信州で新そば、そして酒

2016.11.25 09:00|信州
信州です。
信州と言うと味噌と蕎麦がピコーンと頭に出て来ます。
まずは昼ご飯

IMG_3716_20161120153225e8d.jpg

無事にオソクジタイムであります。
うれしいであります。
とんかつと目玉焼きがものすんごく美味しそう♪
おそばは新そば
自家製石臼挽きだそうで、ちょっと緑がかっていて透明感あり。
まるでヒスイみたいです♪

IMG_3656.jpg

善光寺仲見世通りのどまんなかにあるそば屋、丸清

IMG_3712.jpg

ま、あんまり歩き回ったりするんもナニなんで、善光寺仲見世通りのど真ん中にあるとんかつと蕎麦のお店にはいりました。てんぷらとソバは定番ですが、とんかつと蕎麦てドキドキセットです。そばが初めて文献で出てくるのが藤原公賢『拾芥抄』(南北朝時代)で、その中に蕎麦と猪・羊の肉との合食禁(読んで字の如く、一緒に食ってはイケナイ)例の1つとしてでてくる、蕎麦とタニシとか、おこわとカニとか、タコと柿とか色々ありますがそんなんです。今では理にかなっていると科学的に判明しているものもありますが、理由がサッパリわからんもんもありまして、ま、蕎麦と豚ちゅうのも噛まずに食べる蕎麦(消化に悪い)と豚(消化がもともとよくない)のを一緒に食うと消化悪いコンボで腹の具合がナニになるから止めとけ、ちゅうことですが、、。長野の場合は食ってしまっても腹をさすって「分かれて入って仲良く暮らせ」と言えばチャラらしいので(あはははははは)、ま、胃腸の強い人種が多い土地柄なのだと思います。

IMG_3719_20161120153223991.jpg

肉食獣jube、消化に悪いものは得意です。
トンカツトンカツわっしょいわっしょい目玉に絡めて食う(ぎゃおー)
たしかに注意して覚えておかんとトンカツばっかり印象に残ってソバ忘れがち(笑)。蕎麦はというと、綺麗な見た目とちがってかなりムギュムギュに腰があって、結構重い。普段黒い点々の入ったフルボディな蕎麦か、ガタではヘギ(布海苔)がはいった蕎麦を食う事が多いんですが、ガワゼロの新蕎麦って美しくて力強く、ブタに負けてなかったです。
分かれて入って仲良く暮らせ〜なでなで〜〜ヽ(´▽`*)ノ
うまかった、うしまけた。

IMG_3713.jpg

この割り箸ホルダー懐かしっ!!。昭和発見(笑)
ただし、店は激狭ギュウギュウでカオス。高校生のアルバイトのような店員さんがたくさんで、全員まったく気がつかない感じが、なんとなく食事配給所のようなムードを醸し出していました。1Fはテーブル、2Fは座敷で2Fのほうが落ち着かんこともないですが、小さい子供連れも多く座敷だけに気をつけていてもネッチリした手で触られるという事態が、、逃げられないです(運です)。ま、観光地の超絶立地でしかも値段もリーズナブルなので、落ち着いて食べられはしませんが、和ファストフード店的に非常によろしいかと思いました。なんせ近いのがええね。
飯を食ったら、仲見世から直ぐ、大本願の裏、というか西隣にある

IMG_3686_2016112015322688d.jpg

蔵元 よしのやにやってきました。
酒がのめる酒がのめる酒がのめるぞぉ〜(あははは)
無料の蔵見学もさせてもらえると(うひひひ)
西の門をくぐると、ものすんごく良い雰囲気の御庭に休憩できるテーブルと椅子があり、味噌と酒の直売店、レストランがあります。

IMG_3691_20161120153402663.jpg

蔵ってええわな。
こちら善光寺に一番近い蔵元だそうで、
ていうか、善光寺テリトリー内といって良い場所ですねぇ。
銘柄は西之門、雲山、それに善光寺みそでも有名だそうです。

IMG_3692_20161120153400772.jpg

初代の藤右衛門さんは紀州出身だそうで、なんとなく同郷って嬉しいですねぇ(笑)。で、浪人して京都へ引っ越し、京都から御本尊を運んだ大本願第百九世智慶上人に付き従って善光寺にやってきて(その時妻子は京都残留、孫だけを伴ったらしい)、そのまま善光寺に定住したそうです。寛永14年(1637年)、嫡孫の昌長(二代目)が酒造業を創業したそうです。なるほどなぁ、ドラマがあったんやねぇ。

IMG_3696_20161120153405304.jpg

公開されている醸造所は近代的なもの。
仕込の時期に見学にきたいです。

IMG_3705_2016112016175198f.jpg

で、直営店のほうに寄りますと、
試飲試食放題が(あははは)。お酒から甘酒からみそ汁やら、もー試食だらけ。
しかも、ちょうどお客さんがあまりいない時間帯だったようで(団体客が入るとエグイことになるとは思う)これも飲め全部飲めとサービス満点でございました。で、西之門大吟醸ともろみを買うたんですが、

20161120162222ce0.jpg

よしの豆
これが激ウマ!!!もっと買えばよかった、、、。
特にトマトにつけて食べるのが一番好きです。豆腐(冷・温どちらも合う)にもキウリにも、ホカホカご飯にも美味いしねぇ、やっぱりモロミとか醤油の実とかて好みなんだと自己再発見です。
つづきます♪
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

信州そば、なんででしょうね?信州に行った。というと
『そば食べに行ったんか?』と必ず聴かれますし・・・
誰が決めたんでしょうね?
まぁ、昔から痩せた(わたしも痩せたい)土地でそばしか育たなかった・・と
言うのもあるんでしょうが、現代まで美味しいそばが続いていて幸せです。
よしの豆、こんにゃくも合うでしょうか?
わたしは合うと思うんですが・・・
大本願で法名いただいてきました、ありがたいことです。

No title

とんかつと蕎麦って珍しいコンボ
割り箸ホルダー、花柄が昭和感です  
試飲し放題って、お高い物ばかり飲んじゃいそう~ (笑

No title

お蕎麦にとんかつ!
珍しい組み合わせですね。
どちらもおいしそうですが♪
あぁ、半熟目玉焼き・・・・罪なとろとろ具合です。

おぉ、またまた日本酒♪
新潟産のと比べて違いはありましたか??

もろみとか麹とか、なんであんなにおいしんでしょうねぇ。

No title

試飲だけじゃなく
試食も放題♪魅力的ですね~(笑)
飲み比べってなんか楽しいですよね♪



ハイジさん

コメントありがとうございます
信州に行った→ソバ食べにいったんか
というのは、当たりマエダの→クラッカー
のような、単にお約束なのではないかと思います。信州にそばを食べに行く人は信州を訪れる非信州人の中でかなり少ない数になると思いますし。それだけ、”信州そば”が知られているということでしょうね。そばメイカーたちのマーケティングがいいからなのかもしれません。いまでもスーパーの蕎麦コーナーのパッケージには”信州そば”と大きく文字がデザインされたものが目につきますし。
よしの豆、こんにゃくにも合います。先日大根とコンニャクと卵を茹でたのにのっけて食べました。が、やっぱり一番美味しいのは冷や奴とトマトですねぇ。キュウリにも合います。ホカホカご飯にのっけても美味しいです♪大本願、素敵なお寺ですねぇ。ありがたいですね〜。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
珍しコンボですよね!!ビックら魂消ました。
割り箸ホルダー、見たのはン十年ぶりだと思います。
高いものどころか、全ての銘柄の全てのランクを飲ませようとしてきます(笑)。高い大吟醸はもちろん普通に美味しいですが、存外本醸造とか特別本醸造にほりだしもんがあるんですわ。ま、全部飲んでみるのが一番かと(あははは)。試し飲みにはみそ汁なんかもあって、お腹たぷたぷになります(笑)。

No title

ソバにとんかつそして酒、素晴らしい好取組。
ごッつあんです。

リクさん

コメントありがとうございます
珍しい組み合わせですよね!ていうか、食い合わせ悪いので普通はあわさないんだと思います(笑)。
半熟目玉はこのプレートの中で一番の好物です(笑)。
新潟の酒よりもすこしクセは感じます、が、どこがどうって文字で説明しづらいんですが、新潟って端麗辛口志向がほとんどなんで、それに比べると辛口度は低め、それに後味フレーバーも違いますねぇ。信州の酒というと以前真澄を飲んで、今回西之門だけなんで、全部が全部ではないですが、そういう傾向かと私には感じられます。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
試食試飲大判振る舞いです、そしていい気分になったオッサンがみな”西之門”の紙袋を下げてあるくんです(あははははは)。私ももちろん同じですが(笑)。
飲み比べ、楽しいですよね〜〜〜。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
楽しい日でした♪
ごっつぁんです!
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【22件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ