ダチョウの口角がたまらない

2016.06.24 09:09|food
豊栄(とよさか)です。
突然、ダチョウな気分になった日の事でス(笑)。



ダチョウというのは正式に家禽(Poultry/ポーチュリー)なんか?と、ふと思って調べてみたらばっちり家禽でした。今までは革や羽の為に飼われていたそうですが、最近は食用肉としての需要が高まっているようです。なるほど、ほかにもエミュやホロホロチョウなども増えて来ているそうです。そういえば、昔はホロホロチョウとか普通に飼われてましたよねぇ、食肉用で。私の地元エリアには”みさき公園”という有名動物園/遊園地があって、そちらでホロホロチョウが放し飼いになっていて、追いかけ回して遊んだ(滝汗)記憶があります。楽しかった(ぶっ)。結構反撃してきます。

IMG_5441.jpg

こちら、新潟市豊栄(2005年まで豊栄市だったそうですが、合併消滅)の道の駅にあるダチョウファームにやってきました。といっても、わざわざダチョウ見に来る人もそんなに居ないのではないかと思われます。それなりに寂しい放置された感ただよっております。ガタユルな感じ。
なにせ大きいし動きがとても面白いので観ていて単純に楽しいですねぇ。
睫毛長い〜。
道の駅の裏、道路を隔てて(爆)そのダチョウファームがありまして、

IMG_5447_20160610160847bf6.jpg

道の駅に餌も売っています。
インストラクションを読むと、
餌を備え付けの柄杓に入れて、柄杓をしっかりもって餌やりするようにと書かれている。
ま、柄杓に向かって軽く棍棒を振り下ろされるような雰囲気になるかとおもうんだが(あはは)。
ダチョウ達は人間を見るととりあえず、餌を持っているかどうか確認しに来ます(笑)。

IMG_5439.jpg

エサを買ってくれば、ちょすってあげるよぉ byオスト・リチ雄

とりあえず、餌食ってない自然にウロウロしている姿を観たいので、餌を持たずにダチョウを眺めていた。
ダチョウのクチバシってちょっとヒナ鳥っぽい形状でなんとなくあどない感じしてかわいらしいわな、、ただ、サイズがサイズなんでナニですが。

IMG_5446.jpg

すると、2人の男性が来て、餌をもっていないのに柄杓をもってダチョウを呼び寄せている。そして、大きな声で話をはじめました。ダチョウや鳥の生態についておそろしいレベルの誤解が蔓延しているのではないかと危惧するような内容でした。
壁に耳ありクロードチアリ
しかも、会話はとまらない、、、看板も撮っとこうかと思い彼等が立ち去るのを待っていたんですが、まったく動かなさそうだったので諦めました。一緒に撮ってしまえ(爆)
売店に戻り、

IMG_5453.jpg

道の駅 豊栄
じつはこちら、道の駅発祥の地だそうで、1988年に一般国道での休憩施設として全国で初めて誕生したらしい。で、1993年に道の駅制度が発足されて、第一号登録となったそうです。
てなことが、この石碑に書かれてあった。
ということは、道の駅というのは高速道路のサービスエリアにあるのは違うモンだということなのかいな?今まで、サービスエリアが道の駅と名前を変更して高速道路以外の場所にもできただけだと思っていました。それとファーマーズマーケット、和歌山には”めっけもん広場”という有名なのがあるんですが、それも道の駅の一種だと思っていたんですが、全く違うみたいですねぇ。管轄が違うだけなんかもしれんが、よくわかりません。

IMG_5452.jpg

ダチョウの卵が売られていました。
1個3000円で鶏卵の21倍、鶏卵が21個だと売り出しで200円ぐらいです、赤玉でも400円ぐらいか。が、ダチョウの卵は外にほっぽらかっていてもものすんごく日持ちがするみたいです。
有精卵で、孵化とかしてしまったら(ぞっ)、、
ま、卵は食えないが焼き鳥は食えるてところでしょうか。

IMG_5450.jpg

マタギ汁や低脂肪コンビーフなんかも売ってました。
それに、食堂がやたらと混んでまして、
みなさんなんやかやと食べていらっしゃいました。が、ほとんどの人が麺類を食っていた。ダチョウ料理はなさそうだった。私は他に食べる計画があったので、ソフトクリームだけいっときました。ソフトクリーム濃くては美味かったので、おすすめしますが、食いながらダチョウの近くに行くのはおすすめしません。
たのしかったです:)
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

あっ!みさき公園知ってる~~
関西では有名ですよね。
鳥の反撃って結構怖いですよね(笑)

だちょうのエサ♪
魅力的~~(笑)
こ~いうのあったら絶対やりたくなる~

No title

ダチョウファーム行ってみたい
実は、乗ってみたいんです  (笑
デカイ卵ですね
目玉焼き出来るのかな?

ふくねえさん

コメントありがとうございます
紀北&泉南人にとっては幼稚園小学校の遠足というと”みさき公園”、高校生のデートというとみさき公園(爆)、とにかくかなり有名です(笑)。鳥の反撃、とくに地べたを這う鳥はキッツいですわ。気が強いのが多いような気がします。億病でないから飛ぶのをヤメられたのかもしれませんね〜(あははは)。
エサやりは結構客引きになるそうですが、こちらのダチョウの餌は今ひとつへってませんでした。それというのもこの日、こちらの道の駅は満員御礼駐車場は満車だったにもかかわらず、観光客らしき人々は年齢層がおそろしく高め、その他地元民やら営業車や長距離トラックの運ちゃん系も多く、ファミリ子供連れが皆無でしたんで、そういうのも影響あると思います。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ダチョウ乗り、、、。鞍がついていたら乗っても良いかとは思いますが、はだかダチョウに乗るのは多分かなり至難の業やとおもいますわ。なんせ背が高くて首がにょろにょろ、歩くだけでもかなり上下動してましたし。ものすんごくユルそうなので、牧場主に頼んだら乗れそうなムードはなきしもあらずです(あははははははは)。ていうか、1羽購入してみるとか?(あははは)美味しいらしいですよ。卵焼きはさすがに火をとおすんがめっちゃ難儀やと思いますわ。黄身だけでもえらい量でしょうし食べててウンザリしそうです何人かで食べても黄身と白身のバランスとかが(そこまで考えなくても、、笑)やっぱり普通に出し巻玉子とか、あ!!たこ焼きは?ダチョウ玉子たこ焼き!!コスパ悪い感じではありますが(笑)。冬頃にダチョウの玉子でつくったクッキーは食べましたが、別段鶏卵との味の違いは私にはわかりませんでした。

No title

ダチョウ!
我が旦那、以前「ダチョウを繁殖させたい!」と言い出したことが・・・。
もちろん却下しましたが(どこで飼うつもりだったのか??)
このダチョウファームなるものを目指してた模様です。
意味が分かりません(笑)。

ダチョウ、お目目ぱっちりまつ毛フサフサで可愛いお顔なんですが
なにせでっかいですよね・・・。
餌やりもかなりの度胸がいるような(笑)。
手に持って、きゃっきゃうふふ的な餌やりではないですよねぇ(笑)。

No title

ダチョウ、いいですねぇかわいいですねぇ。
押すなよ押すなよ、byダチョウ倶楽部。
壁に耳あり柱にシロアリ。

リクさん

コメントありがとうございます
旦那さん、良いセンスしてはりますね〜〜。アグリカルチャーに携わるというのは私も夢であります。ダチョウはペットとしてはなかなか私には良さがいまひとつわからないです。ダチョウを飼える敷地があるなら馬を飼いたいです。そう、なにせでっかいんですよねぇ→ダチョウ
餌やりも”鉗子でどつきとばす”というのに近いものがあります。慣れたらそれなりに優しくしてもらえるのかもしれませんが、、。どうもナニです(笑)。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
ダチョウ、画ヅラはかなり可愛いです。ただ、なにせでっかいです。
>押すなよ押すなよ、byダチョウ倶楽部。
先日、笑点でたい平さんが「押すなよ押すなよ」と言っていたのはダチョウ倶楽部のネタでしたか?!ダチョウ倶楽部ももう10年以上目にしていないので(滝汗)。
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ