壁に懸ける信心

2016.10.13 09:00|away-soul
神奈川宿紀行第六話
御霊神社から歩きまして、江の電長谷駅をすぎると突然観光客だらけになって驚きます。
みなさん大仏を目指して歩いているようです。狭い道の両側にお土産物屋があって、大仏をモチーフにしたお菓子やグッズなどが目につきます。が、今日は大仏まで行かずに長谷寺へ
長谷寺というと関西人の私には奈良は桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山、花で有名な長谷寺をまず思い浮かべます。そういえば奈良の長谷寺のご本尊も十一面観音ですねぇ。そんな事をしゃべっていると到着、

IMG_2428.jpg

見た事がない紋です。一瞬Bullseyeかと思いましたが、よくみると卍に円、おしゃれなな(笑)聞く所によると戦後に考案されたオリジナル創作紋だとか。ともかく、こちら”長谷観音”さんと呼ばれているだけあって、古い観音信仰のお寺です。無宗派というと京都の平等院(10円玉とか一万円札のあの鳳凰堂の)や信州の善光寺さんなどがすぐに思い浮かびますが、こちらも江戸以前は無宗の純粋な信仰の寺だったようです。どこの単立寺院もにたようなもので天台か浄土宗系に取り込まれる時期があったりして、鎌倉長谷寺も徳川家康公が普請した際に浄土宗に組み入れられたようですが、大東亜戦争後に浄土宗から独立、浄土宗系ながら単立寺院に戻ったそうです。

IMG_2456.jpg

お目当てはこちら、カワイイほとけさま展覧会(会場内撮影禁止)
それと観音ミュージアムです。なんといいますか、、仏教寺院というよりも仏教テーマパークというか(滝汗)、信心ゼロでもまったくもって気分良くサイトシーングできる境内となっております。
特別展のほうも円空仏や棟方志功の菩薩図をはじめおもしろい展示で満足しました。
それと観音ミュージアムの6面ある十一面観音懸仏はかなりツボで非常に興味深かったです。ほかにも十一面観音菩薩立像、三十三応現身像や長谷寺縁起絵巻など、ただ展示方法がかなり斬新すぎて、仏教寺院的とは思えないというか、、さらにミュージアム、というだけあって、ミュージアムショップには観音さまTシャツだとか(笑)、クリアファイルにポストカード(あはは)、お数珠ブレスレットだとか、若者向け仏教グッズがたくさん販売されていました。十一面観音懸仏のミニチュアレプリカとかあったら欲しかったのに(笑)。さらに境内にはショップとカフェ、それに椅子席アリのだれでもすぐに参加体験できる写仏&写経場もありまして、仏教の存続に新しいカタチを感じたわけです。

IMG_2429.jpg

境内にも”カワイイ”仏様たちがあちこちで観られます。
私が”カワイイ”と言っているのではなくて、長谷寺が”カワイイほとけさま”として売り出しているようで、あちこち看板にもカワイイという文字が見えます。

IMG_2431.jpg

卍の形状につくられた卍池
ビジュアル的にも工夫が凝らされている。

IMG_2443.jpg

境内(園内って書きそうになったし、笑)ヒガンバナが美しくさいていました。赤が多かったんですが、ちらほらと白いヒガンバナも咲いていました。秋ですねぇ、暑くてうだってましたが(笑)

IMG_2442.jpg


かなり”繁盛”しているお寺さんかと感じました。
お寺とかちょっと、、という若者にも楽しい観光デステネーションかと思います。
長谷〜由比ヶ浜にはまだまだ気になる場所がたくさんありますが、時間がないので割愛。

IMG_2455.jpg

なんとなく豆屋が目立つ、、
それに関東の人って豆菓子が好き、というイメージです。
というのも、やたらと豆菓子屋さんが多い。あと、佃煮屋と。
さて、まだ満足に昼飯も食うてないのですが暑さでちょっと食欲減退、水っけばっかり欲しい状態(笑)。とりあえず、江の電に戻って鎌倉駅終点へ向かいます。

IMG_2459_20161011165909831.jpg

江の電車内、弁慶キャラのステッカーが貼ってあった。
ほんまかどうかはさておき、武蔵坊弁慶は和歌山県田辺市出身だと言われていまして、ワカヤマン的にはかなりご当地有名人であります。五条大橋で出会って以来源義経の郎党として最後まで仕えたと言われている武者僧。極楽寺駅で降りる前に通った”腰越”の腰越状の話は誰でも一度は聞いた事があると思う、壇ノ浦で平家を殲滅した義経が頼朝の許可なく京で官位をもらったなど諸般の理由により鎌倉入りを拒絶される。んで、腰越で義経は弁慶に長ったらしい書状を書かせると、なんといいますか人気高い義経なんで悪いことはいえませんが、政治が出来ん男というか、正道とか王道から外れているというか、。鵯越の逆落としに代表されるようなゲリラ戦法をよくし、中学時代に教科書にでてきた平家物語、屋島の戦いでの「扇の的」は酷い話です。近代戦争ならともかく、雅な時代に武装解除状態小休止の扇の的の”お遊び”中、那須与一が見事に的を射抜いた技に敵ながら天晴と平家の武者が舞を踊ったんですわ。でその踊っている最中に(戦闘状態ではない非武装状態)その舞を披露している武者射殺命令をだした義経、そりゃ戦闘時に踊ってるほうが悪いと現代人感覚では思うんかもしれんが(確かに中学校の国語の先生には踊る方が悪いと教え込まれた)、”いくさ”ていうてもルールとかガイドラインとか、武士道とか、それこそ人の道ってあるやん、と私は思ったわけで。ともかく義経が出した殺命令をうけたスナイパー与一、難なく成功射殺させる。まったくもって雅の心がないウォーマシーン、しかも容赦なくその後壇ノ浦では神器をもった8歳の安徳天皇陛下まで死に追いやるという、、私の関西人としての感覚でいうとちょっとナニなんで、、奢れるものも久しからずや、というのは平家のことだけちゃうよ、と、話はとことんズレましたが、由比ヶ浜を通過しながら源氏の盛衰を思ったんでした。
 由比ヶ浜というと由比ヶ浜南遺跡、数千体の人骨が見つかった集積埋葬所の遺構がすぐに頭に浮かびます。そして、北条政子が静御前(義経の妾)が産んだ義経の子を殺して捨てたと言われているところですねぇ。祟らないでください、と密かに心の内で手を合わす。

IMG_2461.jpg

なかなかイキなオバさん(多分おばさん、おじさんかもしれない、わかりづらい)
クッキリ黄色の笑瓶さんのようなメガネにポパイ柄のアロハ
江の電、かなり混んでたんで立ってしゃべっていたんですが、
ふと、のんちゃんの背が低いのが気になった。お互いぺったんこな靴を履いていましたが、のんちゃんの頭のテッペンが見えてしまう、、ナゼだ?中学時代からの友人ですが、たしかのんちゃんとは同じぐらいの背丈だったように思うんだが、、と、のんちゃんに言うたら。確かに中学時代は同じ背丈だったそうです。私、背の順で中程の150センチぐらいだったと記憶しています。良く考えたら中学校卒業してから背が伸びはじめ、23歳ぐらいまで背が伸び続けたんでした(あははは)が、実体型がでかくなっても気分が中学生の時のまま、三つ子の魂百まで(ちがうか、笑)、自分が小さい気分でいたようです。犬かっ(爆)。ていうか、すっかりこの背丈比率になってからも会っているんですが、こんだけ密接してじーっと立ってしゃべったことって無かったんで(言い訳にもほどがあるぞ)。当時、同じクラスには”まゆちゃん”という背の高い女の子も居ていつも見上げてしゃべっていたんですが、のんちゃん曰く、私は彼女の背も追い抜いているそうです(ほえ〜〜、なんとなく想像できない、笑)。
 
鎌倉駅につきました。なんか食べましょう!
つづく
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
東海道中膝電車スキマ旅6


オマケ

長谷寺、他にもアトラクションがありまして

IMG_2444.jpg

撫でる大黒様

IMG_2451.jpg

プチ洞窟探検 
弘法大師が参籠したと言い伝えがある弁天窟
弁財天と習合していることもあって鎌倉ではやたらと残っている感じがする有名な宇賀神(蛇身人頭)さんがこちらに祀られていました。宇賀神さんについてはまた鎌倉宇賀神本拠地にて考える事にします。

IMG_2433.jpg

展望台やネイチャー散策の小路などもあって、もりだくさん。

IMG_2454_2016101116591189a.jpg

カメラ屋とかアンティークの店だとかも多い。
品揃えはなんとなく外人好みな感じがせんでもない感じ。

IMG_2460_201610111659068f6.jpg

江の電
かなーーり気に入りました。ややこしくないのがいいですわ。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
東海道中膝電車スキマ旅6
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

平等院や善光寺って無宗派なんですね
知らなかったです
ブルドッグソースのCM
中学生の頃流行ってましたよ~

No title

寺伝からすれば、奈良の長谷寺と密接不可分と言うことだし、空海(弘法大師)が刻んだという伝承をもつ弁才天像もあったりするので、本来の宗派は真言宗でなければおかしいと思うのです。が、そうでもないところが、このお寺さんの不可解なところのように私には見えます。お寺さんとして、もう少し誠実であるべきなのではと思います。
庭園などの見せ方は非常にうまく、私のイメージ的には京都的なお寺さんそのものです。

個人的には、隣りにある光則寺のほうがよほど誠実なお寺さんのように思えます。

No title

鎌倉の長谷寺、鎌倉観光では必ず入ってますもんね。
そりゃー”繁盛”しておりますよぉ。

可愛いもの好きの日本人、かわいいと書いてあれば
とっつきやすいんですよね。
ちょっと見て行こうかな、的な。
私もその一人です(笑)。

ここ最近のヒガンバナの色の種類にはびっくりしてます。
赤以外のヒガンバナがあるなんて
子供のころは想像もしませんでしたから。


ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
宗派組織に所属していない寺院って特殊感ありますわ。少ないですし。単立しようとすると資金力とかいんげはんの数確保も大変やと思いますしねぇ。
私もあのワンフレーズ、いまでも歌えます♪←ぶ〜〜るどっくそぉおおォおす

Az Takさん

コメントありがとうございます
お大師様はどこにでも宗派関係なく出没伝説があるのでなんともいえないですが、東の寺院は権現さんの威光で浄土化しているところが多いですね、当時は今の様に役場で戸籍管理していなかったこともあり各地区寺院の檀家リストで人間管理されるケースがほとんどだったらしいので、幕府も管理しやすい組織に組み込む必要があったんでしょうか、それと単に権現さんの浄土贔屓でしょうか(笑)。京近辺だと天台に組み込まれた寺院がよくみられますし、概して観音信仰のお寺が浄土系に吸収されるケースが目立つような気がしてなりません。其の土地の宗派戦力関係かと思われます。ともかく、東は西と違い宗派についても大らかだったのかもしれませんね。西のお寺とは違う印象を受けて大変おもしろいですが、拝観する人によって受けるイメージがちがうのも楽しいですね。出身地や宗教観など色々な事に起因するのでしょう。非常に興味深いです。

リクさん

コメントありがとうございます
やっぱり!また後日書きますが修学旅行の学生さんたちもたくさんみました♪
確かにる◯ぶなんかでは長谷寺と大仏セットで’マスト”扱いですもんねぇ。鎌倉の大仏さんて、大仏殿が倒壊して幾久しいですが、、再建したりとかの計画ってまったくないんでしょうかねぇ???ま、千年も経ってしまえば、ま、いっか、なのかもしれませんが(笑)。
なるほど←かわいい論
”カワイイ”に反応しない私としては疑問だったんですが(あははは)
そう、ヒガンバナ!先日オレンジをみて魂消ました、ネリネかと思いましたわ(あはははは)。最近は害虫害獣モグラ封じだけでなく、園芸品種として注目されている?まっかっかのヒガンバナの群生の素晴らしさ、その中にポツっと白い彼岸花をみたりするのが良い、と感じるのは古い感覚なんでしょうかねぇ、、(遠い目)
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ