本所回向院にてにゃにゃ文半

2016.10.31 09:00|away-soul
神奈川宿紀行第十九話江戸篇

IMG_2818.jpg

本所回向院にやってまいりました。
ねこさんがわらわらと出て来ました。
足袋のサイズはにゃにゃ文半でしょうか?(あははは、古すぎて誰もわからんって)

IMG_2793.jpg

実はぐるぐるマップのナビゲーション(いっちょまえに無愛想な女性の声でしゃべってくれます)の通りになんも考えずに歩いてきましたら。確かに辿りついたんですが、山門もなけりゃ鉄格子のゲートがあるだけで、これはさすがに本所回向院なんで、今でも死体がポッと投げ込まれるのでは、と、あらぬ妄想をしてしまいましたが(笑)。目の前に目的のお墓が見えてますんで、仁和寺の和尚じゃあるまいし、ここで入れなかったから帰ろうってわけにはまいりません。どうしよう、、と、キョロキョロと辺を伺う。めっちゃ怪しい婆やん、ゲート飛び越える気かっ?って、違います、誰かおらんかなーと(普通そうですわな)、すると近くの工事現場からセキュリティーの人が出て来たんでとっつかまえて、どこから入ればいいのか?と尋ねたら、そこ(大徳院の角)を右に曲がったら正面玄関だと教えてくれました。

IMG_2796.jpg

言われた通りに角を1つ曲がると、確かにありました。

回向院正門跡、、、(-公-;)


”跡”やん!!!現在幼稚園で一般人は入れなさそうやし、ていうか幼稚園閉ってるし。
江戸時代は両国橋に向かって正門が向いていたそうで、、今まで文献で読んでいる分にはピンと来なかったが、、こうして両国橋から渡ってくると隅田川がこの回向院の禊ぎ/回向院に封じられている霊たちが出て行けないようにする結界のように見えてきますねぇ。
よく神社仏閣の入り口に川があって橋がかかってますやん、アレが隅田川と両国橋っていう雰囲気なんですわ。
ともかく、回向院に入れない、、、どうしよう。
とりあえず、このブロックのぐるりを歩いてみようと、、

IMG_2801.jpg

諸宗山回向院
ありました、京葉道路沿いに、、
まぁ、そりゃ現代ですもん便宜的に大通りに向けて山門を設置してるっちゅうことは想像すればまぁフツーな感じですわ。ま、遅かれ早かれ気付いたとはおもうんですが、ま、くるくるナビも所詮は機械なんで細かい事はわからんわな。
ともかく、ここから入山しまして
すぐにあの足袋履いたハチワレ猫さんにご挨拶してもろたんですわ。
最初に回向院に実際にいきたいと思ったのは、随分昔、お七と同じ年の頃に振袖火事を題材にした小説を読んだときです。あれから随分経って私もお七のオカンよりも遥かに歳くいましたが、漸く実現。本所回向院、もうそれはそれは江戸をやっつけてると頻出ロケーション、最近読んだ小説達にすらやたらめったら出てきまくりまして、もぅ、これは呼ばれてると言うていいでしょう(笑)。

IMG_2838.jpg

ビルの谷間にうもれてる、、
振袖火事/明暦の大火(1657年)の焼死者10万8千人を当時の将軍徳川家綱の命令によって葬った万人塚が寺のスタート、そこから始まって安政大地震死者、水死者、焼死者、刑死者、遊女、無縁仏、あらゆる宗派宗教、さらに種も超えて全ての生あるものがこちらで供養されています。なので軍用犬・軍馬慰霊碑、猫塚、唐犬八之塚、オットセイ供養塔、犬猫供養塔、小鳥供養塔」、邦楽器商組合の「犬猫供養塔」(三味線の革の供養)や個人ペットの墓なども多数ある。まさに、日本やなぁ、、と感じるお寺さんです。歴史的には比較的新しいお寺ですが、供養されているお魂の数がものすごいです、魂/年で換算したら日本一なんではないだろうか、、。
全体的にざっくり手を合わせて冥福をお祈りしまして、
そして、目的の

IMG_2851.jpg

京伝先生のお墓を拝見
「岩瀬醒墓」(山東京伝/岩瀬京伝)、「岩瀬百樹之墓」(京伝の実弟・京山)、「岩瀬氏之墓」(実父、伝左衛門)
墓石の銘文は京山の自選自書。お墓の写真を撮っていたら、回向院の寺男さんらしき人がひょいひょいひょいと私の方にやってきて、東京都教育庁が作成した都指定旧跡の岩瀬京伝・京山墓のポストカードをくださいました。壁に耳アリお墓にメアリー
色んな意味で怖嬉しい(あははは)。

IMG_2905.jpg

山東京伝は江戸後期の戯作者/浮世絵師で、松平定信の寛政の改革で黄表紙の恋川春町、版元の蔦屋重三郎などと一緒に処罰された江戸のセレブ(笑)、深川出身で歌も詠めるし絵も描けるフィクションもルポもエッセイも書ける万能の流行を牽引するライター。当時最先端ナウを発信してただけあってものすごくキャッチー。日本で初めて原稿料をもらった職業作家というのでも有名です。やっぱりご当地作家ですねぇ、この後もやたらと京伝作品が目につきました。

さて、動物のお墓がとっても気になりますが、
ネコとネズミの墓を並べるのはいかがなものか(笑)

IMG_2829.jpg

鼠小僧次郎吉のお墓です。
36歳で小塚原処刑場(現在の南千住の回向院別院)で刑死しているんですが、なんせ戯作、狂言歌舞伎や小説にもでまくりの人気キャラクターになってしまいましたんで、こちらに供養墓がつくられたそうです(通常刑死者は墓にはいれない)。で、この供養墓は別名「欠き石」と呼ばれていて鼠小僧の墓石を欠いて財布に入れたり身につけていたりすると、金回りが良くなるとか持病が治ると言われて、削られ続けて、その度に本願した人々の寄進でリニューアルし、こちらの供養墓で数百墓目だそうです。現在では墓石を削るのは禁止されていてかわりに「お前立ち」が設置されていて、こちらを削るというシステムになっている。なかなか簡単に欠ける石でもないので、がんばらないといけませんが(あははは)。
鼠小僧の左となりに見えている「猫塚」、猫のお墓です。
落語『猫の恩返し』で有名な恩返し猫さんは実在の猫で、その墓石がこちらの硝子ケースに保護されているもの。落語では3両ですが、こちらの立て札には2両となっておりました。実在の猫の墓としての貴重な文化資料です。猫好きには必詣のお墓かと、、。

IMG_2828.jpg

亀学 井田長秀之墓
備中松山藩士のようだが、ココに墓があるということは江戸住みの方だったのか、、全く持って不明。
それ以上に亀学ってナニ?
動物学的に亀を研究していたのか?もしくは亀は万年というので長寿の秘訣を亀からアプローチする学問だったのか(今適当に作ったのでそんな学問があったのかどうかは不明、笑)、もしくは亀といえば亀甲占なので占星陰陽的な学問だったのか、、。
まったくわからんけど、もっそい気になる。亀がかわいい。
私もこうして◯◯の、とつくようなライフを送りたいねぇ。一本立てのオタクにあこがれますんですが、なかなか1つにフォーカスできないぃいい。

IMG_2837.jpg

塩地蔵
願い事をして、叶うと塩を供えて御礼する。
色々と非常に興味深い事柄が伺い知れる回向院でございました。
ああ、南千住のほうにもまいりたいです。あっちは刑場直属でゆうても安政の大獄橋本左内・吉田松陰・頼三樹三郎、有名犯罪者「毒婦」と云われた高橋お伝などが葬られておりまして、1771年(明和8年)に蘭学者杉田玄白らが刑死者の腑分け(死体解剖)に立ち合ったことを記念した1922年建立の観臓記念碑(建立は1922年)などもあります。
大変有意義な時間をすごしました。合掌

1225483803.jpg

Happy Halloween! 
どんなカタチであれ、先祖の霊/死者を敬うことは良い事だと思います!

さて、両国ですんで絶対外したくないところが、歩いてすぐ!
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
東海道中膝電車スキマ旅19
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

鼠小僧って、実在の人物だったんですね
知らなかった~
あっ、爺ちゃんが帰って来た
嬉しい~

No title

ぐるぐるマップ、私もよく騙されます(笑)。
無事に辿り着けてよかったです。

オットセイの供養塔があるんですね!
日本人の生活にあまり接点がなさそうなのになぁ。

Happy Halloween!
十兵衛くん、お久しぶり♪

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
まぁ、話はかなり盛ってますので(笑)すが、コアのところは実在の泥棒です。
今もそうですが、実在のリアルタイムで知っている人物の実話の舞台化映画化てもりあがるので、それこそ当時はどれだけ売れたことかとおもいます。
久々にアイドル(目隠しで匿名にしてあるんですが、あはははははは)登場願いました。

リクさん

コメントありがとうございます
ぐるぐるまっぷ、ざっくりとはオッケーなんですが詰めがあまいんですよね。特に博物館や公園などで正面ではないところから無理矢理アプローチさせられることは多いです。とはいえ、地図と磁石で行き着くよりは時短になりますんで感謝しています(笑)。
オットセイ、日本人でなくても全世界でオットセイに接点のある生活をしている人はかなり少ないとはおもいますが、日本でくらしたオットセイが供養されているんでしょうねぇ、特にオットセイというと水族館や動物園などで芸を披露して人気者になった個体も多いでしょうから、名前がつくと情もできて、やはり残された飼育者やファンは供養したくなるというものなんでしょうね。日本らしい流れだとおもいます。
ハッピーハロウィン、渋谷のほうはえらいこっちゃになってたみたいですねぇ、
人だらけなテレビのニュースで見てゾっとしました。
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ