秋の江島神社

2016.10.07 09:00|away-soul
神奈川宿紀行第一話
なんかもう、突然召喚ヨコハマたそがれホテルの神戸屋(笑)
となると、行きたい所あるんです。横浜から30分の鎌倉市
鎌倉宮、鶴岡八幡宮、御霊神社、佐助稲荷神社、宇賀福神社、江島神社
こちら六社、どうしても参拝したい!
ちゅうことで、東海道中膝電車でもってスキマ旅スタートです♪



猫ちゃんが邪魔で読みづらいですが、
越後國蒲原郡新發田産
江戸住 長堀檢校 
なんと、新発田の人ですよ〜(あはは)新発田出身で江戸住みの長堀という檢校さんが1865年に寄進しはったもののようです。朱の鳥居の傍のエスカー乗り場その1の前にある狛犬さんです。ニイガタン必見。
檢校(検校)というのは盲官(視覚障害者の役職)の中でも最高位でその下に別当、勾当、座頭などがありまして、そう、座頭一ってそういうタイトルの事ですねぇ。ま、江戸時代にはデプロマはお金で売買されるようになっていたそうですが。人康親王(仁明天皇の子)が若くして失明した為出家して山科に隠遁した時に人康親王が盲人を集め、琵琶や管絃、詩歌を教えたそうです。人康親王卒後、側に仕えていた盲人に検校と勾当の2官が与えられたことが、検校と呼ばれる盲官の始まりといわれています。検校になるには平曲・地歌三弦・箏曲等の演奏、作曲、あるいは鍼灸・按摩の達人である必要があったそうで、かなりのプロフェッショナル位だったことでしょう。それに視覚障害者社会進出が奨励のための政策がなされていたと言う事でもありますねぇ。とまぁ、検校さんたちというと、音曲芸術を司る方が多かったこともあり、江ノ島の弁天さんを厚く信仰したんだろうと思います。弁天さんというと琵琶もってますしねぇ、琵琶というと琵琶法師や耳無し法一など盲目のミュージシャンがすぐ思い浮かびます。それに江ノ島といえば江戸時代からの観光宿場ですから、宿といえば按摩です、新潟だけでなく日本各地から来たきっとたくさんのミュージシャンやマッサージ師の検校さんたちが参拝寄進したり、実際にこちらで活躍されていたことと思います。

てなわけで、開始は江ノ島から、しかもものすんごいサプライズアタック(笑)
というのも突然の鎌倉行きでしたが、古い友人”のんちゃん”が茅ヶ崎に住んでいるのを思い出して連絡してみたらば、えらい突然やったにもかかわらず、急遽仕事休みとってくれまして案内してもらえることになりましたんですわ。実家近所、中学校の同級同じクラスで卒業後も結構よく会っていたんですが、お互い物理的距離に阻まれて20年近く会ってませんでした。
 早朝から神奈川県藤沢市の藤沢駅にて待ち合わせ。
私、神奈川(横浜)に陣とってましたんで、ちょうどいい感じ、東海道を藤沢宿へ向かいます。
電車ですけどねぇ(あははは)。

IMG_2220.jpg

早くついたので藤沢駅改札口の横にあったロンドンパブというお店でモーニング
たしか400円でお釣りが来ました。コーヒーも美味しいしホットドッグも美味しかったし、
ママさんと常連のお客さんとも楽しくお話しまして、ええ時間でした。
で、ロンドンパブでしゃべくっていると、来ましたがな”のんちゃん”
笑う程変わってないし、ていうか変わってなさすぎて怖いわ。最近の日本女性の老けなさ加減にはほんま驚愕やねぇ。いったいどんな秘密があるんだろうか、やっぱりスッポン黒酢か(ぶっ)。ともかく、コンマ1秒で中学時代にタイムスリップして涙腺ゆるみました。喉詰まる〜〜。
小田急で片瀬江ノ島駅へ向かいます。

IMG_2362_201610031727509fd.jpg

片瀬江ノ島駅って、、竜宮城モデルだそうです(ぶっ)
副市長さんがホノルルでサーフィン水死した話とか、色々色々話積もりすぎてるわりに昨日もこうやってブラブラ喋って歩いていたようなナニゲぶり、あな、うれしや、”ザ・竹馬”。
それよりなにより、早朝から暑すぎて暑すぎてもうヘタヘタ
ガタ出て来た時、最高気温19度やったんよ、なのにこの日の鎌倉は予想最高気温32度湿度90%、すでに灼熱
2日前の天気予報ではハマもカマクラも雨で肌寒くなるでしょうとか言うてたのに。どーゆーことよ。
ま、文句言っても涼しくはなならないので歩く。

IMG_2222.jpg

竜宮城の前の境川にかかる橋は割れていた。
縄でゆわえてある。
乙姫様も近くでみたら皺だらけだったりして(罰が当たるよ)

IMG_2227.jpg

来ましたがな、江ノ島
『太平記』では北条時政が子孫繁栄を願うため江の島の御窟(現:岩屋)に参籠したところ、満願の夜に弁財天が現れて、時政の願いを叶えることを約束したと。そして弁財天は、大蛇になって海に消え、あとには三枚の鱗が残さた、てな事が書かれている。なので北条の家紋は3枚鱗なんですが、それからン百年が経ち、風光明媚で東海道からちょっと寄り道ということもありまして、江戸時代にはすっかり観光地化されていて参拝客や物見遊山の客で賑わっていたそうです。それに弁天さんの門前町にはリアル弁天さんたちも福を分けるために勤労してはったそうで、リア弁天目当ての大山帰りの精進落とし男性客も多かったとか。そういう所だった片鱗が随所に残っていて非常に興味深いです。現世の”大人の”竜宮城”テーマパークやったんでしょうねぇ、、(妄想は尽きない)。
この写真では解りづらいですが、鳥がぎょーさん飛んでます。98%トビです(笑)
ぱっと見で50羽ぐらい、、これは圧巻。

IMG_2224_20161003172747d4d.jpg

弁天橋に鳥案内がありました。
し、、しあうぉーたーぁああああ
ハシボソミズナギドリーーーーー!!
春から夏には簡単に見られるらしい、、うう、見たい。

IMG_2226.jpg

もちろんトビ注意の看板
ゆうても猛禽なんで、人間の柔肌なんぞはざっくりですわ。
ソーセージもって天高く構えたりしたらいけません(爆)

IMG_2228.jpg

三の鳥居(一と二の鳥居は現存していない)
この青銅の三の鳥居は延亨4年(1747)に創建、その後理由はわからんが文政4年(1821)にリニューアルされたのが今みている鳥居。「江島大明神」の勅額は文永の役勝利記念で後宇多天皇から贈られたもののレプリカ(本物は奉安殿、辺津宮の隣りの八角堂で拝見できる)。
そんな由緒ある美しい青銅の鳥居の周りで朝っぱらからなんかやたらと携帯電話をチコチコ弄っている人が居まして、
「最近メールしてる人よく見るわ」と言ったら、のんちゃんが
「あれはポケモンとってるねんで!」と、、
そうか、あれがポケモンとりの人なんか、、結構頭のあめた人とか全白髪の長老っぽい人、小さくてコシの曲がったオバアさんまで携帯触りっぱなしやったんですが、そんな人までポキモンゴーっていうのがイマイチ信じられないです。ま、ポキモンゴーの人はちょっと動きが気持ち悪いだけで私の邪魔にはならないのでお好きにどうぞ、という思いですが、、

IMG_2232.jpg

江島神社の朱鳥居の前でポキモンゴーか、しゃもじの前でピースサインか、、
どちらもまぁ、画的にナニな感じではありますが、
これも後日見た時に、「ああ、あの頃はポキモンゴーというソフトが流行ってたわ」とか「あの頃はピースサインとかが流行ってたわ」という思い出となることでしょう。ただ、これだけは言うておきますが、観光地の写真スポットでポキモンゴーをやっていると色んな人の思い出写真に残ることを覚悟したほうがいいでしょう。口開いてアッポケヅラもへたこいたら永遠に残ります(笑)。
朱の鳥居の奥に見えているのが竜宮城を模した瑞心門、もとは普通に随神門だったんかもしれんが、随神がおらんのんで別の字があてられたか。もしくは逆か。
色々おもしろいなぁ、、と江島神社で現代風俗を見たり説明してもらって非常に楽しかった。
のぼりはエスカーという有料エスカレーターで登っていきます。下りのエスカーはないので、券売り場で「下りは自力で降りて来ないといけません、大丈夫ですか?」と念を押されたババですが(笑)

IMG_2236_20161003174728fca.jpg

エスカーは3回乗り換えします。途中、辺津宮の境内の八角のお堂(奉安殿)には、八臂弁財天と裸弁財天・妙音弁財天 (安芸の宮島、近江の竹生島と並んで日本三大弁天のひとつ)、十五童子像、後宇多天皇の勅額、弁財天像扁額、 弘法大師の手形が押された護摩修法による弁財天像が安置されていますんですわ。もちろん拝観しました。それに八角堂ですよ、四角を2つ合わせたのが八角です、生は死(四)からうまれると、男女のナニがアレなわけで、入らんわけにはいきませんわな。

IMG_2239_20161003174726ab8.jpg

波の中に浮かぶ北条の紋(水神)
祀られているのが宗像三女神
奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)
先日宗像大社の小説を読んだところでもあったので三女神づいてます。福岡も非常に行きたい。
江ノ島つづきます。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
東海道中膝電車スキマ旅1
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

ホテルの神戸屋って・・・  (爆
鎌倉、1度行ってみたい所です
行くと住みたくなっちゃうと思います
北条の紋、欅で作られてますね
凄い加工技術です

No title

あら!
神奈川にいらしていたんですね♪
鎌倉、こちらに越してきてから2、3回くらい行きました。
江の島も一度お泊りした記憶が。
その頃はリクがまだ我が家に居なかったような・・・。
10年以上前ってことですね(汗)。月日が経つのは早すぎる。

小さいころの友達って、長年会っていなくても
会ったその瞬間に会っていない年月を埋められるというか
違和感がないというか。
そんなお友達が居るのって本当に幸せですよね。

噂によると江の島はピカチューがよく出るそうです(笑)。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
普段ホテルのオーベヤ(Meet Joe Black映画より)か神戸屋かどっちかになります(笑)
鎌倉、ものすごく興味深い土地でした。雰囲気は”古都”かもしれませんが、西とは全く別種な雰囲気がありました。
神社の紋は気になるポイントですが、やっぱり木工の匠!木の種類がわかるとはかっこいいです。

リクさん

コメントありがとうございます
実は別の場所に行く予定だったんですが、直前に神奈川になりましたんで下調べも不十分で時間もなかったのでものすごくメジャーな六社一山だけの参拝となりました。でも、鎌倉って存外近いですね〜〜、ガタから3時間で到着します。これだと週末1泊二日でも十分楽しめるかも、と思った次第です。もうちょっと本腰いれて切通しも見聞したいです。神奈川ビギナーですがほんと良い所ですね♪30過ぎたら10年早いです、これからもっと加速していきますよ〜〜(経験者は語る、笑)。
そうなんですわ、時間がワープできる友人てほんまありがたいですよね。なんかもう、中学生の時代と同じように世話やいてもらって、マッタリしました♪
ピカチューが出るんですねぇ、ピカチューというと普通のポケモンシリーズだと初手から楽にでてくるイメージなんですが、ポキモンゴーだと結構出て来ないというのは誰かが言うてました。いっそ、お賽銭をはずめば出てくるとかにしてもらえると(あはははは)。

鎌倉は時間がなくてざっと見だったので、いつかゆっくり散策してみたいです。
昔トビにおにぎりかっさらわれました(笑)

はむちゃん

コメントありがとうございます
私も時間がなくてほんとざっと見(悲しい)
いつか一緒に散策したいですね;)
トビ、、一応猛禽なのにおにぎりはないですよねぇ。鮭おにぎり?(笑)
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ