新発田城

2016.08.04 09:00|soul
 
新発田です。

IMG_8827.jpg

新発田城に来ました。
最近新発田がアツいです。
知り合いも少ないので局地的個人的な見解ではありますが、新潟市内のダウンタウンでは会うひと全体的に新潟訛は出さないですし、どうも訛を嫌がっていたり、新潟や”地方色”自体を恥ずかしがる風潮が感じられます。というのも、私自身ものすんごい和歌山訛でして、しゃべっていると「言葉が違う」と良く言われるので「和歌山訛です」というと、大抵「訛ってないよぉ」とものすごい勢いで慰めて(あはははははは)くれます。曰く、訛=新潟弁や東北弁など北国の言葉=悪いモノ、関西弁=悪くない=訛ではない、、というわけの解らん論法です。なので、和歌山弁も新潟弁も訛で、訛は素敵な言語で悪くもなけりゃ誇るべきものです、と説くんですが、なかなか納得してくれません(あははは、ま、色々あるんでしょうねぇ)。和歌山弁も単語が他府県で通じないものが多いのでそこだけは標準的な単語に置き換えて、イントネーションと語尾はそのまま和歌山弁で話すんですが、どうもこちらの方、今まで出会った人全体的に単語だけでなくイントネーションまで全部ニュースキャスターみたいな話し方を目指しているような感じを受けまして、ちょっとサミシいです。ともかく、それにくらべて新発田はもう愛国とうか愛新発田精神バンバンでものすごく気持ちいいです。ただ、トップスピードで話されるとまだ私にはついていけません(くやしい)。特に溝口公の事を語りだすと止まらない”わが殿ラブ”なひとが多いっ!これはすばらしいです。

IMG_8677.jpg

ちらほらとデッカいカメラをもった観光客の姿が見えまして、
案内のお姉さんに尋ねたら、最近”日本100名城”というスタンプラリーのようなのが流行っていて、その1つに新発田城も選ばれているので結構来城者が増えているそうです。へー、日本100名城なんてのがあるんやねぇ、と、感心しているとお姉さんが100名城リストを見せてくれました。ま、間違いなく和歌山城は入ってる筈だろうとは思いましたが(あははは)やっぱり入ってましたねぇ。若い頃から城大好きで若い頃は体力にものいわせてあちこちまわりましたねぇ(遠い目)。流行でもいいので、そのまま流行だけでなく城好き人が定着してくれて、いっぱいドーネーションがあつまったり、予算がおりたりして維持費やなんやらとなると嬉しいです。

IMG_8689.jpg

入場無料ですが御寄付箱設置してあります。
どーーーんとお願いします(あははは)。
フクロウさんも見ています(笑)

IMG_8693.jpg

城郭地は現在も防衛要所として機能しており第30普通科連隊が駐屯しています。”城”としての正しいあり方です、石垣を見ても一目瞭然フォート(fort)ですからねぇ。
トンボもいっぱい飛んでます。
ミヤマアカネのメスとインマチュアオスばっかりだったけど(笑)。
シオカラもぼちぼち飛んでました。

IMG_8696.jpg

表門の道向いには安兵衛茶屋がありまして、
なんといってもココで

IMG_8867.jpg

スギサキアイスが食えます♪
新発田商店街にあるお茶のお店が出しているアイス。
さすがお茶屋のものだけありまして、ひき茶が濃い!!!
そして氷のキメがものすごーーく細かい(イチゴ味もある)
モナカバージョンもありまして、モナカの中に同じくシャリシャリのキメ細かなかき氷が入ってます。かなりガチガチですんで、急いでいる人はモナカにしといたほうがよかろうかと思いますが、個人的にはひき茶カップを地味にゴリゴリ木のスプーンで削って表門を見ながらちまちま食うのをお勧めします。納涼♪

IMG_8697_201608011422359d5.jpg

堀部安兵衛の銅像がデデーンと建っております。

IMG_8823.jpg

近くには生誕地碑もあります。
忠臣蔵サミットなんかもこちらで行なわれたらしい。
でっかいサミット記念碑とかありました。ガタ巨石文化です。
もちろん溝口公のでっかい銅像も城内にあります。
折角なので近くにある溝口家の菩提寺宝光寺を拝観しようと歩いて行きます。

IMG_8806.jpg

テクテクあるいていると、目につく”親鸞”の文字
うう、寄りたいが、、次にしよう(あははは)

IMG_8807.jpg

到着しました。
淨見堂、御霊屋、溝口家墓所、宝物参拝は200円と書かれていたので
ワクワクしながら入って行くと、、
なんか、、だれーーーも居ない(シーーーン)
ウロウロと探しまわったんですが、入り口もどこかわからないし、やっぱり誰も居ないようなのでガッカリして外回りだけみて帰りました。仁和寺の和尚な気分(笑)
なんちゅうかねぇ、、ガタやねぇ(あはははは)。

IMG_8810.jpg

ま、また来てみます(笑)。
色々と観光情報を教えてもらいまくったので、
またちょっとづつ見て回ろうと思います♪楽しみが増えた。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

最近は、いわゆる「おたく」であることが
恥かしくないよ~ってな感じになってきて
鉄道やらお城やら昔からファンが多かったけど
こっそり(?)していた活動が
どどーーんと脚光を浴びている気がします。
お城なんて日本の素敵文化なんですから
どんどんファンが増えてほしいですよね。

最中の中が氷!
あんこでもアイスでも羊羹でもなく
氷!
どんななんだろう?食べてみたいです。

おおお、新発田城( ゚д゚)‼︎‼︎
100名城スタンプ、我が息子達がハマっているやつです(笑)
この間、春日山城へ行った時に、新発田城まで足をのばして行きたかったのですが、何せ縦に長すぎる新潟、遠すぎて無理でした(つД`)ノ

新発田城、平城なのに冬期閉門されているというのは、やはり自衛隊がらみの理由なんでしょうか。




No title

以前のピカピカ大仏壇といい
浄土真宗の信仰が厚いのかな!?
夏は、やっぱりカキ氷~

リクさん

コメントありがとうございます
私の若い頃は”おたく”って言葉はなかったので、”数奇者”というかマニアな人としてそれなりに尊敬すらされたんですが(笑)多分おたく=恥なんかも所謂”東京”地方に住む地方出身者の作りだした文化のような気がしますんで、あまり気にならないというか。もしかしたら関西人だからかもしれませんが(最近違いを感じます、良い悪いでなくて、”違う”んです)。ともかく、恥ずかしいと思うのも恥ずかしくないのも他者目線を考慮しているようなわけで、真性おたくからすればどうでもいい感じです(あはははははは)。ま、テレビやインターネットの普及と裕福有閑層(笑)の拡大で、なんとなく色々と出て来てますよねぇ(笑)。受動態情報収集者が多い事に驚きますが、知らないので興味が無かったという人が、知って興味が沸くのは良い事だと思います。なんといいますか、、操作しやすいですよねぇ(苦笑)。
中身がシャリっとしたモナカ、新食感です。是非食べにきてください〜〜〜。

satちゃん

コメントありがとうございます
ああ、コレですか!!写真ではいつも拝見していましたが、繋がってませんでした(笑)。
そうなんです、新潟市or新発田からは上越に行くより山形や福島に行く方が近いです。でもまぁ、春日城跡から新発田城まで車で2時間ちょいです。ビバ高速道路(笑)。
そうなんですわ、11月末から3月下旬まで閉門ですよねぇ、積雪とリンクして閉門だそうですんで、自衛隊とは関係ないと思いますし、ま、そんな事もあるだろうと受け入れてしまうのが新潟。多分冬場は来城者が少ないのに雪がらみの費用がかさむのと、受付が屋外なので人材難など色々な理由はあると思います。ただ、外から見る事ができますし、閉門中でも城スタンプは新発田市役所の案内で押すことができます(どこまでも合理的)。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
実は宝光寺さんは曹洞宗です。あまり浄土真宗のお寺さんに行く事がないのですが、ガタの浄土真宗のお寺さんは西本願寺イメージはなくてこじんまりして威圧感の無い感じです。地元密着型っぽいです。
そうです、夏はやっぱりかき氷!!!
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ