上やったんですが、かなり鼻血ブーでした。
そう、やっぱりホテルやのうて旅館に缶詰、いいですよねぇ。芸妓さんたちもあげてねぇ、、。
私もです!!←でれでれ
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ