栄涼寺と長岡の商店街

2017.01.31 09:00|soul
昨日は突然の気温上昇に終日土砂降り、低気圧ドーンで膝腫れました,ちーん(笑)
さて、
長岡市です。
河井継之助記念館を出て、栄涼寺に向かいました。

IMG_5926.jpg

関東甲信越の神社仏閣、こんなふうに参道や境内の両側に民家が食い込んでいるのをよく見ます。まさにこのタイプ。最初はものすごく違和感を感じましたが、最近慣れました。ガタだけかと思っていたら、長岡もそうですし、神奈川のほうもこういうタイプが多かったです。民家が生活路として参道をシェアしているんですねぇ、合理的ではありますが、、。
それとこの山門の柱、向かって右に浄土宗、左に栄涼寺と彫られた柱ですが、このタイプの四角の門柱がむちゃくちゃ人気ですよねぇ、四隅だけツルリと彫ってあって、4面がゴワゴワ加工になっているやつ。なんて名前のデザインなのかはしりませんが、神社仏閣から社屋、民家までものすごくよく見ます。この門柱をみると、新潟を感じます。和歌山だと大きなお宅やお寺さんの門構えというと屋根付きの所謂”門”が主流です。新潟だと木製は維持が難しいのか??

IMG_5955.jpg

境内に案内見所マップ(おいっ)
お陰で難なく見つける事が出来ました。

IMG_5939.jpg

そういうことで、河井継之助家老のお墓です。
藩主牧野家代々のお墓などもありまして、
お墓好きなんで興味津々ですが、ちょうどなにやら弔事が行なわれていまして、顔は神妙に歩かしてもらいました。
お寺さんを出て、駅前あたりをぶらぶらと歩きます。

IMG_5958.jpg

地下水が不足しているらしい。
”水を出すのは雪の降っている時だけにすること”
”水の高さは20センチメートル以内にすること” by長岡市
雪が降っている時にしか水を使えない。しかも水を量ではなく高さで、、サッパリ想像できん。
雪が降っている時に使う水で、高さ20センチ、庭で行水ってわけはないだろうし、水垢離?

IMG_5917.jpg

”ひとときのお楽しみに 又強くなりたい方!”
この看板だけで、なんの店か分らず、
ナニを強くしてくれるのかサッパリわからんっ!
特別指導とご婦人にも手ほどきしてくれるらしい、、
ちゅうことは男女ともにできる何かで、どちらかというと男性のほうがソレをやっている、という事になるか、、狭そうではあるので、ととなると、囲碁将棋麻雀、、、そこらへんかなぁ、、。まさか奥に広い場所があって、ひと時のたのしみ、、合気道とか、、相撲や流鏑馬とかではなかろうが(笑)ルチャとかムエタイだったらいいのにな(あはは)。

IMG_5923.jpg

素敵な写真機屋さん発見
いい感じ。

IMG_5920_20161212164935510.jpg

”只今ウォーキングです”
↓に電話番号が書かれていて、電話してくれと、、。
さすがに冷やかしで全くしらない店の人を携帯電話で呼びつけることは、、
私にはできない(あははははは)。
この時間の流れ方、素敵やとは思います。
商売をする気は全くなさそうです(笑)エチゴイズム。

IMG_5959.jpg

新潟鉄道管理局物資部指定店
いったいどんなもんを取り扱っているんだろうか、、
外からはわからんかった。

IMG_5925.jpg

消化栓がかわいい

IMG_5960.jpg

汚水のマンホール
火焔土器、それにぱっと見て、”かきのもと”(食用菊)かと思ったが、よく見たら花火かもしれない長岡やし。それに長岡城、、は今は長岡駅になってしまっているので悠久山公園の城型長岡市郷土史料館やろねぇ、それと多分ツツジ(市花)
いつも思うけど、どの市もなぜか汚水のマンホールがいちばん凝っている。もしかしたら汚水の設置が一番遅かったので最近できたから意匠に凝る余裕があった、、ちゅうような事も考えられる。って、考えてもどうでもいいけど(あはははは)。

IMG_5867.jpg

佐伯祐三 広告塔
長岡市中心部というと通り過ぎるか、県立近代美術館か博物館か埋文しかいかんようになったが、こうして見直すとまたブラブラ歩きたいと思います。まだまだ見てないところ、行ってないところたくさんあるし。
でも、花火は要らんけど(あははは)。

実は一昨年(2015年)の10月のはじめ、引っ越して直ぐの頃で、その頃に書きましたんで、私は水のくみ上げに疑問を感じていたようです。これは消雪パイプ、地下水をくみ上げて水をまくことによって雪を融かすシステムで、地下水をくみ上げる事により地盤沈下などの弊害が起きたそうです。それに道路が赤茶色に染まっているのはこの地下水の所為なのだとか。
差し込みまくりで下書きのままボツ寸前だったんですが、捨てるに忍びなく、少し手を入れて今頃差し込んでしまいました。恐怖の差し込み連鎖(爆)。
きのふはけふの(最近の)話ではなくて恐縮です、てへへ。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング


IMG_5941.jpg

河井家の禄高は120石
御家老ですわな、今の時代の年棒にするとざっと750万円ぐらいか、1千万いかんと思います。ていうか蔵米取とかどんな具合の契約だったんかしりませんが、手取りはさらにガックリと減ったかと。
たいへんだと思います。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

この商店街シリーズ好きです
子供の頃あった商店って感じで
昔に戻ったように思います
風情があっていいですね

No title

謎の看板の多い事(笑)。
「水の高さは20センチ」????
「ひとときのお楽しみに 又強くなりたい方!」
1日コースと1ヶ月コースがあるみたいですし???
何?何の看板なの~???(笑)

下水のマンホールは確かに各市町村によって
デザインが違って楽しいですよね。
実家の自治体ではデザインを公募してましたよ~。
そして、ご推察の通り下水が通ったのは結構最近です(笑)。

No title

佐伯佑三、大変好みであります。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
私もこの商店街萌えました。かなり絶滅寸前で往時はもっと楽しかったのだろうと思います。
タイムトラベル昭和ですね〜〜。

リクさん

コメントありがとうございます
噴水状態になる消雪水で、その噴水の高さが20センチなのではなかろうかとおもうんですが、そんなんって中央集中管理でなくて、個別民間管理????この掲示を見たときはサッパリなんにもわからなかったんですが、今、少々越後事情が分った状態でもサッパリわかりません。
何をレクチャーしてくれるのか、非常に気になりますし、書かれていないからこそ妄想が、、、(あははははははは)。
公募!!面白いですよね。ちなみに和歌山は徳島にはほんのちょびっとだけ勝ってるものの全国でダントツ飛び抜けて普及していません。当然実家のあたりも普及してません(あはははは)。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
同じく。
ということで、長岡近辺に行くと必ず県立近代美術館によります。
非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【25件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ