ガギグゲゴで大熱唱

2016.06.07 09:09|Birding

鳥屋野潟です。



オオヨシキリが渡って来て2日目の事です。
さらに増えて6羽になってました。もう、駐車場についたときから
ゲッゲッ!ガガピ、ガガピッ、ギギギギギギギゲゲチゲゲチッチョチョチョピィピィピィ
大音量でガキグゲゴ系です。鳥屋野の夏、オオヨシキリの夏(キンチョーな感じで)
生粋ロコ曰く、オオヨシキリもものすごく減ったそうです。昔はもっとたくさん居たよぉ、うるさかったよぉ、って言うてました。ほんまにうるさかったンだろうなぁと思います。今でも十分うるさいです(あははは)。
真後ろとかまできて、啼くからよけいにうるさいねん。

IMG_3100.jpg

ハルジオン(フィラデルフィア・フレアベイン)が咲いていました。ちょっと背が高かったんですが蕾がうつむいてたし葉っぱも下のほうにわさわさしてたんで、ヒメジョオン(デイジー・フレアベイン)じゃなくてハルジオンのほうでしょうねぇ。ていうか、なんで、ジョオンとジオンにしたんでしょうねぇどっちもフレアベイン(Fleabane、除蚤、蚤殺し?)なんやから統一しときゃよかったのに。
北アメリカ原産の帰化植物です。

IMG_3101.jpg

ダイサギが飛んで行く、、、
現在一番多いのがアオサギでさがさんでも8羽ぐらいはぱっと見えてます。次にダイサギ、んでもってコサギ、たまにゴイサギ、んでもってササゴイがうろついています。最近ゴイサギが水の広場の上を飛んで行くのをぼちぼち見ます。どっかで営巣してそう。

IMG_3245.jpg

タニウツギが咲き出した。
田植えの時期に咲くから田植え花とか呼ばれるそうですが、山のほうの人は”ほとけがえり”とか言うて、「家にもってかえっちゃ駄目な花なんだよぉ”と教えてくれました。なんでか?と調べて見ると、それなりに諸説あるようですが、実際の所は不明。

IMG_3236.jpg

ドウダンツツジも咲いていた。
つつじはつつじでも大違い。
実は昔、私がまだ1メートルぐらいしか背丈がないころに、葉っぱがなくて花だけついたツツジを指差して、これはドーダンツツジって言うんやで、と教えてくれた人が居まして、、それいらい長年ドウダンツツジというものを誤解していました(あはははは)。未だにドウダンツツジを見ると思い出して笑えます。

IMG_3277.jpg

ナナカマドも咲いていた。

IMG_2928_20160526181115e76.jpg

一番乗りのスズメの夫婦のカゴ巣
去年、ここに営巣した巣が途中で落ちて全滅、
虫のお兄ちゃんがここにバスケットを設置してくれたそうです。さして手を加える事なく、数日で抱卵はじめました。
で、その夫婦から遅れる事2日、
同日に3組のツバメ夫婦が飛来しまして、この日の前の日にすごい場所取りバトルが繰り広げられました。かなりすごい見物でした。大騒ぎよ。

IMG_3214.jpg

で、この夫婦が勝ち得た時計場所
早速建築開始しております。

IMG_3246.jpg

ツバメの職人芸を眺めていると、、
ハシボソガラスがやってきました。
ツバメ6羽が集結し、迎撃。ちょっとは我慢してましたが、ハシボソガラスは20メートルほど離れたところに行きました。微妙な距離。ちょっと気になるハシボソガラスの行動ですが、、どうやらこのツバメの巣の下はちょっとした休憩所になってまして、そこで鳥(主にスズメ)に餌をもってくる人が居るようで(滝汗)、その餌狙いにハシボソもうろちょろするようです。困った。
困ったといえば、、
現在増えています、ヒナ誘拐事件(親鳥からするとね)
地面で育てられている雛を拾って持ち込まれるのが後を絶たないようで、、(滝汗)。保護施設は親と引き離された健康な雛だらけとなっています。拾う前にとりあえずまず電話してくださいとの事です。

IMG_5318.jpg

拾わないでくださいね〜
あきらかに怪我をしている様子だったり(折れたり出血していたり)、判断できない人は触る(拾う)前に必ず電話してみてください。
新潟県愛鳥センター←新潟県ならまずこちら 月曜日がお休みなのでその場合は新潟県県民生活・環境部環境企画課鳥獣保護班まで
各都道府県に愛鳥センターや市役所、保護施設があるのでそちらに電話をしてみてください。
それと地面で居るヒナの傍によりすぎると親が困りますし、神経質な種によっては人間に触られただけで雛を見捨てるケースもあるので、なるべく遠くから見守ってくださいねぇ。よかれとおもった行動がヒナ殺しになりますご注意召されよ。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

カゴの中にも土盛るんですね
カラス、夜明けから煩く鳴いてます  (汗
雛は、拾っちゃダメなんですね
な~るほど!!

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
盛ります盛ります!でも、こういう”良い場所”に盛る時はそんなに細かい仕事をしないようです(笑)。
微力ながらこうして誰かの目にとまって、1羽でも無駄に拾われない雛が増えるといいなと思います♪

No title

ハルジオン!眠り薬!?
と思ったらそれはハルシオンでした(爆)。

ツバメさん、いい籠貰ってますね~。
安定感抜群そう(笑)。

雛を触っちゃうと「人間のにおい」が付いちゃうから~
ってのは昔聞いたことがあります。
我が家の近くに野鳥病院があるので、もし見つけたら
迷わず電話連絡です!

リクさん

コメントありがとうございます
ハルシオンはギリシャ神話にでてくるやつです。ハルジオンは春紫苑なので、ハルシオンでもええかと思います。が、ジオン軍となっています(ぶっ)。
ツバメの籠、ものすごく人気スポットでした。やはり支えのあるところは建築しやすく安定もいいので人気です。
ま、厳密にいうと”におい”とは言い切れないんですが、説明するときに面倒なので”におい”とか”垢”とかテキトーに(滝汗)。ま、合理的に考えて正確に理解されるよりも、いらんことをされないのがプライオリティですんで(大汗)。近くに野鳥病院があるっていいことですよね!リクさんの近所の野鳥病院にも見学にいって話をきいてみたいです。データも見たい!!!(あはは)。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ