出羽三山修行の旅

2016.08.23 09:00|soul

暑くて根性が入りませんのんで、
根性入れに修行することにしました。



山形県鶴岡市羽黒にやってきました。
そう、出羽三山修験の地です。
私、これでも女性で熊野を有する和歌山育ち、やっぱり修験の地に入ることにちょっと罰あたりそうで遠慮があるんですが、現代的にはまぁ大丈夫、しかもこちら羽黒は熊野とちがって女性ウェルカム、それにチートできる(笑)ということで、ご利益に預かります(笑)。

IMG_8925.jpg

手向(とうげ)に到着しました。 
すべて様式からなにから”修験”、習合して神も仏も混ざり切っているところが所謂便宜的に被った感をかもしだしておりまして、非常に興味深いです。なんとなくサンタクロースが頭にぽっと連想されました。ま、時代とともに政治なんかもからんで信仰てのは色々姿を変えるもんですが、”組織”を持った宗教がバッサーと上から被ってしまうもんですねぇ。ま、地元密着型源信仰だけに殲滅不可能ゆえの所作なんでしょうか。

IMG_8927.jpg

出羽三山は羽黒山月山湯殿山の三山で三山それぞれにご神体となっていて山頂には神社があって、3社合わせて”出羽三山神社”でこちらの羽黒山に三社の神を併せて祀る三神合祭殿があります。そしてさらに羽黒山山頂まで有料自動車道路も開通している、、
しゅ、、修験の道も金次第(ぶっ)
もー、女(オバはんやけど)でしかも車で山頂まで楽して登って、さらに三社いちどに拝んでしまおうというミルフィーユ罰当たり、敢えて言うなら肉体的には甘やかして精神的にだけ修行するという内面見つめ型修行という(ものはいいよう)。

IMG_8929.jpg

天拝石
もともとこの場所にあったものではないらしいが、昭和に運ばれて来たそうだ。
江戸末期からのムーヴメントと明治の太政官布告で廃仏毀釈神仏分離がオフィシャルになった時の災難を思うと泣けます。世界的に国はこういう熱病に冒される時期があるもんで、それと組織宗教はこういう側面があるので難儀です。ま、日本的にじんわりと戻ってしまいましたし、生き残った仏様もたくさんおはしますので不幸中の幸いと思っておく。脳みそは際限なくズレていきます。やっぱり肉体的に修行せんと”無”にはなれんか(笑)。

IMG_8931.jpg

まずは手向で情報収集をした後、随神門から参道へ向かいます。
なるべく肉体に優しく、なるべく神様を敬いながら参拝するという計画なので、略式でも挨拶して禊ぐために門からはいって祓川を渡るというのはスットバせない。それに国宝五重塔を観たい(←これがかなり主たる目的、とは公言しないが、あはははは)。

IMG_8933.jpg

随神門をくぐるといきなりものすんごい急勾配の下り坂。
確かに御門から参拝道が見えてなかったんで、オヤ?っとは思たんですが、
魂消たわ、めっちゃ下り。
出雲を思い出しましたねぇ、あちらも鳥居をくぐるといきなり下り坂で迫力大。出雲はそれだけの理由があるんですが、羽黒は山岳信仰ですんで、この下りは別の意味があるんでしょうか?非常に興味深くてモンモン脳みそはち切れそうです(あはははは)。
ほんの少し歩くと摂社末社が見えまして、過ぎるとすぐに

IMG_8948.jpg

祓川と須賀の滝が見えます。
朱塗りの橋を何度も渡ると、その度に三界か六道をまたぐような気分がします。ハテは天道か地獄道か、、ま、チート計画なので外道でしょうねぇ(苦笑)。

IMG_8967.jpg

滝へ祓川を渡る橋は天然の巨石が使われている。
足を一歩踏み出す時に、、
罰あたったらどうしよう、と思ってしまう(冷汗)

IMG_8957.jpg

涼しげです。
といっても下界とちがって参道に入ったとたんにヒンヤリと汗が少なくなっておりまして、
森林や滝のイオンで身体が洗われるようです。

IMG_8959.jpg

不動明王さんも心無しかバテ気味(←また罰当たり発言)

IMG_8961.jpg

不動明王さんだらけ
外道に進もうとする者はしょっ引いて内道に戻そうとしてくれる、かなり積極的な介入を行う明王さんでございまして、外道て、、天狗とかも外道やったと思われるんだが、、天狗、お不動さん、、、うーん煩悩まみれ悶々地獄に突入(あはははは)。
ま、かなり祓えてませんが、形式的に祓って(ぶっ)
息ハアハアしないように呼吸を整えて登りはじめます(ちょっどだけやけど、笑)
つづく
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
合宿中でネットが繋がらない状況になる事も多いのでブログ関係滞ります、ご容赦のほど。
電話は繋がると思いますが、繋がらない時は数時間空けてからまたかけてください。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

羽黒って・・・

羽黒、羽が黒い、イコール烏。
でカラス天狗を連想したのですが、出会いませんでしたか?

No title

山形は、少し涼しいのかな?
神聖なお山何ですね
暑さに負けぬよう修行して来て下さい (笑

No title

修行に行ってらっしゃるのですね。
頑張ってくださいませ!
お寺や神社の境内って涼しいですよね、やっぱり。

ぼよよんさん

コメントありがとうございます
烏天狗も普通の天狗もてんこ盛りです。
烏天狗運動も覚えてきました!

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
平均的に涼し目ですわ、数度ぐらい、、
35度が30度になっても暑いものは暑いですね、あははは
頑張ります〜♪

リクさん

コメントありがとうございます
所謂なんちゃって修行、バチあたりもいいとこですが、笑
"おやま. "という場はびりりと冷えます、ヤッパシ!
近くにほんと素晴らしいとこがたくさんあって嬉しいです。

No title

合宿とは、さすが格闘家!

無楽斎さん

コメントありがとうございます
元、が付きますが、三つ子の魂百までと言いますか
年老いてもノリが変わりません、笑
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ