ハトの巣へ

2016.10.15 09:00|away-eat
神奈川宿紀行第七話
江の電で鎌倉駅に着きました。昼飯時は過ぎているのでお食事処もそれなりに空いている時間帯かと思われます。
地元民のんちゃんが、美味しい卵焼きを食わせてくれるお店に連れて行ってくれると、卵大好きなので嬉しいです。

IMG_2469_201610121522180c0.jpg

小町通り
京都の三年坂ほどでもないですが、平日の昼過ぎでこんだけ混んでます。

IMG_2643.jpg

喫茶店とかの店内もひとだらけ〜
どこも激混みでちょっとウンザリする。
やっぱり人混みは得意ではない。
そして、この時一緒に歩いているのは気配り王のんちゃん、中学生の頃からすばらしい気配りで名を馳せていたヒトなのです。私が人混み苦手なのを察知して、小町通りには入って行かず、ちょっと外れた路地へはいっていきます♪ありがたや、ありがたや〜。

IMG_2471_2016101215222241d.jpg

通り1つ中にはいるだけで、至極普通の商店街というか、飲食街というか、、
観光客もガックリとみえなくなります。
昭和っぽい雰囲気のお店が多くていい感じ。

IMG_2472.jpg

卵焼き屋、閉ってました(あははははは)
人気店だそうで、売り切れたら店じまいだとか、、残念。
でも、ま、ちょっと暑さでバテて食欲がなかったので食べなくてもええけど。
甘くて冷たいもんのほうが食べたいわなぁ、って甘味屋に行く事にする。
もうちょっと歩いたら、私の好きなわらび餅の店もあるとのんちゃんは言うが、、
あんまし歩きたくない、と言う私を連れて行ってくれたのが、

IMG_2642.jpg

こちら、豊島屋本店
そう、鳩サブレーのお店です♪
実は私、鳩サブレは東京のお菓子だとおもっていました。鳩バスとごっちゃになっていたと思われる(笑)。最近になってやっと鳩サブレと鳩バスが分離しました。
とりあえず、店内に入ってみますと、もちろん鳩サブレー、ものすごーく大きな缶入りのんがあって、思わず欲しくなったが、どうするんか?自宅に送るにしてもそれだけ独りで食うのは、賞味期限内には無理やなぁ、、と二の足を踏んだ。サブレー以外にも美味しそうな和菓子がならぶ。

IMG_2480.jpg

小鳩豆楽
可愛い鳩の形の豆落雁。試食させてもらいましたが、ものすんごい豆味というかはったい粉味というか、美味しいですが、暑い中ずーっと歩いて口の中がニッチャリしている時に飲み物ヌキで口に入れたので、口の中の水分全部もってかれまして、ちょっと危険でした(あははははは)。濃いお茶と一緒に涼しいお部屋で頂きたいです。
お菓子だけでなくグッズなんかも充実してまして(笑)一通り眺めると、二階に上がる階段が目についた。自由に観てくれってな案内があります、よし、行ってみましょう。

IMG_2478.jpg

鳩巣
鳩巣という鳩をあつめたギャラリーがありました♪
入ってすぐに横山隆一さんのフクちゃん〜。ジャワのフクちゃん東亜の空へ!(いつの話や)。確か高知出身横山隆一さんはこちら鎌倉に住んで活躍された漫画家で、私もよく読みました。最近(というか80年代)にリメイクされてアニメテレビ放映されたそうで若い人にも認知されているらしいです。とはいえ、その80年代フクちゃんのほうは私は観た事がないんですが(あはははは)。

IMG_2474_20161012152217e69.jpg

昭和16年まで使われていた鳩サブレーの缶
おおくの人に鳩サブレーではなくて鳩三郎(サブロー)だと思われていたらしい(笑)。そんだけサブレーという食べ物の認知度が低かったんでしょうねぇ。ていうか、サブレーが知られていなかった頃からこんなお菓子が発売されていたという、さすが黒船がやってきたご当地ですねぇ。

IMG_2476.jpg

鳩のお参り
世界各国の鳩の置物やオブジェ、鳩をモチーフにした陶器や芸術作品などを展示していまして、
結構鳩が好きな私にはストライクなギャラリーでした♪楽しかった。
もー、いつまでたってもなんにも口に入りません、しゃべって見るばっかり(笑)

IMG_2481.jpg

お店を出まして、店に向かって左手に
豊島屋茶寮八十小路(はとこうじ)と書かれた甲板から鳩サブレビルの脇道を入ります。

IMG_2485.jpg

豊島屋のプライベート稲荷があった。
プライベート八幡ではない。
鶴岡八幡宮の傍なので、鳩やったんやねぇ、、とこの日初めて鳩サブレーの鳩について考えたのだった(あはははは)。稲荷の横を通って、裏口から出て(笑)細いアリーの向い側に八十小路はあります。美しい甘味屋で入るとすぐに席に案内してもらえました、ラッキータイミング。店内オバはんでみっしり。かくいう私も立派なおばはんなので、さらにおばはん密度をあげてます。

IMG_2488_201610121556050a1.jpg

あんみつ食べました。
いや、あんみつとちゃうわ、、みつ豆やったと思う。あんみつって、餡子はいってるやつよね???ともかく、寒天と豆はいったやつ、結構好きなんですが、食べるのは多分30年以上ぶりです。白蜜と黒蜜どちらか選べますんで、迷わず黒蜜にしました。鳩がはいっていて目にもうれしい♪も〜〜ねぇ、ものすごーく爽やかで上品な甘さ♪ちべたくって生き返るぅぅ。いやもう、インド人が食べたら砂糖入ってないっていいますわ(笑)
やっぱりババアになって食うてもこの豆の意味はイマイチわからん。ちょっとゴリゴリしすぎていて食わんことはないが、、なんなんら?という感じ。蒸かして柔らかくした黒豆とかだったら美味しいのに、この堅さがビミョーにうざいです。ともかく、やっぱり豆について疑問を感じながらも大変美味しくよばれました。納涼。
楽しくおしゃべりして甘味チャージして元気になりました。すこし日もかげってきたことですし(早よなったね)、もうすこし時間があるので北鎌倉に足を伸ばして夕暮れ時にアレを見たい。ガイドブックもなにもないですが、見つけることができるのか?!
つづきます!
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
東海道中膝電車スキマ旅7
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

みつまめいいですねぇ。
私の中ではなぜか鎌倉と言えばあんみつが思い浮かびますが、訪れた際は食べませんでした。
美味しそうです。
色とりどり型抜きされた寒天が可愛らしい!
そして寒天を口に含むと砕いて砕いてしまいにはうがいのようにぐじゅぐじゅしたくなる、
のは私だけかなぁ・・・

No title

鳩サブレの要塞や~
お城のような建物ですね
みつ豆といえば、缶入りを思い出します  (笑

ゆーなさん

コメントありがとうございます
私もなぜか鎌倉=あんみつ、で、あんみつを食べた気になっていましたが(笑)。暑い日だったのでかなり爽やかで美味しかったです♪、寒天、私は全く噛まずに前歯の間からぐじゅ〜〜っと出したり入れたりするのが好きです。自宅でないとやりませんし、シークレットプレジャーですが(あはははは)。ゼリーとちがい、ちょっとモロモロなるところがグジュグジュしたくなるツボかとおもわれます。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
鳩ですよ〜、鳩(笑)。ドバト柄のシャツを着てくればよかったと後悔しましたが、持って来ていても暑すぎて着ていないかとも思います(笑)。
私も缶入りのみつ豆、思い出します。お中元とかお盆のお供えのいただきものの定番でしたよね〜。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ