チュウハイチュウチュウハイチュウ

2016.11.24 09:00|Birding
善光寺参り中ですが、ちょっとブレイク。
新発田です。
田んぼをうろちょろしています。

IMG_6855.jpg

実は去年まで本当に知らなかったんですが、田んぼの稲のヒコバエってココまでフサフサに実るんですねぇ。しょろしょろ生えて実ってしまったのは見た事がありますが、これなら普通に収穫できるんとちがうやろか?というほど実ってます。
放置二期作とでもいいましょうか、和歌山ではあんましみませんが、高知なんかに行くと二期作をやってます。が、一期目に稲刈りした後、耕してまた水を張って田植からスタートするんですわ。こんな風に田んぼの切り株からまた生えて来た蘖がフサフサに実ってしまうというのはちょっとびっくり仰天。どうやら、このヒコバエの実りは収穫せずにそのまま耕して土に入れ込んでしまうような方向ですが、その前にハクチョウたちがお米をモリモリ食うています。ナルホドねぇ、こりゃ美味かろうよ。栄養満点。

IMG_4309.jpg

さて、この日は珍しくビュー福島潟で開始直前のトイレをお借りしました。
ちょうど、初心者向けのバードウォッチングツアーの集合時間だったようで、駐車場にはたくさんの人が居まして、ツアーバードガイドさんに注意事項など説明をうけていました。雨がちでちょっと残念でしたが、その集合している駐車場の横を走るデンセンにチョウゲンボウが座ってまして。幸先良いスタートのツアーになってよかったですねぇ。雨が降っていたので私は車で流しサーチに切り替えます。チョウゲンボウスタートということは猛禽日になりそう、、(笑)。

IMG_4327.jpg

まず伝線にびしょびしょのノスリ
雨どしゃぶりなんで雨濡れでしょうが、、まさか水浴び?
ていうか、鳥て雨の日でも水浴びやってますが、まぁ上から浴びるのと浸かってバチャバチャやるんとは質が違うでしょうが、もし私が鳥だったら土砂降りの日に水浴びってやりたないですねぇ、シャワー浴びたらもう風呂につからんでもええやん的なねぇ(笑)。そういえば、羽根繕いとか水浴びの頻度て同じ種類でも個体によってちがいますが、やっぱり性格なんやなぁと思います。しかしながら、ちゃんと適切に行なう個体の羽根はピカピカ、ズボラ個体はちょっとヨレっとしているのでやっぱり効果絶大。お肌や髪のお手入れて大事やなぁ、、と思うわけで(あははは)もちろん鳥の場合は細菌や寄生虫の駆除もあるので病気の予防などにもかかわってくるわけで、ひいては生命に関わってくるので”あはは”っていうてられんのですが。

IMG_4335.jpg

同じライン、数十メートル離れた所にハヤブサ
もちろんその間にトビは点々と座ったりするんだが、面白い事にノスリエリアはノスリがトビを追っ払うし、ハヤブサエリアはハヤブサがトビを追っ払っていました。色々領空問題があるらしい。

IMG_4504.jpg

田んぼのパイプにもノスリ

IMG_4358.jpg

マガンは少なめだが、少ないだけにオオヒシクイやコハクチョウ、オオハクチョウと混ざっているのであんまりビビらない。やっぱりハクチョウは最強やねぇ、、雁達の肝まで太くしてくれます(笑)。
で、オオヒシクイとマガンをみていると、、雁田んぼを挟んだ向こう側田んぼに

IMG_4441.jpg

ハリアーが2羽おりてきた。で、ややこしことにこの時、上空にも2羽ハリアーが飛んでいてハイイロチュウヒ2、チュウヒ2の2vs2のチクタクゲームみたいな感じでどうやらこの田んぼの場所の陣取り合戦をしている様子。
なにがこの田んぼの魅力なのかは私には分らない。隣りの田んぼも向こうの田んぼもこの田んぼも同じに見えるんだが、、。

IMG_4408.jpg

ビデオで撮っときゃよかった、、と思うほど
高速で入れ替わり、蹴散らし、また入れ替わりとやってておもろかったです。

IMG_4480.jpg

モフモフ
これで雨とちごたらねぇ、、、。ま、雨で車の窓もぴっちりしめて窓越しに撮ってたんで余計にチュウヒーズも調子こいてたんでしょうが。
いつも思うんですが、マーッシュのほうがノーザンよりもフレンドリーですねぇ。

IMG_4488.jpg

福島潟の潟水上空を見ると、さらに2羽ほど飛んでたんで、チュウハイチュウ合わせて6羽は同時に見えてました。
もちろん、トビは2桁、ハヤブサ、ノスリ、オオタカも数羽づつ、チョウゲンボウも2羽ほど出現。雨の所為もありますが、小鳥の姿は無く潟のコガモはひっきりなしに狂ってました。

IMG_4326.jpg

イタチ、、黒くて可愛い。そういえば、昔実家で良く見たのは黄色ばっかりで、当時鶏を飼っていたんですが、それをとっていくので難儀でした。
なんにせよ土砂降り過ぎてどもならん。

IMG_4564.jpg

オオヒシクイとか雁ってどんだけ見ても飽きひん。

IMG_4537_201611151506001f5.jpg

ほんま一日中土砂降りだったら諦めもつくんですが、
あいさに雨が上がったりするんで、外にでてしまいます(えへへ)

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ヒコバエって言うんですね
ほんとに立派に育ってる
土壌がいいんでしょうね~
鳥が集まって、騒がしそうです (笑

No title

もう、ちゃんとした田んぼですよね、それ。
白鳥さんが食べるってことは
ちゃんとお米が実ってるってことですし。
白鳥さんとしては、刈られるより残しておいてもらった方が
嬉しいですね♪

田んぼの魅力、是非に鳥さんに聞いてみたいですよね。
立地?土の具合?
何なんでしょうね?

No title

白鳥さんお腹いっぱい食べられてこの場所
良いですね~♪

雨が降っても水浴びするって知らなかった。
私もシャワー浴びたら風呂はもうええわ!タイプです(笑)
あかん!鳥やったら間違いなくズボラ固体やわ(笑)

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
木の切り株のよこっちょから生えてくるのも、草刈った後に横からでてくるのも全部”ヒコバエ(蘖)”でいいそうです。
とてもリッチな土壌で、特に米作には向いているそうです。それに品種改良も盛んですしね〜もうじき同じ株から何度も収穫できるような米とかもできたりして(笑)。
実は近所迷惑なぐらいウルサいです(笑)

リクさん

コメントありがとうございます
私もそう思います→ちゃんとした田んぼ
商品にならずとも自分ちで食うぐらいにはなってそうですよねぇ。でも、ガタの人て米の味には非常にうるさいのでヒコバエ米とか無視しそうではありますが(笑)。ともかく、お陰でハクチョウや大型水禽にはじまって小さいタネ食い鳥たちのごちそうになっていて嬉しい限りです。
確かにビオトープ田んぼとか無農薬農法田んぼはものすごく人気、それに耕し方にも味噌がありそうですが、ソレ以外で意味がわからない田んぼも人気スポットとかあるんですわ、推理するに一族郎党先祖代々同じ場所(昔はこの田んぼも潟の水の中だったので)がテリトリーになっていて、水が無くなった後でも座標的正確位置が好まれるとかあるんかもしれませんが、、、ほんと聞いてみたいです(笑)。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
ガタがワタリ大型水禽の大食事スポットになっているのも頷けますよね。昔はヒシとか水草を主に食うていたようですが、ある意味人間と共存なんでしょうね〜、水禽たちの楽園だったラグーンを無理に開発して水田にしてしまったわけですが、ちゃんと水禽がたべられるものが耕作されているって素敵ですよね。ゴ◯フ場とかリゾートホテルが出来るより遥かに有意義だと思います(私比、笑
)。
ねぇ、シャワー浴びたら風呂はいらんですよねぇ(あはははは)。ズボラ万歳。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ