輪廻は天国か地獄か

2016.11.27 09:00|away-museums
信州です。
とにかく、信濃はおもろい!!

IMG_3659.jpg
 
お坊さんが3人歩いてはった、、
赤い袈裟が大僧正で一番エラい人であとは僧都さんか
外を歩くときは格階級1人ずつ、というルールでもあるのかないのか、、
単色団体が歩いているのは見ませんで、どのグループもうまく配色していました。
ていうか、宿坊に酒屋がビールとポン酒の納入て、、
あ、アルコールではなくて般若湯て呼ぶべきか(爆)。
いや、ビールは酒ではないって?(byドイツ人)

IMG_3755_20161122193827102.jpg

立派な六地蔵、、
そういえば、先日鎌倉で災難続きの六地蔵さんがシャッターの中に入れられているのを見ましたが、ほんま、地蔵さんに悪さするてどういうこっちゃ。地蔵さん、庚申さんとか道祖神とか賽の神とごっちゃにされているようで、道ばたや辻でにこやかに赤い前垂れつけてじっとしているのを見ますが、実はすんごい菩薩さまなんですわ。それになんであちこちに6というナンバーで地蔵か?(某一神教で6が不吉やっちゅうのは仏教のこっちゃかねぇ、オーメンソーメンヒヤソーメン)ともかく六地蔵ちゅうのを簡単に説明すると、仏教の世界では世界は6つ、さらにそれがメビウスの輪みたいに繋がっているので、延々とこの6つの世界を輪廻しつづけることになってます。この輪の中で居る限り、いつも地獄がやってくることになるんですが、仏の教えでこのワッカから離脱してしまう、ちゅうのが平たく言えば仏教の究極のゴールちゅうことになりますわな。で、その6つの世界を簡単に説明すると、
1、天人が住む天道(煩悩モリモリで好きな事だけして、バカ楽しいのがつづくだけ。仏教がないので解脱もできないし救われない)
2、人間が住んでる人間道(一番バランスが良い世界で、仏化して輪廻ワッカから離脱できる可能性があるのがこの世界だけ)
3、修羅道(戦いの世界、戦うことを選択しているので一概に地獄でもない、向き不向きのある世界)
4、畜生道(動物が生きている世界、仏教がないので救われない)
5、餓鬼道(腹ぺこ地獄、なにをどうくってもハラペコでガリガリと痩せて行く、この原因を知る事ができれば現代日本か米国では巨万の富を築けるだろう)
6、地獄道(罪を償うための世界)
この6つの各界に各担当菩薩が設定されていて(宗派により微妙に違う)、各界で各界の菩薩にすがらんとあかんらしいのだが、地蔵菩薩さんだけはオールマイティーでこの6つの世界全部に存在し、輪廻移動を助けてくれるちゅうことになっている。六道ガイドさんのような存在。
オッフェンバックの地獄のオルフェのカンカン(天国と地獄ちゅうやつやね)を踊る六地蔵を想像してしまう私。



ちなみにこれが天国と地獄(脳内地蔵再生でどうぞ、笑)
で、同じ地蔵菩薩さんだが各界に1地蔵菩薩が派遣されているという説と、地蔵菩薩は全ての時空に同時に存在しているという説もある。ゆうなれば、存在と移動という能力ではお釈迦様レベルでオールマイティー。それに、ほかの菩薩さまにくらべてフレンドリー感はありますねぇ。なんか千手観音さんとか忙しそうだし、馬頭観音とか日本語通じなさそうだし(笑)、如意輪観音とか鼻にもかけてくれなさそう(あはははは)ですが、地蔵菩薩さんは力はなさそうだけど、いっぱいわらわらでてきて人海戦術ならぬ地蔵海戦術でなんとかしてくれそうっていうか(勝手なイメージですが)。笠かぶしたら米俵くれそうっていうか(笑)。ていうか、私的には餓鬼道と地獄道以外はどこでも別にかまへんわ、と思う。痛いのとハラペコは嫌。できたら畜生道とかでいいわ、輪廻がそんなに悪いもんとは思えん。
くだらんこと考えてないで、さっさと移動しましょう。
善光寺の東隣にある城山公園へ

IMG_3768.jpg

長野県信濃美術館 東山魁夷館
魁夷はとりたてて飛びつくほど好きでもないんですが、
この時、特別展覧会が

IMG_3762.jpg

平木コレクション 生誕220年 
歌川広重の世界 東海道五十三次と江戸の四季
保永堂版「東海道五十三次」で多くの初摺と構図を変えた「変わり図」やマイナーチェンジされた後摺のと並べて展示してあり、めちゃくちゃおもろかったです。広重晩年の「名所江戸百景」でパリ万博にも出品されゴッホやモネなどの印象派の画家たちに影響を与えたことで有名な作品なども展示されていました。
ともかく、大ボリュームで存外時間がかかりまくりまして、疲れ果てました(笑)。あほほど美味しいものを食べた後のへとへと感に似た多幸感がある疲れです。

IMG_3764_20161121150705910.jpg

もう食べられない(ぶっ)
といいながら、東山魁夷館のほうも拝見。デザートは別腹ちゅうんですか(笑)。
確かに東山魁夷の円熟期の作品てシャーベットみたいですよねぇ、満腹でもするりと入ってウマウマです。

IMG_3648.jpg

いやはや、楽しい一日でした。
善光寺はまだまだ知らない事だらけ、信濃もしらないことだらけ、もっと色々と調べてレベルアップしてから再訪したいです。それに信濃の他の神社仏閣、遺跡と古墳も!!!
いやほんま、興味わきまくりですわ。
名残惜しいですが、帰ります。

IMG_3770.jpg

結構な混雑の道をゆるゆるとバスの後で進む。えのき氷、、
エノキ味のかき氷、かき氷にナメタケがかかっていて、茹でたえのきがトッピングされている、、
というのを想像したが、そんな筈はないわね(あはは)。
しかも”えのたん”が乗車しているらしい、、気になる。
そういえば、この前たべたシメジに同じような柄が、、
気になったのでグルグッテみたら、こんなん見つけました。



キノコキノコ、オ〜〜イエ〜〜〜
この”ニコちゃん”がなんなのかわからない。シメジのシメジイちゃんの頭にも白い物体が2つついていて寄生虫っぽいが、なんなのかわからない。えのたんの頭がぼよんぼよんしていて気味悪いです、こんなんで販促になっているんだろうか?キノコ好き(私もですが)には別にキャラクターが良いとかパッケージが可愛いということで購買欲が変化することはないと思うんだが、、。キノコが苦手な人はキャラに関係なく食わんやろうし、、。徒労?
オフィシャルウェブサイトによりますと、なんとナメタケって自分でつくれるそうです!!!ホエー。ナメタケというと細平べったい瓶に入って妙高信州からやってくる謎のヌメヌメご飯の元、そうか、つくれるんやねぇ、、とちょっと感動(笑)。

IMG_3771.jpg

なにものや
信号待ちが長過ぎだが、おかげで非常に気になる食事処発見、そして証拠写真ゲット(爆)、が、しかし工事中の中間なのとあんまし腹へってなかったので、後ろ髪を鷲掴みにされていたが(笑)ぐっと我慢して通り過ぎた。うう、気になる。さらに一路高速道路入り口に向いながらも、一茶関係の気になる施設がわんさかとあったりとか農作物販売所とか、リンゴ園とか(食えんけど撮りたい)ワナがたくさんあったが、がんばって通り過ぎた。
で、下道の最後、信濃町インター高速道路入り口直前、
道の駅みたいなのが目についたのでトイレ(やりたくなくてもだせるときにだしておこう)
信濃町総合情報センターだそうだ。カフェテリアも併設され、売店も充実した道の駅でした。

201611202013002e0.jpg20161120201321444.jpg

で、黒姫高原牧場の出店がありまして、ソフトクリーム発見。
しかも、ルバーブという文字が見えたので(ルバーブ大好き)迷わず頼もうとすると、
フレーバーラインナップに”希少種ナツハゼ”というのが目に入った。見た目はベリー系だったのでとりあえずインターネットで検索してみると(バラ科のアレルギーが酷いので食べる前に調べんとあかん)、ブルーベリーと同じくツツジ科!!!私、食べられますんよ〜。土壇場だったが間に合って急遽ナツハゼに変更してもらった。が、一応薬を用意して食べます(爆)。酸っぱい中にも上品な甘味があって、ブルーベリーとは違う風味の匂い、そして濃い。激ウマ!!食べながらさらにインターネットで調べつづけると、鹿児島県では絶滅寸前、神奈川県では危急種指定というレッドリストの植物だそうで、本当に希少種だそうです。最近ブルーベリー農家も増えているようですが、これからはナツハゼをブームが来て欲しいですねぇ。
で、やっぱり、、と言うていいほど冷たいもの一気食いに植物性ピューレのコンボで高速道路に入ってそうそうに脂汗

IMG_3630_20161121160422ca6.jpg

妙高で休憩です。妙高山が見たかったんです(←負け惜しみ)

IMG_3629_20161121160421d9b.jpg

越の中山、山は離れた所から見るのが一番美しいです。
まー、どこのトイレもほんと美しいですねぇ。
ただ、どこへいってもトイレのドアが上から下までビッチリ閉鎖されていて、ちょっと怖いです。それに狭いコンパートメントなのに内開きのドアが多くてどうやって出入りすればいいのか困ることがある(笑)。

長野日帰り善光寺参り、とても楽しかったです。また来たいと思います。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

確かに「お地蔵さん」は昔話でなじみがあるからか
親しみやすい雰囲気ですよね。

私は修羅道もご遠慮したいかも~。

「ホ○ト」のキノコキャラに対抗したのかしら??
そしてやっぱり私もニコちゃんはわかりませんでした・・・。

ナツハゼ、字面を見て最初に思い浮かんだのは
魚のハゼで(汗)。
ソフトクリームにハゼの佃煮がのっている図を
想像してしまいました(笑)。

No title

お相撲さんの横綱と付け人みたいな関係なのかな?
今では、高野山の宿坊でもお酒の提供があるようです
何か特別な呼び名があったような・・・
妙高、スキーに行きたいです~

リクさん

コメントありがとうございます
お地蔵さん、昔話効果も高いと思います。
地蔵さん、地域密着型ですよねぇ。
修羅道はほんと向き不向きなんで、入りたく無い人は入らんでもいいという世界だそうで(そんなんアリみたいです)。ま、地獄道も償うべき罪がなければ入らなくていいところだそうですし、色々とこまごまと設定がありまして、プログラムみたいですよねぇ(笑)。
ホ◯トのキノコキャラ!!!同じものだと思っていました。これは危ないですねぇ(笑)。ま、どっちもどっちだとは思いますが(あはははは)。
ソフトクリームにハゼの佃煮(あはははははははははははは)
そういえば、ソフトクリームにイナゴの佃煮というのはありますんで、ハゼの佃煮もあってもいいと思います。ナメタケのかき氷よりは食べられそうかと(笑)。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
なるほど、言われてみればそんな感じかと思います。
また機会があれば業界の人に尋ねてみます〜(業界、、あははは)。
高野山ではお酒は出さないんですよ、出るのは”般若湯”です(笑)。
去年は雪が遅く、質もナニだったそうでスキー産業は大打撃だったそうですが、今年はどうでしょう。すでにうちから見えるスキー場は真っ白になってますんで、幸先は良さそうな気がします。新しい板、楽しみですね!

No title

行きましたよ、その美術館。
アートマップを見てしまい、私はそこから戸隠の北野美術館に向かいました。
長野に行って、そばも食べずに帰ってきた男です。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
覚えてます、池田満寿夫美術館に行かはった時ですよねぇ。
私は長野市立博物館のほうに行きたかったんですが、もうヘトヘトだったのでまた次にしました。
戸隠もものすごく行きたいです。そば好きが長野にいってそばを食べないって、なにか願掛けとか拷問とかそんな感じですよね(笑)。
非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【19件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ