リベンジ!!!

2016.09.06 09:00|away-museums
やってきました、北海道です。
道産子達が口を揃えて、台風がこんなにたくさんいっぺにやってくるのは初体験、と訴える中札幌徘徊。最高気温が約20℃の日と約30℃の日が交互にやってきまして、ちょっとグロッキー。変な感じで妙に暑いです、北海道。23℃といえど、町中は暑いですしねぇ。避暑感ゼロです。
大雨で閉鎖したら嫌やし、と先に来ました。

IMG_9870_20160830142357216.jpg

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園
3月の事でした、
詳しくはカコログで↓
早春の北海道は侮るべからず
この度は無事に開園しておりました、ありがたやありがたや。

IMG_9941.jpg

受付の小窓が開いているのを確認した瞬間はほんとに嬉しかったです。
が、しかし、ネットでは午前10時開園とかいていたのに、こちらに来てみたら9時半からあいてました、、。早よ起きてたのに30分損した気分です(無理に時間を潰したから)。
入り口に無料コインロッカーもあるので、荷物を預けて入ります。

IMG_9879.jpg

大興奮ですが、興奮しすぎなのでちょっとクールダウンに園内の植物を先に観察します。
コガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、アカゲラなどがみられました。
クロユリの実ぃがどっさり、トンボ(アカネ系)がこれまたどっさり飛んでいました。

IMG_9888.jpg

植物園中央に、博物館と重要文化財建築物群があります。
これは博物館倉庫、便所もありましてしかも一般使用できますんで、重要文化財で用が足せるという(あはははは)、なかなか無い機会だと思います。

IMG_9893.jpg

バチェラー記念館
アイヌ文化や民芸品を収集しまくった宣教師バーチェラーさんのお宅。
移築当時は民族資料館として公開されていたそうだが、現在は収納庫。民族資料館は同敷地内の管理棟2階に移動している。

IMG_9886.jpg

厩舎

IMG_9883.jpg

博物館旧事務所
内部には入れないが、窓が開け放たれていて覗き放題(笑)
現在は標本管理や研究室として使われているらしい。
机の上にもところせましと標本が置かれていた。

IMG_9927_201608301501178e3.jpg

宮部金吾記念館
珍しく内部撮影禁止
この記念館の横にスミス女学校ファウンダーのサラ・クララ・スミスさんがアメリカから持って来た札幌最古のライラックが植っています。が、ライラックの時期でもなんでもないのでただのボーボーな木ぃでしたが。ライラックの時期はええにおいなんでしょうねぇ。

IMG_9896.jpg

で、とうとう到着!!!
博物館本館
こちらの建物ももちろん重要文化財、もともと開拓史博物館、札幌博物場の展示室として1882年にこの場所に建築され、いらいそのまま同じ用途で同じように存在しつづけているという、、
ただただ感動的な建物です。
130年前もこうして同じ場所で博物学が好きなオタクが同じような興奮した気持ちで標本を眺めていたのかもしれない。
いよいよ博物館の中へ入っていきます!!!つづく
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
2016AUG北海道記1
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

リベンジ成功で良かったですね
北海道の古い建物は、趣きありますね
鹿の頭がワイルド

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
リベンジ大成功でした、興奮しすぎて鼻血出るかとおもいました(笑)。明日はとうとうご本尊をば(笑)
北海道というとこうして目を引くのが開拓使の直轄となった後の近代的な西洋臭あふれる建物が多いのでとてもエキゾチックですよねぇ。
鹿頭は博物学の骨格標本を作っているようでした♪

No title

おお!
山形に行ってらっしゃったと思えばお次は北海道!
そして、リベンジおめでとうございます♪

どの建物もなんというか海外な感じですよね。
なんか、カナダとかにありそうな(自分イメージは赤毛のアン登場)。
ちょっと百葉箱っぽいかんじの外壁ですが(笑)
そこがまたいいですよね♪

リクさん

コメントありがとうございます
北海道まで1時間ですわ、日帰り距離ですよねぇ。ほんと文明の進歩はすごいです。お陰でなんか忙しい感ありますよねぇ(あはは)。
ほんまに開園していてよかったです。
北海道はアメリカ人がたくさん召還されているので確かにそんな雰囲気です。鎧張りとか簓子張りは北欧とか世界中で日本でも結構古くから現在でも普通にあるんですが(新潟は和歌山より遥かによく見かける)、塗装や屋根が違うだけでほんまに雰囲気がアメリカンになるかニイガタンになるかバックリわかれますよねぇ。私の知り合いにアメリカ人の大工さんが居ますが、今でも普通に同じ工法でサイディングしているそうです。大昔に比べて廉価な外壁もあるので減っているらしいですが。面白いもんです。比較的シンプルな工法の割りに寒暖差や雪風雨に強いらしいです。
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ