サッポロビール博物館

2016.09.26 09:00|museums
2日前からFC2の管理画面、特に記事の管理と記事の編集、新規記事のページがバグリまくりで、いつバーンっていくかとドキドキしています。どうしよう(笑)。
北海道札幌です。
そういえば、、敗北していたところが、、(あははは)

IMG_0732.jpg

サッポロビール博物館
”麦とホップを製すればビイルとゆふ酒になる”
開業時のキャッチコピーがそのまま使われておりまして、なかなか味がありますねぇ。
ちょうどこの写真を撮った直後に老夫婦がやってきて、シャッターを押してくれと頼まれました。そんで、何て書いてあるのか解らないというので、読んであげると、ものすんごく感心されました。普通にたてに読むだけなんですが、どうも横で読もうとするんでしょうか?、結構読めない人が多いらしいです。普通に右から縦に読みましょう(あははは)。
ともかく、ちゃんと営業してました、よかったわ(笑)
博物館は好きに見て回っても良いですが、試飲付きのガイドツアー(50分500円)に参加します〜。同じ飲むのもサックリ説明してもらって良く知ってから飲むと有り難みが違うちゅうもんです。

IMG_0734.jpg

受付を済ませてから、ツアー開始まで5分ほどしかなかったので直ぐに待ち合いホールに向かいます。
博物館内/ツアーは動画や録音は禁止ですが、写真は好きなだけ撮ってオッケー。
待ち合いではサッポロビール史のスライドショーが流れていておもしろかったです。
同じツアーに参加したのは私を入れて8人、男女ペアが3組に男性一人、私(女性)一人。
すぐにガイドさんがやって来て、まずサッポロビール開業ショートフィルム(かなりおもろかった)

IMG_0753_20160919152633154.jpg

直径6メートル超のウォルトパン
1965年製造でつい最近まで現役で使われていたそうです。8.5トン
独りで飲んだら(私が)2000年ぐらいかかりそうなビールが一回で作れます(笑)

IMG_0737.jpg

ウォルトパンの裏にあるステンドグラスは麦とホップと美味しい水
なんとも素敵ですねぇ。

IMG_0744_20160919152024483.jpg

ダイジェストで面白どころの話を聞かせてくれます。
ビール誕生にはほんとに色々と苦労があったようです。
ビール瓶の蓋1つ、ラベル1つにもいろんなストーリーが

IMG_0745.jpg

1906年(明治39年)恵比寿ビール/日本のビール王の馬越 恭平が札幌麦酒株式会社(サッポロ)日本麦酒醸造(ヱビス)が大阪麦酒(アサヒ)を合併し、大日本麦酒株式会社となった時の三社合同の仮契約書(本物)が展示されている。ビール王直筆のシグナチャー(契約書なんやから直筆でなかったらあかんけど、笑)。
ちなみにこの時、静岡県東部・長野県・新潟県以東での札幌ブランドとしてサッポロビールは存続したらしい。なるほどな。

IMG_0741_201609191553471fb.jpg

開業の頃のポスター
美女揃いです。
で、最近のポスターも展示されていまして

IMG_0760.jpg

女性多めの所を撮りましたが、存外男性が多い。
”男は黙ってサッポロビール”とか、めっちゃ懐かしいですねぇ。
今見ても一番かっこいいですねぇ(あははは)。
さて、博物館のほうはここまでで、ツアーの〆は試飲です。

IMG_0761.jpg

スターホールに移動します。
一般客と低い柵で区切られたスペースになっている。
もちろんツアーに入らなくてもコチラで好きなだけ有料試飲できます。

IMG_0747_201609191526299de.jpg

ゴクゴクゴクゴクゴクゴク
プハーーーーー(*´∀`*)
んふーぅう
うまっ!!!

ツアーについているのは開業した時に作られた札幌ビールを復刻した開拓麦酒と最新の現在製造されているクラッシックのビールの2杯。アルコールが飲めない人はRibbonのソーダから選びます。おつまみは普通の豆。
ただ、朝からろくなもん食ってない所に昼飯前(この後隣りのホールでジンギスカン食う予定)なのに、これっぽっちとはいえ豆でビール一気飲みて、、、腹膨れてまうやん(笑)
開拓麦酒が妙にツボでまったりあっさり美味しかったです。北海道でビールが出来る前から麦とホップは自生していたと説明があったので、ツアーが終わってから最初のサッポロビールは全部国産材料だったのですか?と質問したら、商用生産第一号出荷も実は原材料は全て北海道産ではなかったそうです。が、しかし、最近すべて北海道産原料を使ったサッポロ黒ラベルthe北海道というのが限定生産北海道限定販売されたので、運が良ければまだ近所の酒屋やスーパーなどで在庫があるので見つけたら是非飲んでみてほしい、と言われました。それは飲んでみたいですねぇ。探す暇はないですが、ちょっと念頭においとこうと思います。

IMG_0751_20160919160954c51.jpg

飲みながらガイドさんが美味しいビールの注ぎ方のレクチャーをしてくれます。
ものすごーーく上手です(そりゃそうだが)。で、注いだビールは参加者の中から一人選ばれて飲むことになります(笑)。男性独りの参加者の方が飲んでました。嬉しそうだった(笑)

IMG_0769_2016091916131733f.jpg

こんなん売ってた(爆)
IHとかやったらフラフラ買ってしまいそうな(笑)
ていうか、誰かに贈りたい(いやがらせ、爆)

IMG_0764.jpg

実はあんまり期待してなかったんですが(失礼な)、めっちゃ楽しみました。
2時間で十分楽しめる、かなりおすすめアクティビティです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記16


スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

お~♪めっちゃ面白そう♪
こういう工場見学っぽいの好き
私、ビールはちょっとしか飲めないんで
どっちか言ったら日本酒のほうがいいな~(笑)

ふくねえさん

コメントありがとうございます
おもろかったです〜♪
日本酒やったら、やっぱりガタにきてもらわんとあきませんわ。いつか来てください。蔵元めぐり&試飲案内します、ぐふふ

No title

また、調子悪いんですね
しっかりして欲しいですよね
パズルの様なキャッチコピー  (笑
出来立てビール、最高でしょう~ 
ゴックン・・・

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
そんな時期なのかもしれないですね〜、苦笑
出来たてビール、めちゃウマでした♪

No title

私も最初何が書いてあるの???とクエスチョンマークだらけでしたが
無事に縦読み!とひらめき事なきを得ました(笑)。

レンガ造りで素敵な博物館ですね。ウットリ。
昔のポスターとかもいい感じです。

ジンギスカンセット、ちゃんと北海道型の鉄板なんですね。

リクさん

コメントありがとうございます
縦と言うかナナメなのがくせものですよね。
なかなかにビールのウマそうな建物で、しかも本当に美味しかったですわ♪
ジンギスカンなべ、鉄で北海道型、重そうです、笑。でもなんかかわいいですよねえ
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ