天香山命の越後平定

2016.11.15 09:00|soul
最近蒲原平野の古墳がやたらと気になっています。
で、先日菖蒲塚古墳に行った時に、墳墓が弥彦の方向を向いていたので弥彦で確かめてみたくなりました。

IMG_5576.jpg

弥彦山頂
意識したわけでなく、たんにしんどかったんで車で山頂駐車場まで登ってきました。後でわかったんですが、紅葉と菊祭りの最中でエグイぐらいの人出でしたんで、山頂に直接来て良かったです。

IMG_5578.jpg

山頂駐車場から弥彦山頂公園(弥彦神社本殿近くから出発するロープウェーが到着するところ)まで徒歩で15分です。が、このクライミングカーを使えば1分。往復300円
ちょっとこの見た目から類推する年式を考えてしまいイヤーな汗がでたものの躊躇することなくクライミングカーへ

IMG_5545.jpg

パノラマタワーのほうも結構お客さんが入ってました。
私的には高い所が怖い、、というのはありますがそれよりもこの装置の古さが気になりすぎる。
バンダイのレインボータワーと同じ歳ぐらいだそうで、アチラのほうはスッカリ引退してしまっていることを考えるとねぇ、、。しかも、結構高速でぐるんぐるん回りながら登っていきますしねぇ。
展望食堂、けっこう魅力的な写真ですねぇ、、腹が減ってきました(笑)
去年超ガタビギナーのころにおやひこさまセットを食ったのを思い出しました。

IMG_55570.jpg

あっという間に展望台に到着しまして、現在私的流行中のカンバラ平野を臨む。
いい景色ですねぇ。風が悪かったのがあって、海側では猛禽は全く飛んでなかったです。ここは風が良いとミサゴやトビやノスリがわんさかサーマルを利用して凧みたいに羽ばたかずに空中で浮かんでいたりして、絶景です。

IMG_5570_2016110915433304d.jpg

御神廟(奥宮)まで700メートルみたいです。
ちなみに御神廟の事を尋ねたら「奥宮の事ですね?」と言いなおされました。
興味深いです。弥彦山系の山歩きルートでもありますんで、階段&舗装路700メートルの間にアルプスにも登れるレベルのガチガチの高級ブランド登山ウエアの所謂”大人”女性、流行の山ガールちゅうやつらしいですが、達が両手にもったストックをガッシガッシとつきながらエラい勢いで登って行ったり降りて来たりするのとすれ違ったり、かといえば、ヒールにワンピースに真珠の首飾り&スーツ+ネクタイのカップルだとか、パンプス履きのアーバンファッションなオバさんグループだとか、長靴にタオルの近所のオジさんだとかとすれ違いながら、エヌワッチケーやらガタテレビなんかのアンテナの横を歩いて行きます。

IMG_5558.jpg

御神廟
右手には御神廟詰め所があって、お札なども授けてもらえます。
確かに御神廟という扁額のかかった鳥居から見ると南南東にある山頂部分がモッコリと円墳のような形状になっている、、。
で、神廟内に入ることができる、というのはなんとも畏れ多い気持ちになりかけたものの、神廟内では服装はまったくアウトドアではないお湯沸かしてカップ麺作って食っている60代ぐらいの両親とその息子らしき3人組やら、レジャーシート敷いて弁当食ってる私よりも歳上だと思われる”山ガール”グループやら、裸足で変な踊りを踊ってトランス中のお兄さんとか、かなり不思議系ピクニックエリアな、、(滝汗)。
神廟というと神を祭る御霊屋、廟ちゅうのが霊をお祀りする所なので、仏教徒でいうところの”仏壇”の中と同じようなもんかと感じて神妙になるんですが、、、
仏壇の中で肉うどん食うんか!!!!と、ものすごくツッコミたくなりました。
まあねぇ、ガタルールちゅうのがあるようで、王墓もただの墓、”ご神体”も只の山、登ってハイキングして飯食う所のようでして、、。この延長上に修験の聖地、霊山で立ち小◯に繋がるように感じられるんですが、、なんか合理的というか、あんまり神仏への畏れとかない、全く無いですよねぇ。でも、神様と人間が近い場所なのかもしれませんね。所謂超平等、言い換えると区別がつかないというか、。ともかく、自分の目で見てもかなり理解ができない不思議な感じです。
ちなみに下山してから数少ない知り合いガタロコたちにそこら辺の事を尋ねてみましたら、全員「そんなの気にしたこともないよぉ」でした。気にしていない、もしくは全く知らない、というのが本当の所なのかもしれません。知ればそれなりに敬ってくれるかもしれません。
詰め所横の鳥居をくぐってぐるりと対面するように真逆の位置を向いてたつのが

IMG_5566.jpg

御神廟
扁額は”天香語山命”
彌彦神社も出雲と同じく二礼四拍手一礼、かなり強力。
サックリ説明すると、天照太神の孫神・饒速日尊(ニギハヤヒ)と、天道日女命(アメノミチ)との間に生まれたアマテラスのヒマゴ神で、父神・饒速日尊の天孫降臨に従った32柱の1柱で紀伊国の熊野邑(和歌山県新宮/熊野)に住んではりました。和歌山では超有名神の一柱です。で、神武天皇が熊野に御幸されたときに、巨大熊の毒気にあたって失神、布都御魂剣(フツノミタマノツルギ)で毒を祓って名をあげたと。で、その後、神武天皇の勅命で、越後国(新潟県)平定に向かう。国上山のあの即身仏のある西生寺付近野積浜に上陸されたそうです。あんまりガタってまつろわぬ民の伝説関係がのこっていないんですよねぇ、御霊系もあんまりないし、、隣りの信濃とものすんごい違いを感じます。信濃が激戦区すぎたのか、それともそれともって、色々と妄想が止まりませんねぇ。当時カンバラ平野の王達ももう廃れてしまっていたか、アッサリ服従したのか、、また調べてみたいとおもいます。ともかく、ちゃんと調べていない状態ではペラっとした勝ち組オモテ史ばかりですが、製塩の方法や網の製作方法、網を使っての漁、さらに農民には耕作の方法を伝授したりして越後開拓使長官アマノカゴヤマ神、非常に敏腕だったようです。

IMG_5567.jpg

御神廟の中心の鳥居から見えるのがパラボラアンテナなんでちょっとナニなんですが(合理的すぎて泣ける)、ともかく、パラボラとかアンテナとかレーダーとかは無いもんだとして、磁石でみると、
やっぱり多宝山のほうに向いていまして、そのまま真っすぐに菖蒲塚古墳の方向です。

IMG_5701.jpg

古墳方向からみるとこんな感じ、、
ま、たしかに弥彦がズッポリと隠れているので多宝山か弥彦山かは微妙な所ですが、、
形状的にも多宝山のほうがなんか”匂う”んやけどねぇ、、
いま、あっちゃこっちゃ文献を掘ってますが、状況証拠的なもんしか出て来ないんで、、、
妄想やりほうだい状態です(あはははははは)。
たっぷりと脳みそ使った所で、展望台に戻りまして、

IMG_5552.jpg

展望レストランで日本海夕日ラーメンを食べました。
クライミングカー乗り場でみた写真と同じやん!!!(笑)。
塩(日本海の潮)ラーです。
エビ煎餅が夕日、おやひこ様ウサギ、そして舞茸の天ぷらは、、もじゃもじゃ(笑)
バターとレモンがついてきましたが、無視(爆)
美しい大パノラマ景色を見ながら美味しく食べていますと、店内に有名人の色紙があるのが目をひきます。で、よく見てみれば、なんと

IMG_5554.jpg

金田一京助博士もいらしてるんです!興奮
探偵ではないですよ、アイヌ語研究や国語辞典で非常に有名な民俗学/言語学博士です。博士の著作には本当にお世話になっております。
デザートにおやひこセットが食べたい、、とおもいましたが、
あれはお祝い限定セットだったようです。現在はやってない。
甘いものが食いたい、もちろん併設のみやげもん屋に甘いもんは売ってますし、スナックバーもあるんで餡団子だとかソフトクリームなんかもあるんですが、なんかちゃうのよ。
ふと、パンダ焼きが食いたくなりまして、弥彦駅のほうに下山、、
弥彦駅が近づいてくるとやたらめったら混んでいる、交通整理も出てまして、なんか事故とか工事でもやってるんかと(ボケてます)おもいながらもアッサリ到着し、アッサリ駐車しまして(単にラッキーだったようでした)、

IMG_5581.jpg

分水堂菓子舗
ここのパンダ焼はけっこう有名です。
一家族10個まで、と数量制限があるぐらいの人気商品

IMG_5583_20161109171917a7c.jpg

これまた運良く誰も並んでませんで、
こしあんと栗あん2個かいました。
チョコ、カスタード、えだまめ餡、キャラメル餡、チーズクリーム
茶色いパンダもありますが、お勧めは白です。

IMG_5586_2016110915440110c.jpg

これこれ、ガワが餅っぽいんですわ、
でもネチネチべたべたしてなくて、
さらりとモッチリ、、そしてよくのびるんです。激ウマよ。
2個食べたら腹一杯になりました(あはははは)。
なんか色々受賞してるぐらい評判いいお菓子だそうです。確かに素晴らしい。
で、パンダ食った後にヤホール(弥彦観光協会の建物)でトイレを借りると、なるほど、紅葉祭りと菊祭りの真っ最中で観光客がうじゃうじゃしていました。紅葉撮りの人もうじゃうじゃ(あはははは)。混んでましたが、パンダも私が買った後で行列ができはじめていたりとか、駐車場も行列ができてたりとか、結構ラッキーでさくっとやりすごせました。御神廟で神妙にお祈りしたのでご利益あったかな(あはは)。
いい日でした。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

何とも時代を感じる乗り物ですね
確かに心配になります
くるくる回る塔もありましたよね
琵琶湖タワーもそうだったかな?!
日本海夕日ラーメン、ありガタや~的な食べ物 (笑
ガタ食って、独特ですね

No title

この間、(パンダ焼き)の前を通った時も、誰も並んでいなくて。。。

逆に、、(買わないで)通り過ぎました。
人間って、不思議なもので混んでいると並びたくなるものなのかな?

No title

クライミングカー・・・・
えげつない角度ですね。そして年代物となると
やはりいろいろなことを考えますよね。

神廟の中で・・・いろんなことが行われていたんですね。
さすが新潟といいましょうか。
いいのかしらん?新潟の神様は結構ゆるいのかしら??

看板に偽りないラーメン、素晴らしいです。

栗あんLOVE♪

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
でしょ、外から眺めているのはとても懐かし嬉しいですが、実際乗るとなると高所苦手症な私的にはドキドキです(笑)。
そうそう、クルクル回る塔、全国で流行ったようですが、こちらのは未だに健在です。お弥彦様のご神体でもありますし、日本有数の龍穴らしいのでこういったモノまで傷みにくいとか、、(ないですか、あはははは)。
ガタ食は関西人にはかなり”特殊”ですわ。でもここらへん一帯では”普通”だということが最近わかりました。そして村おこしで考えすぎてちょっとあさってのほうに行ってしまう傾向が(笑)。

アイハートさん

コメントありがとうございます
私などは並んでいる人が多いとあっさり諦めてしまい、並んでいないとさして欲しく無くても食べておこうかと思ってしまいます。人間、というよりは個人の傾向と県民性なども多分にあるかと思います。ざっくり言ってしまうと、関西人は並ぶのは苦手だと言われているようですし、関東人は並ぶのがお好きなようですね。

リクさん

コメントありがとうございます
そうなんです、いろいろなことを(笑)考えてしまうんです。乗っていてもガタッって何かに引っかかったりするたんびに背中に変な汗が流れました(笑)。
そうなんです、神廟の中でなんです(滝汗)。ま、ええんでしょうねぇ。私は自分のポリシーというかガイドラインがあるので、”みんなやってるから”といってもやりませんが。自分一人きりになっても長いもんに巻かれませんねぇ。バチウンヌンというよりも性格でしょうが(笑)。ま、日本の神様も時代に巻かれつつあるんでしょうねぇ。かなり悲しいです。
ラーメン、見た目のインパクトはすごいですが、味は至って普通で食べやすかったです。味に凝っているものよりはハズレないですね(笑)。
このパンダ焼き、いちばん人気は枝豆のずんだ餡なんですが、回避しました。枝豆もビールのアテで2、3房ぐらいはいいんですが、どっさりあったりすると気持ち悪いです(あはははは)。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ