狐の巣ー佐助稲荷神社

2016.10.19 09:00|鎌倉
神奈川宿紀行第十話
鎌倉うろうろしております、
鎌倉宮、鶴岡八幡宮、御霊神社、佐助稲荷神社、宇賀福神社江島神社
そういえば昨日、ブログをアップしてから白蛇ゆるキャラを考えていたんですが、宇賀神ってそのまんまでゆるキャラっぽいですよねぇ、奈良の大仏の頭に鹿の角がはえたキャラとどこが違うねんって、、もしかしたら宇賀神も産まれた当時は当時の女性に「カーワーイーイー」とか言われていたゆるキャラだったのかも、、(ぶっ)

IMG_2570.jpg

鎌倉総社 佐助稲荷神社
銭洗弁財天宇賀福神社から5、6分ほど歩くと佐助稲荷に到着しました。裏から山道でも繋がっているそうですが、それは”参詣”からズレますので正面から攻めます。
宇賀福神社もある意味、ギョっとする怪しい入り口だったんですが、こちらもかなりのもんです。両サイド民家でギリギリなアリーが参道。
源頼朝、当時の佐(すけ)殿=右兵衛佐(うひょうえのすけ)を助けたイナリさん、で、佐助稲荷という名がつけられた(看板にも同じような意味の御由緒が書かれてあった)。ご当地セレブの源頼朝の縁も縁、めっちゃ助けてる神社やのに、この地味さって、なんか微妙に頼朝ってセレブやけどあんまり崇敬されてない?

IMG_2571.jpg

朱の鳥居が並ぶ坂道参道を登っていきます。
ものすごく細くて狭くて、低い鳥居、、。
蚊だらけやし(とほほ)

IMG_2584.jpg

佐助稲荷神社
とても雰囲気がありフォトジェニック、素敵な社です。
私的には好み。好みなんですが、、
伊豆の蛭ヶ小島に流されていた頼朝が病気で寝込んだ時に、「かくれ里の稲荷」と名のる老人が夢に出てきて、平家討伐の挙兵をうながしたそうだ。銭洗宇賀福神社につづいて、また夢枕。ま、夢って事にしているだけで、こちら佐助地区のゴットファーザーが蛭ヶ島に連絡してきて、うちがバックアップするから挙兵しなさいと言った。もしくは、蛭ヶ島に居ながら、鎌倉の佐助地区の「かくれ里の稲荷」を名のる地元の元締めにスポンサーになるように打診したのが成功した、というような事やったんではなかろうかと思う。そんで、タニマチのかくれ里の稲荷翁の恩を忘れないようにとこちらの稲荷を祀ったと、、。御霊神社も宇賀福神社でも思ったけど、恩返しがケチくさい。新潟長岡の宝徳山稲荷大社ぐらい派手にお祀りしてもいいレベルの恩なんではないか?いいくにつくろう鎌倉幕府よ、征夷大将軍になったのは地元のサポーターのお陰やったのに、なんかショボイお返しという感じがなきにしもあらず。もしくはほんまに頼朝自身は財がなかったか、もしくはだだのケチか(ううう身もふたもない)。



タイワンリスが居ました。まったく有り難く無い外来種です。
狐はなにをしているのか(笑)
山の中腹にこっそりとお祀りされている感があります。
ほんま、こっそり。

IMG_2591_20161014165007c88.jpg

境内鳥だらけで双眼鏡がほしかったのなんのって(笑)
ただ、蚊がおおすぎてじっとしているのが無理。ワタリの時期とかめちゃくちゃおもろいんではないだろうか、佐助稲荷のアナザー楽しみ方。

IMG_2589_201610141650030ba.jpg

霊狐泉というのがありました。
その横に謂われの看板があった

IMG_2587.jpg

万治二年(1659年)江戸時代、江戸城が竣工した年ですねぇ。
源十郎弥十郎事(佐助稲荷霊験譚)とありまして、魚行商人の源十郎という男が、由比ケ浜で犬に襲われていた狐を助けたと。で、その夜に夢にその狐が現れて、魚の行商を止めて佐介谷(この佐助神社があるあたりの土地)で蘿蔔(らふく/すずしろ/大根)を作ったら幸せになるよ!とお告げをした。で、源十郎さん、お告げのままに佐介谷で大根を作ったと。そしたらその年の冬に鎌倉全域を疫病が襲いまして、死者もでてくるほどの猛威をふるった。すると、ある人の夢に神様が現れて、佐介谷の源十郎の大根を食べれば治るとお告げをしたと。で、源十郎の大根を買って食べてみると本当に病気が治ったそうで、口コミで源十郎大根の噂が広まり、売れまくる。売れると大根の数も減りますわな、すると値が上がる(市場の法則)ということで、源十郎ボロ儲けして、大金持ちになって、ここの稲荷神社の社を建てたと。
 って、、、頼朝が建てた社とちゃうんか?!(笑)。現在のこのサイズを建てたというからにはもともとの頼朝が建てたサイズはどんだけちいさかったんか(汗)。それに、疫病で苦しんでいる時に薬になる大根を売って儲けるってちょっとナニな儲け方よねぇ。しかも、大根の数が少なくなってきて値が高騰って、値ぇつりあげとるやん、イヤー、火事場泥棒。その病人の枕元にたった神さんて、狐が化けてたんとちゃうん?って思ってしまうんやけど。まぁ、栄養事情とビタミン不足の時に大根って普通に良い食品やん、疫病って風邪やったんとちゃうん?風邪に大根って効くし。ほっといてもダイダウンするようなもんやけど、治る患者にいいタイミングで治りかけに大根でレイゲンアラタカってなぁ、、。これって堂々と書いて胸張れるような話ではないように感じてしまう。ともかく、由比ヶ浜で砂鉄を密漁していた非人(いなり)を下っ端役人(犬)が捕縛しようとしたかしているのを源十郎が匿って助け、助けられた非人組合が魚の行商を元手に農作をしようとしていた源十郎のバックアップした、ちゅうような話がほんまのところとちゃうんかなぁ、、と想像してしまいます。まぁ、自然発生のインフルエンザを利用したのか、普段から冬場は風邪っぴきやビタミン不足で病気になる人も多かっただろうと容易に推察できるから、そこらへんの知識を有効に利用して大根、となったのか、、はたまた少ない井戸に少量の丹(水銀)でも混入させたか、、、いなりの民なのでそこらへんのさじ加減も分っていただろうしねぇ。妄想はつきません。

IMG_2576.jpg

境内、雰囲気は大変いいです。
写真撮るの楽しい、、なんともビミョーな気分で微妙に心にはしこりがあるけどねぇ。
ちょっとナニな手段で儲けた源十郎、狐の所為にすなよ、、

IMG_2579.jpg

狐達は、ひそひそ話しているように見えました。
目つきが悪いもの(あはははは)。

IMG_2580.jpg

佐助稲荷神社
非常に面白かったです。
鎌倉、興味が尽きないどころか更なる興味が沸いてきます。
つづく!
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
東海道中膝電車スキマ旅10
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ちっちゃいキツネがいっぱい~
お供えして、祈願するのかな?
ほんま、蚊~が多そうな雰囲気です

No title

狐さんたっぷり。
恩返し話はたくさんあるんですね。
でも、「大根作ったらいいよ」って言われたら
「へ?大根??」ってなっちゃいそうですけど。
源十郎さんの心の綺麗さゆえの大成功なんでしょうね。
私なら病で死んでるパターンですな(笑)。

No title

すっごい雰囲気良いとこですね♪
蚊が多いのは嫌ですよね。
集中でけへん!!

狐がいっぱい!!
ど~んよりした天気の時に見ると
ちょっと怖いような(笑)

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
社務所で狐さんを授与できます。初穂料は忘れましたが(笑)。
この伝説というかご由緒のまま、仕事運に効果あるそうです。もしかするとスポンサーゲット運とか上がりそうなので商売人やスポーツ選手や芸能人の方に有効かと(笑)。
めっちゃ蚊だらけでした。

リクさん

コメントありがとうございます
まぁ、世界各地に恩返し譚ありますが、たいてい人でなくて動物や化け物になるのは暗喩でしょうねぇ。匿名希望さんか、個人情報公開するとさしつかえのある人らの恩返しや恩をうけたんでしょうねぇ。行商してお金を貯めて起業というのは昔からよくある話ですわ。特に移民にみられる傾向ですね。なので、源十郎さんもひょっとしたら他の地域からの移民か山の民だったのかもしれません。この狐さんも頼朝さんを助けた稲荷の民の末裔か同じような部族だったんかもしれませんねぇ。渡来系ならば特にラフクの薬効や病気の知識もあった可能性も高かったでしょうし。そこらへんつっこんで書き出すとズレにズレてめっちゃ長くなりそうだったので割愛しましたが(あはははは)。心の奇麗さだと感じるリクさんの心が奇麗なんでしょう。私にはかなり計画されたフィクサーの姿が見えてしまいます(あはは)。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
ほんまものすごく雰囲気が良かったんですが、蚊が、、(笑)。もちろん蚊よけスプレーは持っていたんですが(鞄に入れっぱなしだった、笑)それでも秋になると蚊よけスプレーもものともしない決死蚊がふえてくるんですわ。とほほです。2日前もこの寒いガタで2カ所蚊に吸われました(とほほ)。
ほとんどの狐さんはかわいい大量生産の無害感ただよわせているんですが、ところどころにコケむした目つきの悪い狐が傾いたり欠けたりした状態でうっちゃられててホラー感あります。好きですが(笑)。
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【20件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ