北海道大学第二農場

2016.09.15 09:00|away-museums
昨日からテンプレートが不具合をおこしていまして、サイドバーが落ちてます(スクロールしていちばん下)。テンプレの不具合かFC2大元との兼ね合いかわからんのんでどうしようかと思案中。
札幌、北海道大学キャンパスです。

IMG_0150.jpg

重要文化財 札幌農学校第二農場
ウイリアム・S・クラーク氏の大農経営構想をもとに明治10年から11年に建てられたモデルバーン(模範家畜房)9棟を中心とした農業施設で、明治42年から44年にかけてこちらの現在地に移築されたそうです。文化財指定は昭和44年。
まず、ゲートから中に入ると、無人の事務所があり、記帳してからはいるようにと張り紙があったので、地味に記帳して入場(笑)。記帳台の横にはコインロッカーもあり、大きな荷物は預けるように、車輪のついたキャリーバックは持ち込むなとか書かれてたような気がするんだが、、、この5分後芝生の上を大きなスーツケースを引き摺ってあるく観光客を見ました。小さいスーツケースを転がしてる人もおったんで、結構スーツケース持ったまま観光してる人おるんですねぇ。なんというか、そのサイズの荷物てセキュリティ的に非常に恐ろしいと感じるんですが、預けずに転がすということはかなり重要な物品がはいっているとか、テ口系道具とか、スマグラーなんちゃうのん?とか(笑)。ま、こういってはなんですが、こちらの農場ミュージアムには高額でやみ取り引きされそうな物品もないので盗んでスーツケースに入れるという可能性は低そうではありますが、、それでもまぁなんといっても建物重要文化財の中ですし、そんなコロのついたもんを引きずりたおされて良い影響があるはずもなく。ともかくどこにいってもかなりセキュリティがヌルくて自分でしっかりせにゃならん、とへんにピリピリしてしまいますんで、妙な疲労感あります。

IMG_0125.jpg

場内に入ると真っ先に目につくのが赤い屋根の牧牛舎
木造築1909年。第二農場移転時の拠点施設として一番最初に移転してきたそうだ。サイロや緑飼庫を併設した近代酪農技術最先端の建物だったらしい。

IMG_0128_201609081629363ed.jpg

モデルバーンをはじめ主要な建物内部にミッシリと農学校発足以来導入試行されてきた農作業機が展示されている。この展示の仕方がめちゃめちゃアメリカンというか、ステイトフェア的というか(あははは)。
1つ1つめっちゃ見てまいます(笑)

IMG_0132.jpg

その併設されている石造サイロ
萌える、サイロ萌え

IMG_0126.jpg

製乳所 煉瓦1911年
牛乳を加工してチーズなどを作る施設。

IMG_0144.jpg

牛乳とかバターなどのパッケージも展示されている。
展示の仕方がものすごく愛想がなくて、さらに萌える(笑)
商業施設的なところが皆無!シンプル一番。

IMG_01350.jpg IMG_01330.jpg

牛之用途説明標本    馬之用途説明標本
牛と馬では用途が違うのが大変よくわかりました。
こういうのを見ると当時の先生方の授業をなんとなく想像シュミレートしてしまうねぇ。

IMG_0136.jpg

産室追込所及耕馬舎(モデルバーン)
バルーンフレーム構法を基本とする構造だそうだ。日本酪農の飼養形態を定めたモデル建築。

IMG_0143.jpg

大変味わい深い牛模型 
実物大の牛ホルスタイン模型も産室に展示されてました(新しいやつ)。

IMG_0141_20160908165402b17.jpg

エルムの鐘

IMG_0154.jpg

道産子馬 徳福号
北海道大学農学部付属静内牧場 昭和42年に肺気腫により病死したと書かれていた。
半世紀前の剥製だが、非常に生き生きとしていて保存が良い。造りもかなり上手、感心して眺めていると、キャーキャーワイワイと中高年女性観光客団体が入って来て(私、びびって2歩下がった、笑)「ヤァーダァー本物かとおもっちゃったぁ〜〜、カァワァイーイー」(←もう一度書きますが、中高生女性ではなくて中高年女性です)と嬌声をあげながら、剥製の鼻面をなでくりまわしやがっていきました。恥ずかしい言動に恥ずかしい行動のコンボ、、痛恨の一撃で瀕死になりました。その破壊力の高い団体、これまたかなりのデシベル値だったので離れた場所に居てもどの位置をどういう方向で移動しているのか大変わかりやすく、二度と接近遭遇しないようにしやすかったです。しかしまぁ、ヤなもん見たわ。

IMG_0176_201609081703039c2.jpg

穀物庫(コーンバーン)
1Fは壁が簀になっていて風が通って大変通気が良い。
こちらの2Fは無柱でおもろい構造、大量の農機具が展示されていて非常に興奮するので必見。
その簀の壁から外を見ていると、ちょうどシジュウカラが巣立ってポトと落ちる瞬間をみてしまった(あはははははははは)。めっちゃウケた。

IMG_0182.jpg

モフモフしたハシブトガラス

IMG_0187.jpg

なんといいますか、、ステイトフェアみたいでほんま懐かしい雰囲気。
ほんまええキャンパスですねぇ。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記8



スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

わ~♪これまた楽しそうな所♪
建物重要文化財なのに
事務所無人なんですね。
スーツケース!コロコロ
な~んかそんなん見たらイヤな気分なりますよね。
注意書きまであるのに!

写真で見ても馬、本物かと思いました。
中高生!中高年!一時違うだけで
ぜ~んぜん違いますね(笑)

No title

これまた素敵建物がいっぱい♪

展示、本当に素っ気ないですねぇ。
牛乳の瓶に白い紙を入れて「牛乳入ってたらこんな感じ」
に仕立ててあるのがなんかツボでした(笑)。

徳福号、私も生きてるお馬さんかと!
ううう・・・中高年・・・・。
人の振り見て我が振り直せで・・・・
私も気を付けなければ。

ハシブトさん、どうしてそんなにモフモフ??
北海道寒いからかな??

No title

テンプレの不具合ありますよね
そんな時、スパッと代えるオヤジです
古い農作業機ですね~
ビン牛乳、懐かしい

ふくねえさん

コメントありがとうございます
大学内の施設だから警備が緩いのか、それとも予算の問題なのか、、それともたんにお土地柄なのか、、理由は不明ですが、スーツケースを持ったまま屋外型とはいえミュージアム内を見学しているというのはセキュリティ以前にものすごく珍妙でした。邪魔ちゃうんか?って思いますけどねぇ。
道産子馬、静止画でみるとさらに本物感ありますよね、匂いがわからないですし。
ま、中高年も中高生も破壊力ありますわ(笑)。

リクさん

コメントありがとうございます
なかなかフォトジェニックな建物が多くて楽しいですねぇ。
中高年女性型も自撮しまくってました。
牛乳瓶の紙!!単に瓶の柄を見易くする為かと思ってましたが、そうか〜疑似牛乳〜〜〜なんかシンプルでそれでいてとても牛乳感あふれてて良いですねぇ♪銭湯の保冷ケースに並ぶ姿がブワーっと頭に想像できました♪ありがとうございます〜。
徳福ちゃん、かえらしかったです。
中高年も中高生も団体になるととたんに破壊力が足し算ではなくてかけ算になっていきますからねぇ、中高生はそれでもまぁ若さ故,、、と将来の希望も感じますが、中高年女性団体となるとパニック系ホラー映画のような恐怖感を煽りますねぇ。ま、私も独りで行動しているのでやたらと観察してしまうというのはあります。これが親しい友人との旅だったりしたらさして観察している暇もないんでしょうが(あははは)。
ハシブトモフモフ、、風が強いところで羽繕いでもしたんでしょうかねぇ、寒くはなかったです(私比)。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ありますね〜←テンプレ不具合
いや、実はこのログをアップした後にスパっと変えようかと思ってとりあえず最初に候補ストックしたテンプレをみたんですが、ソレもカラム落ちしてたので2秒で諦めました(爆)。落ちないテンプレ探すのも面倒で(あはは)。
農作業機、日本で初めて導入された機械からずらーーっと展示されていたので進歩の歴史を感じました。色んなメーカーのものや、メーカーのカタログなども展示されていて自由に閲覧でき面白かったです。
紙蓋の瓶牛乳、知らない間になくなりましたねぇ。スッポン蓋開けも、、(遠い目)
非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【18件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ