月岡温泉と刀鍛冶

2016.12.04 09:00|relaxation
新発田です。
月岡温泉でブラブラしております。

IMG_2004_20161128164457067.jpg

月岡カリオンパーク
足湯美人から400メートルほどのところです。
なんかガタっていうかここらへんてカリヨン好きですよねぇ、なんでじゃろか?フランスとかベルギーでは結構ありがちですよねぇ、鐘楼の建物についてるやつ。鳥屋野潟公園にもデッカいカリヨンがありまして、キンコラカンコラ鳴って時刻をしらせてくれております。あ、、いま気付いたが、ガタにあるのはカリヨンではなくて”カリオン”と表記されているので別モンなのか?よくわからんが、、誰に聞けばこのカリオンの謎が解明するんか??
ちなみにこちらの”カリオン”は故障していて鳴らないそうで、オブジェ状態(笑)。静かでよろしい。
左にあるのは硝子細工のお店で工房で硝子を吹いているすがたを見る事ができますし、体験も色々やってるようです。

IMG_2022.jpg

温泉街でも気になったが、こちらでもやたらと”恋人”という文字とかハートマークとかそういう、サカリついた関係のキャッチが目につく。どうやら、こちらの月岡温泉では村おこしというか、温泉おこしに”恋人の聖地”というのをテーマにしてアベック客を集めようとしているような感じ。
単独ババァとしてはかなり場違い感ありまして、申し訳ないです。

IMG_2003.jpg

地図もアベック天国のような宣伝具合でありまして、、
さすがにどこもかしこもピンクでハートですんで、しまいに「うるさいわ!」って思います。もしかして国家プロジェクトで少子化に歯止めをかけようと、こういう温泉街でサカリつけて子供をつくらせようという魂胆なのか。それにしても、温泉街とか場末宿というのがなかなかに淫靡ではあるが、、どうも正式なアベックというよりはコッソリしたアベック向きのようなイメージがございますな。故に明るいピンクハートな聖地化運動なんだろうか。
ま、どうでもよろし(ぶっ)
そういう考察をしにきたんではなくて、こちらがお目当て

IMG_2018.jpg

刀剣伝承館 天田昭次記念館
新発田の重要無形文化財保持者で刀剣作家・天田昭次氏作の銘刀や天田家 一族の名刀9作品のほか色々と展示されていました。

IMG_2006.jpg

現代の刀鍛冶の仕事がどんなんか、という一端を垣間みる事ができまして、予想していたよりも存外楽しめました。
いやはや、最近鉄製部族の文化をたどるような本やら文献をよく読んでいるので、そこらへんの事とか脳内でぶわわんと再生しまして、とてもおもしろかったです。

IMG_2015.jpg

鍛冶神像掛図
江戸時代の鍛冶屋が吹子の働きを司る神として信心したもんだそうで、軸中央には三宝荒神と吹子、鍛冶で働くのは赤鬼青鬼であることが、かつでは”たたら”で働くのは鬼達であったことを思い出させる。この軸を観られただけでも来たかいがあります。満足満足。

IMG_2010.jpg

こういう卓袱台が欲しい

IMG_2017_2016112817131488b.jpg

北の湖関の太刀を手がけられたそうで、
色々と思い出の品も飾られておりました。
なんせ私も北の湖、千代の富士全盛期世代ですんで色々と名勝負を思い出しますねぇ(えへへ)。駄菓子屋のブロマイド籤とかベーゴマとか北の湖とか千代の富士とかが一番人気でした。
刀鍛冶で萌えてから、また歩きます。
足湯美人から500メートルぐらいのところ

IMG_1944_2016112817253552f.jpg

月岡わくわくファーム
道の駅みたいな感じで、野菜とかクラフトとか売っている地元のお店と、農家レストラン、古民家を使ったお菓子のお店、ジェラートのお店、手打ち蕎麦の店、イタリアンレストランが集まったモールになってます。

IMG_1945.jpg

ちょっとした子供の遊び場みたいなのがあって、
かわいいツリーハウスがありました。

IMG_1948.jpg

ものすんごいブランコもあります。
リトルガルさんにおすすめです〜〜。
駐車場もデカイし、いい感じですよ〜。

というわけで、存外たっぷり遊べる月岡温泉です。
夏頃はサンコウチョウもいましたしねぇ、鳥見にもええところです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

カタナになるまで
相当な時間が掛かるんでしょうね
湾曲してるから、砥石も丸くなってるんだ~

No title

今や若者男子の7割が交際相手が居ないんだとか・・・。
まぁ、私が若者の時、自慢できない状態でしたが
周りの友達はきちんとお付き合いしてる方がいたのになぁ・・・と(笑)。
がんばれ、若者!がんばれ、アベック!

刀鍛冶とか機織りとか染物とか昔ながらの技術って
見ててほれぼれしますよね~。

我が家の祖母が三重ノ海ファンで、私も応援していた記憶です♪
あれ?時代が違うかな??

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
平均で2週間弱かかるそうです。すばらしい匠の技ですわ、ため息がでるような美しい刀が展示されていました。

リクさん

コメントありがとうございます
うわ、それは深刻ですね。若者男性7割、、若い女性のほうはどれぐらいの率になるんでしょうね?同じぐらいだとしたら、深刻に生物としては不健康な事態だと思いますわ。滅び行く日本種、、(合掌)。ま、私も種の保存にはまったく貢献していないのでアレなんですが(あははははは)。確かに知り合いの20代若者たちは所謂”ラブロマンス”をプライオリティにしてないようですし、そういう欲望にも希薄なイメージです。私が若い頃は男女ともに年頃になると正しくサカリがついていたもんで、特に男子となるとえらいこっちゃなもんでしたが(笑)。やっぱりトキやコウノトリのように人工繁殖させないと野生下では種の保存が難しくなるんでしょうかねぇ(あははは、冗談です)。
ほれぼれしますよね!!←匠の技
三重ノ海、時代は同じです!!懐かしい〜〜。輪島、北の湖に金星もありますわ(遠い目)。そういえば輪島も人気でしたねぇ、、プロレスの印象がつよくてナニなんですが。

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ