Explore Niigata

2016.11.28 09:00|Birding
鳥屋野潟です。



先週からオジロビタキが3羽やってきまして、ライファーでした♪
1年間鳥屋野で観察してまして、146種類、でもチェックリストは168種類なのでまだココで見てない鳥がおるちゅうことですが、なかなかライファーに出会わないようになりました(そりゃそうだわ)。



せかせかしてなかなか3羽ともとるのが大変でしたが、ともかく証拠写真を撮ってみせたら2羽嘴が黒くて1羽下側の嘴が浅い色のんがいまして、そりゃRed-brested flycatcherとちゃうか、との事で。黒いほうはRed-breasted/Taiga flycatcherだそうで、なんか違う種類やったみたいです。が、どれがどの写真かわからんぐらい同じにみえるんですが、、(滝汗)。Willow flycatcher とAlder flycatcherぐらい一緒に見えます。ということで、またフライキャッチャーID地獄に落ちております。日本のフライキャッチャーて楽勝、とか心の片隅で奢り高ぶっていたんですが、ま、久しからずや、ってことでした(あははは)。
ともかく、まだ居るんでもうちょっとがんばってIDしたいと思います。

IMG_7123.jpg

駐車場の柿の木
渋柿なんですが、グジュグジュに熟れると渋がぬけますんで、
メジロが20羽ぐらい鈴なりで順番に食うてました。柿の実自体は30個ぐらいあるんですが、熟れているのが3個ぐらいしかないので激戦。ヒヨもガンガン来ますし、でも人間が眺めているとヒヨはちょっと距離をとるのでそのすきにメジローズがグイグイ来ます。

IMG_7132.jpg

柿の木の向かいにはナンキンハゼが成ってます。
カメラを向けるまでスズメがあほほどすずなりでしたが(笑)。シメやイカル、ジョウビタキも食べにきていますが、人間には生薬で利尿剤とか下剤になって鳥臼て呼ばれるんですが、鳥はそっちのほうはどうなんでしょうねぇ?便秘になるとナンキンハゼがいいのよ〜とか、そんなこと言うシメは居らんと思うがな(笑)。
で、同じく鳥屋野潟デンカスワンスタジアムの前あたりですが、
最近目についてずっと気になっていた場所

IMG_7145.jpg

天寿園
中国庭園だとばっかり思っていましたが、
半分は日本庭園(築山林泉式庭園)でした。

IMG_7141_201611231855151aa.jpg

中国人が設計・施工し、資材もすべて中国から運んだ、本格的中国庭園だそうで、中国の名勝、景勝地をモデルにちょいミニチュアサイズで再現、リアルジオラマです。

IMG_7140.jpg

セールスポイントは
>☆池の鯉にエサやりできます☆
星付きでウリ文句みたいです。

IMG_7153.jpg

花もたくさん植えられていて、5月末ごろからボタン、サツキ、ツツジ、追って6月にはいると藤、秋は萩にムラサキシキブ、そして紅葉が美しいです。ムラサキシキブはかなり熟れてきたいるのでジョウビタキとかルリビタキが来そうな感じです。極彩色の中国建築が異国情緒満点でプチ異界です。

IMG_7167.jpg

滝が3つ

IMG_7160.jpg

滝の裏も歩ける。
アーティフィシャル滝見(あはは)

IMG_7152.jpg

超逆光時間でした(あはは)。
南側は清五郎潟という鳥屋野潟とクリークでつながっている小さい潟があって、
こちらでも鳥が重要ポイントのようで立派な鳥パネルがありました。

IMG_7175.jpg IMG_7151.jpg
写真クリックで拡大します。

鳥屋野潟で見られる鳥と同じですが、小さい潟なので距離は大変近いです。
カルガモ、マガモ、コガモ、オオバン、モズ、アオジが見られまして、

IMG_7179.jpg

なにげにノスリも座ってました。
近いことは近いが、なんせ激逆光でまくーろくろすけ。
入園料無料ですし、トイレやカフェや売店もありました。
各月第三日曜日には無料のライブもやっているそうです。今月はアメリカンポップスだったそうで、12月は昭和歌謡とベンチャーズ、1月は筝と尺八なんだとか。ちょっと覗いてみようかな。
近所ですらまだまだ知らない所だらけです♪
エクスプロール・ガタ!!
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

鳥さんもよ~分かってますね
どれが熟して美味しい柿かって♪

綺麗な庭園ですね♪
無料ってのが良い。
鯉のエサ!
そ~いうの見るとやりたくなる~~(笑)

No title

小鳥って、ほんとせかせかして
なかなか上手く撮れません
オヤジもせかせかし過ぎなのかな? (笑
いい鳥見スポットですね

No title

柿、おいしいのわかってるんですね~。
3/30ですか・・・・それは争奪戦ですね。

鯉にせよ、鹿にせよ
食べ物をあげるのは物凄くセールスポイントになりますよね(笑)。
ついつい買ってあげちゃいます、私。

ライブのバリエーションが豊かすぎ♪

ふくねえさん

コメントありがとうございます
見えてますねぇ←鳥
目の構造の違いを実感しますわ。
無料てすごいですよねぇ、しかも人が居なくて居心地満点です。
こうしてオフィシャルにエサを用意してくれて餌やりオッケーというのは欲望がバッチリ満たされて良いですよね♪

ふくねえさん

コメントありがとうございます
種類にもよるんですが、片時も静止しない鳥てほんまに難儀ですよねぇ。それとかもじゃもじゃの中でしか居ない鳥も(笑)。じーっと長時間見ていると、なにかあったりとか、羽根繕いしたりしてちょっと止まるひと時がやってくるので、そこを撮れば簡単です〜。でも、普通はなかなかじーーーっと立ち止まって鳥見ないですしね(笑)。ほんと良い公園ですよ〜〜。

リクさん

コメントありがとうございます
ウルトラバイオレット見えてますからねぇ、鳥からするとまさに一目瞭然なんでしょうねぇ。しかも渋柿なんでフライングも無しでしょうし(笑)。
そうなんです、餌やりはファンタジーです。シモベとか下僕になりたいという願望なのかもしれません(笑)。私も今やすっかり小鳥の奴隷になってピーナツバターぬりぬり婆です(笑)。
言われてみれば、、、ものすごいバリエーションですねぇ。もう終わってますが、二胡・馬頭琴やジャズ、フォーク、ハワイアンなんかもやってたみたいで、なんか音楽の試食会みたいですね(あはは)。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ