くるみ割り人形

2016.12.24 09:00|theaters
トーキョートッキョキョキョクキョキャショ、、
ゆ、、、言われへん、、。

IMG_0172.jpg

東京文化会館です。
年末といえば、ナッツクラッカー
くるみ割り人形です。今年は東京バレエ団

20161221160909561.jpg

というのも、ABTのダニール・シムキンが王子様やったんです、狙いました。
よかった、無事に観られて♪ちなみにクララ/金平糖は沖香菜子
とにかく、いい気分になりました。東京バレエ団、男性が少ない所為で第1幕はパーティシーンも女性だらけ、特に男児はすべて女性、兵隊がピンクのポワント履き(これはちょっと変)でちょいヅカの香り漂うアブノーマルな雰囲気、そしてオケがねぇ、かなりサワーな音が目立ちまして、ええシーンで痛恨のダメージがあったりとかなり酷くつらかった。とはいえ、なんちゅうてもシムキン王子がゼーーーンブ持っていきましたがな。色んなバレエ団のいろんなくるみを観てきましたがこんなくるみ初めてでした。クライマックスの最後の最後、普通、通常、金平糖の精がリフトなんですが、、

まさかの王子リフトでどや顔(ぶっ)

これには度肝を抜かれました。ラ・フィユ・マル・ガルデの結婚式シーンでリーズの前にちょろっとコルがリフトされるんとかは観ますが、こんなコテコテの王子をまさかのリフト、、。普通は王子リフトするんであって、王子リフトしないです、ハイ。
リフトされたシムキン王子が微妙なはにかみ笑顔を一瞬みせたのが忘れられません。これはおもっきり噴いてしまいました、リフトされたシムキン王子を見ただけでも来た甲斐ありましたわ(あははははは)。ええもん観せてもろた。

IMG_0199.jpg

東京はかなり暖かかった、、というか
汗かきました。ま、暑いのは去年の12月にめっちゃ懲りたんで、今年は半袖に薄手ジャケットにしたんですが、それでも汗かきましたわ。特に室内の暑さは尋常ではないので、室内では半袖イッチョですごしましたが、半袖で汗の私の周りがダウンジャケットにマフラーにマスクの人々がうじゃうじゃで、、ご本人達はいたって寒そうではありましたが、なんでこの暑さで寒いのか???サッパリわからん。って、ダウンジャケットにマスクの人々は半袖で扇子パタパタしている私のことはサッパリわからん(もしくは裸の大将)と思っていることでしょう。人間のアジャストメント機能って、、アホやなと思う。そしてまだこの暑さに対応できてない私も酷いと思うが、、歳の精です、ってことで。
さて、この日の朝に上野入りしたんですが、

201612211603063b9.jpg

トキです。
ほんまもんのトキではなくて、MAXの方で移動(あはは)
ガタからトーキョーまでたったの2時間でして、時間的には近いんですが、ものすんごい隔たりを感じてしまう、、
というのも

IMG_0329.jpg

ガタを出る時にはこんな感じやったりするんですが、
特に湯沢を抜けて行くのに、
曇ってるか、雨が降っているか、雪が降っているか、、
3択です(いやすぎ)
で、トンネルを抜けると

IMG_0162_201612211841227f7.jpg

そこは晴れなんです。
ビバ・太平洋側
ガタ好きなんですが、冬場の天気極悪っぷりったら無いですねぇ。酷いです。

IMG_0166.jpg

去年は大失敗して、マチネを買ったつもりが夜を買っていて、土壇場で宿を予約したんでかなり奉仕な夜を過ごしてしまいましたが、今年は文化会館のを選んだので大好きな上野、宿もたくさんありましたがめんどくさかったんで(笑)程よいところでアパ上野駅前にしました。話のネタにはまったくならないボーリングな宿ですが、東博に近いのがポイントです。

IMG_0163.jpg

ホテルからすぐ、この上野駅に入って来る電車が見える橋を越えると
そこは、東博(東京国立博物館)なんです。ぬふーん。

IMG_0314.jpg

上野なだけにパンダなツリーでした。
かえらしです。
というわけで、東京ミッシリくるみ旅2016、スタートです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング



IMG_0205.jpg

東京文化会館
劇場内は撮影禁止、これは理解できる。
が、しかしスタンディングオベーションが禁止というのは理解できない。
ちらほらやってる人もいましたが、前にあまりにも素晴らしかったので立ち上がってブラボーしたら注意されました。ちーん。ま、お行儀はええんかもしれんが、、、だいたい本編終わった状態で後の客に迷惑もくそもなかろうよ、と思うんだが、、舞台芸術に対しての敬意とか感謝とか、興奮とかどないしたらえんでしょうか。つまらん。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ビバ・太平洋側。
子供の頃からうらやましくてうらやましくてうらやましくて。

今はそうでも。

No title

早口言葉言えなくても生きていけます (笑
もう1年経ちましたか~
今年は、ほんとに早かったです

No title

ええ!王子様がリフトされちゃったんですか~Σ(・ω・ノ)ノ!
それは見てみたいかも(笑)。

リアル「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」状態。
(あ、この場合逆ですね)
私は雪がほぼ降らない地方で育ったので
小さい頃は雪国って憧れてました♪
でも実際に生活してみると、雪少ない地方には
わからない大変さがあるんだろうなぁ、と。
大人になった今は思ってます。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
そちらはまだマシだそうですが、ガタは日本全国都道府県で晴れの日の少なさナンバーワンだそうです。なんと”終日快晴”日数は一年で10日もないんだとか(滅入りますねぇ)。私、南国生まれの南国育ちですし、ずっと晴れた所で暮らしていたのでまだ慣れてません。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
昔からダメなんですが、最近さらに言えなくなりつつあります。ロレロレです(笑)。
振り返ってみると去年の1年はものすんごく長かったです、、が、比べて今年の速さときたら、、。ワープです、ワープ。

リクさん

コメントありがとうございます
ほんとーーーーにびっくらこきました。観て欲しかったです(笑)。
DVD化してほしいぐらいです。
そうなんですわ、リアル雪国。もちろん帰宅路は順バージョンです。私ももちろん雪の多いのに憧れました〜〜〜。2センチ積もったらお祭り騒ぎ(笑)。雪をみたければ高野山に登らんとあきませんでしたし(笑)。実際、社会人になってから雪国暮らしですが、雪はないほうがいいです。が、雪がふるだけまだ暖かいのでマシです(あはははは)。ま、やっぱり”温国”が一番意生きやすいとは思いますわ、外で寝ても死なないのがいいかと(笑)、。でもまぁ、どこですんでもそれぞれの楽しさにそれぞれの苦労があると思います。色んな面をみて、楽しく住めるようにその土地を知っていきたいですね♪
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ