円山公園でガチャポ〜〜ン

2016.09.18 09:00|away-birding
 
北海道札幌です。
都道府県、、府とか県とかは慣れているんですが、道って慣れていないので北海道札幌県とか言いたくなります、どうしようもないんですが。蛇足ですが、子供の頃になんで京都に府がついて、東京都府とちゃうねんと思っていた時期があります。というのも、何故か陛下はまだ京が自宅(自宅て、笑)で東京に出張に行っていると思っていたから(あはははは)。ま、子供ですが、今考えても京都に府がつくのが変だとあいかわらず感じます。もう、理解とかの問題ではない。
ともかく、サトポロ

IMG_0290.jpg

午前中まるまる時間があったので、円山公園へやってきました。
円山動物園開園時間まで公園で遊びます。
いきなりプリティガラーズがお出迎え。ハシブトガラ、コガラ、シジュウカラ。シマエナガの姿は見えず、服装と靴がナニだったので土トレイルを歩くことは避けましたが(地面ぐちゅぐちゅやったし)入り口だけでも十分おもろかったです。

IMG_0452.jpg

円山公園というとガチャをやらないと(あははは)
今回狙っているのはシマエナガちゃんのマグネット〜。
念力をこめて、エイヤっと回したんですが、半分だけしか念がとどかなかったようで、マグネットは当たったんですが、キタキツネでした(あははは)。ま、ええわ。
そういえば、こちらの円山公園にも野生のキタキツネが住んでいるそうです。
キタキツネには出会いませんでしたが、

IMG_0262_201609131532307b3.jpg

シマリスはウロウロしていました。
エゾリスも居ましたが、シマリスのほうが撮りやすかった(ぶっ)

IMG_0236.jpg

鳥も結構おったんですが、なんせビジネスシューズでは無理(爆)
ちゅうことで、円山動物園開園時間となったのではいりましょう、イランカラプテ〜

IMG_0349.jpg

睥睨するオオワシ
メインゲートから入ってすぐが猛禽舎です。
北海道で観る事ができる猛禽がずらりと飼育されておりまして、間近でそのサイズや特徴を観察することができます。キャプチャーの野生生物に妙な反感を持つ人もいますし、私も手放しでどんな動物園も好きだというわけではないですが、見せ物としての動物園ではなく動物学や博物学、繁殖や研究に貢献している施設は非常に良いと思います。それに昔とちがい、動物園の動物達も世代交代がすすんでいて最近の飼育動物にみられるのが動物園生まれの動物園育ちの個体や、怪我や病気などで保護され野生に還る能力がなくなってしまった個体、そして多くの種が飼育下のほうが長生きできたりするんですわ。もちろんミサゴなど飼育に適していない種もあるんですが。
無闇に捕まえて飼いたい、ってのもアレですし、ただ「かーわーいーいー」ってだけもナニですし、無闇に全部「かわいそう」もちょっと、、そして一番過激な、全て野に放すべきだというのもまたFGPです。こうした施設は色々そこらへんのことも学ぶ機会になるので、単に物珍しい動物を観て「わーすごい」というだけでなく、特に小さい子供達にそこらへんのことを見知ってもらいたいですねぇ。

IMG_0347.jpg

悩ましい眼差しのゴールデンイーグル
イヌワシ、めっちゃかっこいいです。
そんでもってクソ真面目なことだけでなく、動物写真の練習にも非常に最適、というのは誰でも知っていることですねぇ。野生動物撮りのための動物園での動物ショットワークショップってのもよくやります。
なんせあんまり動かんのでカメラの設定をゆっくりといじくれるので良いと思います。

IMG_0427.jpg

歌うオジロワシ
ちゅうて、私も未だに新調したコンデジが使いこなせなくて苦戦してます。
なにが一番問題かというと、フォーカスが自動すぎて思い通りに動いてくれない。
なので、最近MFをつかうんですが、これまたメモリの動きがアホでイラっとする。露出のほうは手前のワッカボタンにしてMFのほうを上部ダイヤル(もっと細かくしてほしいけど)につけてスライドとかにしてもらえると良い。でないと手持ちでチコチコボタンおしてたらフォーカス失うわっ、ていうか、クソちいさいファインダー覗いてたら押せんしね。
ということで、MFはノッパラで実践にはアテにできません。

IMG_0352.jpg

なじらね? byブランキストン

シマフクロウはフェンスの近くにはりついていてどもならんかった(笑)
ほどよくフェンスから離れてもらわんと困るわ〜(あははは)。
でも間近なんでよりでっかいです、もっそくそデカくてかっこよすぎ。

IMG_0338.jpg

ポンノ シリアン ロ byエゾフクロウ
どえらい眠そう。みてるだけで眠くなってくる、、、(笑)


IMG_0326.jpg

シロフクロウは地面に降りてました。
シロフクロウって地面で居る事多いです。



野生のメスのシロフクロウ
旧自宅エリアで撮影
どんだけ仰山居ってもフクロウ種て見つけると嬉しいわな。

IMG_0357.jpg

もちろん爺さんと同名君も元気でした(笑)
と、鳥だけみてお開きしたわけではないです、
円山動物園、ツヅクんです。今日はオマケもあるんで、どんぞよろしく。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記10



オマケ

IMG_0368.jpg

オニオオハシ
今回は熱帯舎の内部と外との温度差がなかったので、すっと入ってすっと観られました。前回は外気温がひくかったので、カメラの準備だけでえらい暇いったし(笑)。
セイキムクドリもオニオオハシの間に挟まってドームの天井付近にいたんで観づらかった。

IMG_0362.jpg

ノドグロコウカンチョウ
めっちゃ飛びまくってました。

IMG_0400.jpg

スカーレットアイビス♪
めっちゃ綺麗

IMG_0404.jpg

シュバシコウ(朱色の嘴のコウノトリ)とゴイサギ

IMG_0403.jpg

そこで弁当を食うのか、、、
なんちゅうか、室内弁当エリアとかないんでかなり危険なんとちゃうかな、、と
思っていたらば

IMG_0407.jpg

どんどこハシブトガラスが集まってきました。
ここのハシブトガラス、かなりかっぱらい団です。スーパーのナイロン袋とかもってたらほんまに狙われますねぇ、もちろん場内アナウンスでひっきりなしに注意を促していますが、、
なんせ慣れていない人は無防備なんで、そして無防備な人がわかるようでターゲットロックオンされてました。
こういうと悪いですが、観察しているとどういうタイプが狙われるかものすごくよくわかります。これって、よくある観光地でスリに狙われるタイプとかも一緒やね(笑)。

IMG_0331.jpg

スノーイーオウル
美しかったです。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記外伝
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

猛禽が飼育されてるんですね
見ごたえある~
南国の鳥は、何故に赤いのかな?
爺ちゃんの生まれ変わりだ  (笑

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
かなり有名所の猛禽はすべて飼育されていて見ごたえあります。
南国の鳥は派手な色のが多いですね〜。とにかく植物からして派手ですし、冬に色がなくならないですから、やっぱりオスも植物より派手にならないとメスに振り向いてもらえんのでしょうか??(笑)。鳥だけでなく野生生物の色ってその土地の環境の色ととっても関係が深いです。
ジーサンの2コ下なんですが(笑)なんとも嬉しいですよね。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ