吸血剣豪小説と分子生物学

2016.07.23 09:00|books

節操はまっっったくありません。

201605311723080ce.jpeg 20160608162356916.jpeg

20160629161204c93.jpeg 20160706090043c03.jpeg



森和俊『細胞の中の分子生物学』
最近ウイルスとかファージとかそこらへんを耳にするにつけ、いまいちよぅと解らん、、と思っていたのでとっかかりに良いかと読んでみました。ま、解りやすいが、解りにくいです(ぶっ)。めちゃめちゃ専門外の話てほんま読むのに基礎知識がないから大変だわよ。ともかく、なんとなくニュースを見聞きした時にそれなりに頭ボーンにならんぐらいはなんとかしてくれる本書、という意味で読んで良かったと思います。

菊池秀行『血鬼の国』末弥純氏装丁イラストのポストカードが付いてました!!(得した、笑)。柳生十兵衛三厳、柳生刑部友矩、益田四郎(天草四郎)、宮本武蔵に吸血鬼ラミア、、もう、めたくそに面白かったです。欲を言えば、やっぱり十兵衛と武蔵の戦いが読みたかった、、。相変わらずの美形美丈夫勢揃いぶり、満足です。箸休めというか読書休めにぴったりの作品。

万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』
面白かったです、が、普通に面白かったのが残念。万城目本の面白さというと日常の中で起きる恐ろしく非日常なことを日常的に表現していくことによって、読み進むに従ってそれが”普通なんとちゃうの”的な錯覚を起こしていく面白さがツボなんですが。こちら舞台が非日常で豊家滅亡のくだりのニンジャ劇、そこでおこるなんかまさに今の時代の常識というかサイキーを持っているやたらと”普通”な男の話なので、いままでのものとは逆転型。ちゅうことで、単に個人的に今時の思想的なノリをもった忍者に違和感がありすぎてありすぎて中途半端なところで冷めてしまった。でもまぁ、おもろいことはおもろいです。ラストは私の好みではない。

こちら4冊は図書館
阿部智里『黄金の烏』
どさくさしていた時に読んだ『烏に単は似合わない』『烏は主を選ばない』の続き。なんとなくおぼろげに雰囲気は覚えているが、さして覚えていなくても楽しく読めると思う。烏世界”山内”がどういう世界なのかじわじわとわかってきた。亜空間トンネルを通って猿が侵略開始、かなりビジュアル的にはグロい割に恐怖感が薄い。やはり人形でもサルとカラスだからなのか、それとも文章自体が若宮的客観だからなのか、非常に興味深い。1、2巻よりも好み。金烏若宮と雪哉はホームズとワトソン君のようでええバランス、それに補佐キャラももっと書き込んでほしいと思うぐらいアッサリとはかかれてるが魅力的続きが楽しみ。
阿部智里『空棺の烏』
前作”金烏”で若宮に忠誠を誓った雪哉が所謂士官学校に入学、雪哉のキャラものすごく好きですねぇ。ええわぁ。まぁ、登場人物が八咫烏なだけでティピカルな学園ドラマですが、設定がとても面白かった。このシリーズ、だんだんおもろなってきました。

恩田陸『夜の底は柔らかな幻』上下
上巻
途鎖(とさ)という日本と地続き(らしい)独立国が舞台で、世界にはイロ(超能力のようなもの)を持つ在色者と が年に一度の闇月にお遍路さんみたいな行事をするという。で、途鎖という音からも連想できるように”土佐”ですねぇ、もろに、大歩危小歩危などの地名もでてくるのでもう脳内では四国の景色がびっちり連想されてしまいます。同作家の『ネクロポリス』や貴志祐介『新世界より』を思い出しました。そういえば、ネクロポリスは和歌山、熊野三山を思わせましたが、今回は四国、、どちらにしても彼岸よりのイメージではあります。イロとかソクとかウラとか慣れた音で慣れない意味の言葉がたくさんでてきて面白い。
下巻、もうすっかり普通に日本が舞台としてイメージ定着、別次元の四国て感じやねぇ。闇月というお盆限定お遍路さんのような行事と水晶筋についてじわじわ解るが、なんか”ホトケ”さんてクトゥルーのようなイメージを受けた。実邦の能力がどんなもんかもっと詳しく知りたかった。最後は微妙にドタバタと終了したのがすこし残念だったが、結構好きなタイプの話ではあった。

色々メモ総集編
その1、頂き物のペットボトルのお茶

2016060816213999c.jpeg

越後 和光庵 お茶
お茶的には全く問題はないんだが、、この
”パーシーのオススメ!”というのが気になる。
パーシーて誰?ていうか、、こういってはなんだが、このアフリカ人がタキシードを着た姿でお茶といわれても、、レッドティー(ルイボスティーとか)が混入しているのか?!とにかく、普通に日本茶としてはあまり美味しくなさそうな感じではある。で、調べてみた(インターネットよありがとう)ら、あのアキハクの会社のようです。
和光庵パーシー ←これは酷い
何十年も前の大らかでネットが無い時代ならともかく、、
これがもしネットで翻訳されて流れたら、人種差別で訴訟問題になるかもしれないねぇ。現在人種系を笑いのネタにすることは全くシャレにはなりません。白人の仮装はもちろん黒人の仮装はさらにややこしことになります。そういえば分子生物学、1953年に二重らせん構造を発表して1962年にノーベル生理学医学賞をとったワトソン(ワトソン、クリック、ウィルキンスのグループ)も2007年に人種差別発言をして表舞台から抹殺されました。国際ネット社会なので肝に命じたいもんです。
ともかく、その2
意識的にフルイドせんと倒れそうですが、お茶をあんまり飲まない。
コーヒーばっかり飲んでます。といってもアイスコーヒーは嫌いなのでホットで(笑)
ホットコーヒーを飲みながらもひやこいもんを体が欲しまして、、

20160722142040e5e.jpeg

パピコ中毒になっております。
パピコてこんなに美味いもんやったっけ??????
これはかなりアディクティブです。2本入りてところが味噌やねぇ、、
出先では2本一気食いしますが、自宅だと1時間に1本にしとこう、とか自制に繋がるかとおもいます(あはは)。
出先ではパピコ以外のガリガリも食べます。
その3

20160608162257c69.jpeg

新潟といえばももたろう
桃太郎という名前ですが、イチゴ味です。
なぜ桃味にしない?!普通にセブンとかで売ってます。
で、セブンでイチゴな桃太郎を買ったときに、目にとまったのが
その4

2016060816224697a.jpeg 201607061345264c1.jpeg


茸のまんま
ポン酢味とわさび味がありまして、よくみるとどうやらシイタケのようです、、、。
干しシイタケ?!
これは、ビミョーな、、
どうみても美味しくはなさそうすぎて、手に取ったものの戻しました、、
そう、干し椎茸を戻して煮たものはとても好きですが、水気のない状態のものはちょっと、、。
ちょっと美味しくなさそう、と思ったんですが、店内一周してからどうしても気になって結局わさび味のほうを購入。
ま、写真のように見た目も干し椎茸ですが、干し椎茸のようにガチガチではなくて噛むとサクサクしています。が、非常にシイタケの味。しかも口の中に残った残りカスがだんだんと普通の戻しシイタケ化しまして、、ビミョーーにナニな感じ。シイタケ愛好家にはたまらない一品なのでは、と思う。笑えました。

その5

20160608162226413.jpeg

なんでも”塩”ってつけたらええもんとちゃうとおもうんやけど、、
しかも、すっごいスイカ味てどうよ。
ここんところ、期間限定スイカ味とか良く見ます。去年とかこんなにスイカ味が出回ってなかったような気がするんですが、、目についていなかっただけなのか???それとも今年はスイカが流行なのか?ほんま、よくわからんけど、色々大変なんやろなぁと思う。がんばってる感大ですねぇ。世界的にこんなけ新製品とか期間限定とか変わった味のお菓子や食品が氾濫する国はないかと思います。食には保守的な(ものは言い様ですが、爆)国がほとんどですよねぇ。もちろん日本のレアといっていい程の宗教色のなさ具合も関係なきにしもあらずでしょうが、、いつもスーパーやらコンビニをウロウロして製品をみてまわるにつけ、色々と思う事が多いです。この新製品の嵐の中で普通に昔の食材や食品も並んでいるところがまたおもろいです。実は最近やっと新製品とガタ地方食と関東地方食の差がおぼろげにわかるようになってきました(あはははは)。関西地方食はまずもってみかけませんのんで、なにげに故郷の味に飢えたままではありますが(ぎゃはは)。ネギ(和歌山人の思うところのネギ)が売ってないのが一番些細に困る(笑)。とにかく、新製品とか期間限定ので具合はほんま、、すごいですねぇ。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング

国際、といえばその2
と入れてたんだが、微妙にボツ(笑_

20160608162126ec6.jpeg

初めて新潟で領ナンバーの車をみた。
実は国際ポートしてぃ新潟、領事館もぽつぽつとあります。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

パピコ大好きでした~
今は、味が色々あるんですね
ももたろう?
ご当地アイス?
関西での王将アイス的な物かな?

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
パピコ、コーヒーと乳酸味(白いの)以外は現在季節限定品だそうです。先週から半額セールだったので大人買いして冷凍庫にびっしりパピコが詰まってます(爆)。
桃太郎はご当地アイスですわ、しかも桃太郎味(普通のイチゴ味なんですが)の飴ちゃんとかお菓子が色々とお土産モン屋で売られています。王将アイスてまだ売ってますのん?懐かしいです〜。和歌山だとグリーンソフトですねぇ。北極のアイスキャンデーとかもナンバに出たら必ず買うてましたわ。ドライアイスいれたもらうと和歌山の自宅に戻るまで融けてなくて、、懐かしいです。

No title

日本、まだまだ人種差別関係には疎いですよね。
そういう私も、留学生からの話にびっくりすることも
多々あり「あぁ、もうちょっと考えなくては」と思います。

パピコ、いろんな味が!!!
シチリアレモンだなんて洒落たものまで!

塩すいか味、しかもクッキー・・・
うーむ、絶対買わないな、私は。

リクさん

コメントありがとうございます
ほんとにそう思いますわ。まぁ、日本人は白人ではないのでエグイこと大問題にならないかとは思わんでも無いんですが(希望的観測)、でもねぇ、結構白人気分な日本人が多いんですよねぇ、なんとなくアパートをマンションと呼ぶような恥ずかしさと悲しさを感じます。つらいわぁ。
パピコ、季節限定品です。白桃味もありました(果汁が入っているので私は食べられないんですが)、ブドウ味が濃くてものすごく美味しいです〜〜。いやもう、新製品とか限定味とか多すぎてどうにもこうにもたまりませんね(笑)。
PS:ポキモンゴゥ、やってますねぇ♪なんかもう先月はその話題でもちきりでした。ゲーマーではない層がものすごくヒートアップしている(米)らしいので、日本でもきっと普段ゲームしない人がハマるんだと思います。あのタマゴッチ的ブーム再来かもしれませんよねぇ(笑)。事故に気をつけて楽しんでください〜〜。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ