善光寺仲見世通りエンジョイショッピング

2016.11.23 09:00|away-soul
信州、定額山善光寺門前町です。
ぷらぷら歩いています。ほんまにええ天気で幸せ。
それがですねぇ、予想外な事にやたらとツボな品物が目につきまして、
かなりショッピングをエンジョイしてしまいました(ぎゃはははは)。

IMG_3673.jpg

長野というと、北信安曇野発祥で有名な”おやき”
仲見世通りには店先でおやきを焼いてるお店がたくさんありまして、餡子とか野沢菜、チョコにカスタードなど色々あって迷うんですが、季節限定”かぼちゃ”おやきってのがあったので食べてみました。てっきり甘いカボチャ餡(←大好き)だと思って一口パックリと食らいついたら、

しょっぱい味噌味  (-公-;)

かなり驚きました。大体にしてカボチャと味噌というのもなじみの無い組み合わせ。なんといいますか、、美味い不味いから遠い所で、自分の想像していた味と実際の味のギャップが大きすぎると結構ショッキングですわな。はじめから味噌味のお惣菜ナンキンだと思って食らいついたのなら美味しいわー、終了、なんですが。変にドキドキしました(あはは)。

IMG_3667_201611171821073f5.jpg

このハタキが素敵♪
さすが門前町、仏具屋さんが多くて萌える。
ついつい覗いてしまいますねぇ。

IMG_3674.jpg

ナツメやセンブリも売っているし、
新潟名物かんずりもあった、、。そういえば”かんずり”って妙高なんでコチラ側もシェアしてるんかもしれんね。ナメタケの瓶詰めとかも妙高名物で、信州名物やしねぇ。

IMG_3754.jpg

九九や旬粋さんの門前鳩合わせを買いに寄ったら、
売り切れだった(チーン)
善光寺というと無宗派ですが、運営は(運営ていうたらあきませんか)住職は大勧進(天台宗)貫主と大本願(浄土宗尼寺)上人がつとめてはります。

IMG_3653.jpg

大勧進の前あたりの社務所ブースで大勧進のおぼうさんたちが天然石に1つ1つ描いて手作りしているという”ふところ地蔵守”というのが目に入りました。なんか目にパーンとねぇ(笑)。ま、本来はこちらのお地蔵さんを授かったら、お願いをしながらお守り袋に入れて持ち歩くというものらしいですが、私、一目でこのユニークな形状とマッタリ感に惚れまして、別に持ち歩かずともお願いをしなくてもよかろうよ、と1つ連れて帰る事に。
どれにしようかな、、どれも可愛いですよねぇ。
さて、ここでクイズです
私はどれを授かったでしょう?(あはははははは)。画像をクリックすると大きい写真が見られます。
さらに、歩きます。

IMG_3732_2016111722155489b.jpg

百草丸の本拠地なんで、やっぱりぎょーさんありました。
でもわたしは陀羅尼助派です。効くったら効くんです(あははは)。やっぱりご当地薬てなんか安心感といいますか、プラセボ効果満点というか(爆)。ココだけの話、うちの老犬さんも体調の悪い時に試しに陀羅尼助飲ませてみたら(体重に見合った量で)シャキっと調子が良くなったようで、ソレ以来私が陀羅尼助を飲んでいると寄って来て、なんでワシの薬飲んでんねん?って怪訝な顔してましたが(あはははは)。

IMG_3721.jpg

善光寺参りのお土産というと、超定番は
根元八幡屋磯五郎の七味ですねぇ、大門町店に買いにいきました。山門から400メートルちょい。善光寺柄のTin boxとかあって非常にかわいらしいんですが、私はあまり七味を多用しないですし、封を開けると早よ使わんと風味が抜けてくんで悩ましい。しかも、八幡屋は色んな種類の七味、というかフレーバースパイスがあってどれにしようか悩ましい。特に山椒七味と柚子七味、普通の定番七味と三倍辛のバードアイ、、、うーんと迷っていると、目についたのが、ひとふり袋!しかも充実のラインナップで、

20161118205359f19.jpg

お試しセット
ちょうどピザ一枚分ぐらい(私比)の分量のポッチリ袋が7フレーバー各4つづつ入ってまして、これで山椒ひとふりもはいってたらもっとよかったんですが、ま、七味で7フレーバーっちゅうことか。”どこでも七味”というのもあったんだけど、こちらは6フレーバー。基本全部私には丁度良い辛さ(辛いの苦手です)、BIRD EYEは3倍辛というだけあって、ちょっと辛すぎた。カレー七味もおもろいです。ゆず七味、七味山椒、粉七味の”ひとふり”は次回お参りしたときに大袋で買おうと思います。使いやすくてとても気に入りました。

IMG_3728.jpg

で、七味を買った後にその向いの信州小布施の栗菓子屋竹風堂の善光寺支店で、栗菓子を一通りバラ買いし(こちらの栗かの子と桜井甘精堂の純栗かの子が私的栗かの子同点首位)。お店のおっちゃんもものすんごく感じよくて楽しくお話して気分良く店からでると、、、
隣りのお店の表に出ているテーブルがのうえに気になる物品が!

IMG_3731_20161118164355d93.jpg

りんごの木のハンコ
枝を落とした跡もそのままに木の風合いを活かした姿に動植物や色々な彫刻が施されている。その中でフクロウ、トラフズクっぽい柄の印材が「私を選んで、、」とオイデオイデしているようでした(あはははは)。
実は蔵書印が欲しかったのでインターネットのとりずかんという鳥の柄が入ったハンコを注文しようかと思っていたところでして、とりずかんもそうですが、こちらのリンゴハンコも銀行印にも使えるそうです。とりずかんはまた今度にしといて、蔵書印ならこちらのほうが大きさもいいし、雰囲気もあるし♪
注文すれば2週間ぐらいで郵送してくれるらしい。
で、そのトラフズク柄の印材に、印象は名前とトラフズクもデザインしてもらって決定〜〜。
ちょっとびっくりするぐらい安かったので(リンゴだからか?)気軽に注文できました♪

IMG_4605.jpg

ちゃんと届きました♪(当たり前ですが、笑)しかも1週間ほどで。
ガタに越してからトラフズクとは浅からぬご縁ですし、蔵書印ちゅうことでフクロウにしましたが、植物や犬、猫、色々なデザインを注文できまして、存外後ほど郵送されてくるシステムっていうのも楽しいですねぇ。忘れた頃にやってきて妙に嬉しかったです(あははは)。
信濃というと津軽には遠く及ばないものの全国2位生産量。リンゴ農家さんが剪定した枝をリサイクルしているんだろうか?アレルギーでリンゴが食べられない私ですが、こうしてリンゴのおみやゲットでした♪良い買いもんした。

さてさて、

IMG_3651s_20161118165329092.jpg

お地蔵さま、正解はコチラ
手前から2段目の右から2段目
悩んだのがこの左隣りの美地蔵、この一騎打ちだったんですが、石の形状で軍配があがりました。

IMG_3738.jpg

ええ加減腹減って来ましたねぇ。やっぱり信州といえば蕎麦
珍しく蕎麦でもたぐってみようと思います♪
つづく〜〜

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

IMG_3729.jpg

武井工芸店


IMG_3772.jpg

竹風堂の栗かのこ
もうねぇ、栗大好きなんですわ。たまらん。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

おやきを焼いてる香りに釣られますよね
しかし、味噌味って・・・ (苦笑
土地柄なんでしょうか!?
栗かのこ、美味しそう~

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
観光地での歩き食いは魅力的ですよねぇ。おやきも煎餅もなにもかもいい匂いです(笑)。
そうなんです、これはお土地柄ですわ、信州、ガタx2(山形新潟)は味噌味が主流です。たまご煎餅も味噌味なんですわ、かなり魂消ました(笑)。堅いのもやわらかいのも味噌味のしょっぱい系は必ずラインナップにみられます。煮物でも砂糖をつかわないのが主流のようですし、ものすごく違います。
小布施といえば栗、栗を扱う和菓子屋が多くてこちらのお店も小布施のお店の支店なんですが、とても美味しいです〜♪洋菓子のマロングラッセも好きですが、最近は栗かの子にいれこんでます(笑)。
非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ