親鸞ぬったり

2016.06.12 09:09|books
沼垂(ぬったり)です。

20160518164110350.jpeg

五木寛之『親鸞』上下
ガタに越して以来、どこへ行ってもつきまとう親鸞の影、ぼちぼちと資料的なものは読んでいましたが,いっそ娯楽的なものを、と読みはじめました。親鸞というと生涯については不明瞭な点が多く、本書も史実のタイムテーブルからは外れていないが、エピソードはうまく創られておりてんこもりに面白い読み物となっています。
上巻は親範(のちの親鸞)が色々な人と知り合いになり、比叡山に入山得度し範宴(はんねん)と称し修行を始め、さらに山を降りて聖となる決意をするところまで。法然の弟子となるもの(史実的に)と思っていたら、存外違う方向でかなり興味を煽られた。上手いです。自身空海エリア者ですんで比叡山についてはあまり身近ではないです。それに空海にくらべて最澄てあんまり伝奇モノでもいじられないような気がして目につく頻度が低い、いじりづらい?ともかく最澄の仏教観がいまひとつ相性があわないこともあり不勉強甚だしいことを実感。そちら方面も近々調べてみたいとおもう。
下巻は範宴から綽空へそして善信へと覚醒するたびにまるで昆虫の完全変態するかのように名前を変えていきまして、妻帯し、念仏し、そして越後遠流が決まり親鸞と名乗るところまで。ほんまのところはどうか、というのはスッカリ気にならなくなって五木ドラマにずっぽりとハマりました。特に選択集(せんちゃくしゅう)の書写を許された時は泣けましたわ、いや〜〜大感動。私自身浄土真宗ではないし本願の宗教理念にはあまり好意的ではなかったんですが、色眼鏡なしにただ一人のブレのない僧侶の生き方を楽しめました。所謂ヒーローものカテゴリに入れてもいいかもしれない。親鸞かっこよく描かれておりまして、読中読後スッキリさわやか。激動篇に続く、とうとうお待ちかねの越後遠流ですわ、楽しみ。

そんなんで、ぬったり
きっかけは親鸞聖人ですが、スッパリとズレて町歩きを楽しんでおります。

IMG_3803.jpg

ぬったりというと、沼垂テラス商店街にあるニュー沼垂ラジオ
ランドマークですねぇ。いい味だしてます。
この「なじらね」というのが意味がわからなかったので、調べてみると、
”How are you?"
というような意味らしい。
「ハロ〜ハワユ〜〜?」と言うところを「はろ〜なじらね〜?」となると。
なんか、ええやん♪使いたいけど、発音がわからん(笑)。今度誰かにレクチャーしてもらおうと思います。

IMG_3806.jpg

このごちゃごちゃ感がワクワクするねぇ。

IMG_3845_20160518182400c4b.jpg

こじゃれた店もある。ルルックキッチンというらしい、
”ねこ焼あります”という幟に惹かれて、小腹も空いてるし猫でも食おうかと近づくと

IMG_3846.jpg

休憩中、チーン

IMG_3847.jpg

ほー、もちもち、、、、
笹団子味もあると、、またの次に来たときに食ってみたいと思う。

IMG_3809.jpg

チャリブラしながらキョロキョロウロウロ
なんとなく雰囲気が和歌山のじゃんじゃん横町に似ている。ただし和歌山じゃんじゃん横町のようないかがわしさが全くなくて、とっても健全なムード。大阪のじゃんじゃん横町はスッカリ面変わりしてるからねぇ、おもろないわな。

IMG_3810.jpg

ちゃこという飲み屋のむこーーーの方に
カトレアって喫茶店が見える。
どこにでもあるわな。なんでカトレアが純喫茶のポピュラー名になりえたのか???そこらへん気になる。
和歌山にももちろんありますしほとんどの県にあるんではなかろうか?しかも全国チェーンではなさそう。カトレヤもある。純喫茶命名法の謎。

IMG_3850.jpg

最後に念吉でプラリネ買って帰った。
うまうま

IMG_3854.jpg

ぬったりとした午後でした。

応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

いやいや、コレはディープな街
ちゃこさんで一杯やりたい~  (笑
そういう街並み、無くなりましたよね

No title

ぬったり、味がありすぎます~。
ラジオ局の看板の字!
なぜそのフォント(笑)。

ねこ焼き、ぜひリベンジしてくださいませ!

なんだかお家にトタンが使われてる率が高い気が・・・。
冬場寒くないのかしら??

No title

あぁー揺さぶる内容ですねぇー読みたいなぁー
帰国前にはオカンに一押しし購入を支持して読ませておきましょう
で帰りに持って帰る、妄想は綿密
おもろいですねぇ店の名前ってこういうの存続してるんですねぇ、ステキやー
みつるって・・・どっか国外やとパチもんの日本食屋っぽいです
カナダで次郎って店に入ったことを思い出したわ。まぁーハズレやったけど。
休憩ってある、いやーポルトガルスペインだけかと。アハハ
↓こんな服屋ウチの実家の近所にあったわー 民家店 なつかしー

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
噂によりますとここいらで一番ディープだそうです(笑)
いっぱいひっかけたくなる処多しです!!
和歌山もかなり減ったそうですわ、、(遠い目)。

リクさん

コメントありがとうございます
フォントいいですよねぇ(笑)なんというか、これこそ景観にあっているというか、センスいいなぁと(笑)
ねこ焼き、リベンジします!ていうか、私の都合が良い時間に閉ってるんですわ(笑)
ここだけでなく全域でトタン率高いです。冬、寒いでしょうし、雨も多いのでかなりうるさいとおもいますわ。

m_tomo27さん

コメントありがとうございます
親鸞全部で6冊、字も大きくて内容も結構軽いのでさくさくっと楽しめます。これは全年齢の方におすすめです。
店の名前、おもろいですねぇ。こちら、とんでもないスペル間違いや、恥ずかしい意味、、、って店名も多くてヒックリコケること多いです。そう、まさにパチもんの日本食屋とかっぽい(あははははは)。色んな意味でかなり無法地帯です。
昼に休憩はいる店も多いですよねぇ、こちらの地元の人にセスタの事を言ったら、ラテンのほうがガタのマネだと言い放ってましたわ(あはは)。
時間がとまったような町です。
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ