ハクチョウも色々

2016.11.13 09:00|Birding
ヒョーコです。
これからの時期はなんといってもコハクチョウ、オオハクチョウの朝の出勤デパーチャー風景を観るのが楽しいんです。日の出前に到着すると、すでにポキモンがゴーな人がいっぱい居ました(ヒッ)。朝5時からポキモン、、ゲームやってすら勤勉(爆)。
この日、ナキハクチョウとオオハクチョウ足して4112羽

IMG_5102.jpg

ウィスリング(アメリカコハクチョウ)が1羽まじってた♪
サイズはベゥイックスよりもちょいデカイぐらいだったので、Bewick'sxWhistlingかもしれん。
日本(Old world)に居るコハクチョウはベゥイックス(Bewick's swan)で新大陸(New world)にで見られるコハクチョウはウィスリング(Whistling swan)、黒い嘴の目元に黄色いチボがちょっとあるだけ。この個体はチボ的には大きいが、これぐらいデッカいチボのついたウィスリングもちょくちょく見られるんで、ま、懐かしい感じよ。



ベゥイックス(Bewick's swan)
ガタでうじゃうじゃ見られるのがこちらのコハクチョウ
ま、ちなみにガタではオオハクチョウもコハクチョウも全部ハクチョウで混ぜて勘定されてしまっている。



ちなみに新大陸ではデッカいナキハクチョウ(Trumpeter swan)ちゅうのがこれまた嘴真っ黒なのでトランペッターとタンドラがヤヤコしいんだが、こちらでも大きいオオハチョウ(Whooper)とタンドラ/ベゥイックス(Tundra/Bewick's)が見た目ヤヤコしいことになっている、、ま、、ハクチョウ的には生息域と姿の類似性ちゅうのは利点が色々あるんかなと、、(笑)。



オオハクチョウ(ウッパー)
結構ギザギザしているのでごっつい葉っぱでもひきみしって食ってます。
魚も食うたりするしねぇ、最強です。ていうか、私が愛読している参考書にはハクチョウたちは幼鳥の頃には魚や動物性のタンパク質を積極的に摂取する個体もみられるが、アダルトはベジタリアン(しかもgenuine vegetarian)で、ほとんど幼鳥でも草に混じる虫などで十分事足りるので敢えて動物性のものは食べようとしない、、ってな事が書かれています。



でも、ぐいぐい魚食う成鳥を目撃したことがある(100%野生です、もちろん)
なにごとにも例外があるちゅうことか、もしくはナキハクチョウが進化しているのか、もしくは地方によって違うのか。面白いこってす。
そして、ヒョーコのハクチョウたちはポン菓子とパンを食う。ま、既に飛べるようになっている水禽が白パンくってもエンジェルウィングになることもないですし(翼デベロップ中の幼鳥水禽に白パンは厳禁)、ま、ええんですけどね。なんせ、ズボラです。

IMG_5211_20161108162035726.jpg

特に、朝日がすっかり出きっても、田んぼに行かずに観光客にポン菓子をねだっているのはほとんどオオハクチョウ。
体のでかさと比例してズボラになるケースが目立つような気がする、、。

IMG_5111_201611081621166b7.jpg

ともかく、ほとんどが日の出とともに田んぼに出勤していきます。
コハクチョウは家族親戚またいとこぐらいまでのグループでおることがおおいですし、かなり大家族な感じになってますが、オオハクチョウはヌークリアーな核家族でペアか、ペアに子供付き、もしくはバーチェラー数羽で数少なめで好きにやってます。

IMG_5136.jpg

あ、なんかへんな鴨が居る、、
マンキーか?(家禽とマガモのハイブリッド)と思って、興奮ドキドキしたが、
近くに寄って来たのをみたら、

IMG_5171.jpg

家禽でした(笑)かなり美味しそう。
でっかくて食べる所が多そう。クリスマスのごちそうか、、。

IMG_5167_201611081621120db.jpg

ふつうの家禽(シロアヒル)
モルテンではない(モルテンはアヒルではなくてガチョウ)
このシロアヒル、よくヒョーコにてみかけるんだが、存外シェイプアップができているようで鳥屋野潟に飛んでくるのを見ます。ま、このシロアヒルなのか別んところから来たシロアヒルかはわかりませんが、シロアヒルであることに変わりなく、見ているだけでも100メートル以上遠いところから飛んでくるんで、川づたいに泳いできているっちゅうことではないと思う(ま、川や潟、池などを利用しながらちょぼちょぼ飛んでくるんかもしれんが)。

IMG_5182.jpg

あいかわらずカワセミもちょろちょろと飛んでいる。
3羽居った。

IMG_5178.jpg

オオバンの足はニシキギみたいです。
オオバンとバンて似たような感じですが、足を見るとオオバンはgrebe(カイツブリの類い)のような感じで、バンはrail(クイナの類い)みたいなんですよねぇ。えらいちがいです。

IMG_5207.jpg

近くで水禽が見たいんなら、瓢湖が一番イージーでしょうねぇ。
ハズレなしで、いつもなんかかんか居てますし、
水禽の顔写真が目ん玉の中までビシーっと撮ってみたいって人にはここやろかい(笑)。
ポン菓子が100円で買えますんで、近くにおらんかっても販促技ですが近くに寄ってきてもらえます(笑)。
ま、ぬるーい感じのバーディングもええんちゃうのん(あははは)。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

4000羽超えですか~。
白鳥まみれですね(笑)。

白鳥さん・・・・できればベジタリアンであって~。
もうすでに真実をたくさん知ってしまったけど?!
やっぱり白鳥のイメージは「麗しい」のよ~私の中では~(笑)。

ポン菓子、私もすぐに近づいて行きますよ~♪

No title

ヒョーコと聞くと冬が来たと感じます
白鳥も魚食べるんですね
オオバンの黒にブルーが綺麗です

リクさん

コメントありがとうございます
去年も今頃は同じく4000ほどで、2週間後の最終週には一万超えしたので今月の動きが非常に楽しみな所であります。
そうなんです、ハクチョウはベジタリアンであってほしいですわ、、。ま、チャイ子の所為ではあるんですが(あはははは)。
ポン菓子、最近また人間用も流行ってきてますよね、ポン菓子がずらーっとならんだ棚も最近できて驚いています。なにか体にいいとか???

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ヒョーコでもハクチョウとともにやってくると言われました(笑)夏もけっこう遊びにいってるんですが(あはははは)。
白鳥も肉食するようですが、、一応やらないことになってはいるようです(爆)。
オオバンという文字が自分で書いてもオバハンに見えて見えてどうしようもないんですが(笑)。
オバハンはナニですが、オオバンはとっても美しいんです。そして黒い鳥ってよく見て光の角度を変えるとものすごーーーく美しいんですわ。撮りにくいので撮るのアレですが、見るのは萌えます。

No title

今年も白鳥の季節がやってまいりましたね。
少し前に新聞だったかの記事で田んぼでおじいさんに毎年
えさを貰っていたんですが、今年からおじいさんが
デイサービスに行くようになって、白鳥がポツンとひとり
田んぼで待っている。と言う記事でした。
おじいさんを忘れない白鳥、LOVEです。

ハイジさん

コメントありがとうございます
白鳥の季節ですね♪
こうして野鳥保護意識の無い、啓蒙もされてなかったフリー餌やり時代の人々が減って、
順次野生の生態系が戻っていくのかと感じます。
なんとも奥が深い報道ですね。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ