徳川家康没後400年と勾玉作り

2016.08.18 09:00|museums
東照大権現さんが新潟市立美術館にやってきております。

20160805133740630.jpeg 20160805133726ce2.jpeg

徳川家康東照大権現様没後400年記念 徳川名宝展
間違いなく日本の歴史特に政治に大影響を及ぼし未だ影響力のある重要人物、第1位だと言えると思います。
日光東照宮、久能山東照宮、大樹寺、日光山輪王寺、増上寺、寛永寺、東博、德川記念財団、愛知徳川美術館などから国宝2点を含む約100点が新潟上陸。蒔絵の”初音の調度”は圧巻ですねぇ、非常に満足でした。
が、ちょうど入館から最後まで70代がらみの男性二人組とつかず離れず同じペースで観覧してしまいまして、この2人のおしゃべりがとまらない。ウルサい、というほどの大声ではないですが非常に空いているのも加勢して2メートルぐらい離れてても余裕で細部まで聞き取れるほど”普通”な声でワイワイお話してまして、最初は嫌やなぁ、と思たんですが5分ほど聞いていると、ネタか?!というほどオモロイので、ついついずーっと聞き続けてしまいました。

二条城二の丸大広間の襖絵、狩野山楽筆松鷹図の前で
爺1「え〜、これお城からはずして持ってきちゃったのぉ?」
爺2「そだろねぇ」
爺1「え〜〜、持ってきちゃったのかぁ。」
爺2「持ってきっちゃったんだねぇ」

来国光の刀の前で
爺1「これ、欠けてるよぉ!だめだよぉ」←しつこく10回ぐらい言い続けた。
長篠長久手の合戦屏風の前で、
爺1(武田軍を凝視しながら)「徳川軍はどっちよ?ヒデカツはどこよ?」←しつこく探していた(武田側を)
※ヒデカツは溝口秀勝のことだと思われる、新発田の爺様たちなのか?たしか信長直臣になったのは長篠から数年後だったような??ていうか長篠で名が出てはこんとおもうんだが、ゴニョゴニョと爺たちの後から屏風を拝見しながらツッコミたくてしょうがなかった。
条々、江戸城留守法度(大阪冬の陣の折の)の前で
爺1「何てかいてあるのか訳をつけてくれなきゃだめだよねぇ」
※これも何度もいいつづけた。
東照大権現図(確かに多数ありましたが)展示の前に来る度に
爺1&2「まただ」「まただ、まただ」
かなり同じ文言を繰り返し言い続けるというパターンです。
どうも爺ズは添え説明パネルを読むのは気合いいれてますが(しかも音読、よみまつがい多し)、実際の主たる展示品はチラっと見るだけ。時間比10対1ぐらい(あはははは)。なので私が展示品を観ている時にパネルをオイシく間違いまくり、ほどらいに音読されてしまうと、コメディ映画をDVDで買うとお笑いコメンタリーがついたのあるやないですか、アレと同じような(あははははは)。そういえば、作品は観ないが部屋各所に展示されている大きな説明パネルもじっくりと読む。こういう人、最近美術館でやたらと目につきます。パネルよりも実物を観て自分自身でなにか感じるほうがためになるかと思うんだが、、蘊蓄が好きなら実際に会場に来なくても図書なり図録を読めばよかろう。ま、ミュージアムの楽しみ方なんぞは人それぞれなんで、展示物の前で近所の娘さんの嫁ぎ先について井戸端話されるよりは曲がりなりにも作品について語らってくれるほうがいいかと、、(苦笑)。
いやはや、おもろかったです。人の話を聞くのはハシタナイことではありますが、静かな美術館内で普通声でワイワイ騒いでいるので聞かれてもしゃぁないですねぇ。そしてブログに書かれてしまうと(笑)。ともかく2人の爺様が面白すぎて徳川の名品たちよりインパクトありましたんで、また展示品入れ替える前と後にもゆっくり観に来ようと思います。

20160805133750e77.jpeg 201608051338042ca.jpeg

コレクション展も拝見
こちらの新潟市立美術館の所蔵品展覧会です。所蔵品リストを閲覧すると結構良いものをお持ちなので常設でいつでも観られるようにしてくれたら最低でも月に一回以上は見に来ると思うんですが、、。今回はミレーのエッチングが2点、エルンスト、ボナール、レネ・マグリット(博学な木)、クレー、土田麦僊など。やっと所蔵のマグリットを観る事ができて満足しました。所蔵品リスト(写真なし)を閲覧してからどうしても観たかったんですわ。納得した。
 帰りギワに初音の調度の絵はがきを買おうとミュージアムストアに寄ると、レジに徳川おみくじなるものがありまして、当たりの景品が味噌、、。名古屋といえば赤みそ、おもろいアイデアだなぁと思いました。もちろん味噌は要らないのですが籤引いてみたいと思ってしまいました(あははは)。

さて、
アキハク、新津です。

IMG_8541_20160725124947f3a.jpg

弥生の丘展示館
2時間ほど時間があまったので寄りました。
まぁ、他の季節なら双眼鏡もってそこらへんフラフラ歩くんですが、、
なんせ暑すぎるのと、時間的に暑すぎて鳥でてこない(笑)

IMG_8528_20160725124949121.jpg

しかも、このあたりでツキノワグマも出たしねぇ、
こんな真っ昼間の糞暑い時間に糞暑いところには出て来ないとはおもうが、、私もええ大人なんで無駄にリスクを負って独りで要らん遭遇しても赤っ恥やし。ちゅうことで、冷房のきいた涼しい館内へ〜〜
で、いつものように展示室に入ろうとしたときに、体験もののポスターが目についた。この展示館は体験が売り。
なんかふと気が向いて、

IMG_8534_201607251249356e1.jpg

こんな涼しくて静かなところに座って、静かになんか作るて、魅力的やねぇ。
外、暑いしねぇ。
この日に行なっていたのは、銅鏡、銅鐸の鋳造。勾玉つくり、管玉つくり、鹿角細。
各1時間から1時間半ぐらいでできるらしい。大人が一人でやってもええんですか?と尋ねると、是非におやりなさいとのことで、しからばと腕まくり。
鋳造とか聞くからに暑そうなのでいややし

IMG_8529_20160725124933241.jpg

手の早い人なら40分ぐらいでできますよぉ〜、だそうなので
勾玉と鹿角、どっちもやることにしました。どちらも200円です。
仕上がらんかったら、自宅で続きやりゃいいし(笑)。
石は柔らかい蝋石のようなので勾玉はボーっと削ってたら削りすぎるかと思います。鹿角は北海道から買い付けエゾシカ角。
まず、勾玉からスタートします

IMG_8530_20160725124931f73.jpg

擦り心地最高です。しかも、程よいクーラーの中で水触るてほんま納涼
ただ、
静かだったのは最初の5分ぐらいで、客が私独りっきりなもんで遠慮なく、もーーーしゃべるしゃべるしゃべりまくり(あはははは)。

IMG_8535.jpg

しゃべりすぎて、ちょっと形がナニになったんですが、40分ほどで磨き&彩色までいきました。彩色はラインマーカー(あはははは)これは目からウロコがおちました。良い色に染まります。
ま、あとは帰宅してからちょっと削り直しますんで、鹿角のほうにとりかかると、これは程よく削れないのでしゃべってても気分よく手を動かせます(笑)。で、写真を撮るのを忘れていました(笑)。

IMG_8536_2016072512493266c.jpg

これはめちゃくちゃ楽しいわ。
しかもしゃべりまくって楽しかったし、色々と情報ももらったし♪もりだくさん。
10月は土器と土偶作りもあるようなので、是非また体験しにきたいと思います〜〜。
新潟市体験メニュー

IMG_8521_2016072512495075c.jpg

おとなりの植物園も楽しいですが、糞暑い時に暑い熱帯雨林のグリーンハウスやいや(笑)。食虫植物の展覧会をやってましたが、去年みてめっちゃ汗かいたんで今年はパス。池には睡蓮が美しく、バンの親子とかチョウトンボやハグロトンボ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボがわんさか飛んでおりました。そういえば最近蓮ばっかり観ていたので睡蓮をたっぷり見て嬉しかったです。ここは丘の上まで全部トンボ天国です。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

爺ちゃんの漫才、堪能したんですね 
勾玉というより、ゼリーのお菓子?  
失礼しました  (笑

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
まさに漫才でした(あははは)。
自宅で磨きなおしたのでさらにジェリビーンになってます(笑)。

No title

美術館で面白人物に会うのは(笑)
笑いをこらえるのが大変ですよねぇ。
私はパネルを流し読み派なので
じっくりパネルを読んでいる人は
「あぁ、しっかり読んで理解を深めてるんだなあ」
とちょっと尊敬のまなざしで見てたりします。

勾玉、ラインマーカーで色付けなんですね!
でも本当に綺麗に色が付きますね~。

リクさん

コメントありがとうございます
ほんま、何度かグボっと蒸せました。美術館なので喉から変な音をたててしまう程度ですが、レストランなんかで何か食べていたら誤嚥します(笑)。私もパネルは流し見ですねぇ、読むのがちょっと人より速いというのはありますが。ていうか知らない系統なれど興味のある展覧会は事前にあるていど情報収集していきますし、図録買いますし(笑、図録にはパネルよりも詳しく説明が載っている場合が多い)小さいパネルとかあんまり目新しい情報はないですからねぇ。それでもこの1年は携帯でインターネットできるようになったので(笑)すぐにネトで調べたり(便利な世の中になったもんです)最近は多くの美術館がwifiとインターネットで無料の音声ガイド(音声無しも)つけていたりもするんで便利ですよねぇ。展示の前に立っている間は作品をみたいし、特に混んでいたりすると展示の前に居座らないようにはしています。気に入った作品は居座らずに2、3回(4、5回?)何度もグルグル戻って来ます(笑、怪しい人みたいです)。パネル読むのも、どこで立つか、というのはかなり重要ポイントだと思います。ま、この徳川展みたいにガラガラだったらどうでもいいですが、ババ混みの企画展なんかはパネルの位置も考えんとあきませんよねぇ。そういえば先日訪れた博物館で鎌倉や桃山の仏像(木造)にパネルをぺっと立てかけていたりしたので、そんなんもすごいですよねぇ。ミュージアム関係者自体の意識もまだまだなのかもしれませんし、鎌倉ぐらいだったらそこまで大切にせんでもいいものなのか?!とちょっと驚愕(そんなことないです、重要作品だと思います)。話がずれまくりました(あははは)
 そうなんです!!!勾玉にラインマーカー(蛍光色)でものすごくいい感じに色がついて驚きました。やってみないとわからないものって多いですよね(あはははは)。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ