ビアズリーと思い出

2016.05.14 09:09|museums
万代島です。

2016051016044184f.jpeg

新潟県立万代島美術館 ”ビアズリーと日本”
オーブリー・ビアズリーとビアズリーに影響を与えたと言われる浮世絵、それにビアズリーから影響を受けた作家の作品。ビアズリーというともう何十年の前に初めてであったのはポーやワイルド、マロリーの挿絵からでしたが、特に高校2年ぐらいのころから妙に好きが高じて、サヴォイとか古本屋で漁ったり図書館でコピーしたりして、さらに自分でもよく模写をしまくったんですわ。懐かしくて赤面しそうです(なんじゃそりゃ)。ちゅうことで、展覧会場に入ったとたんに高校生の頃の事がブワーっと思い出されました。思えばあれから長い事生きてきましたが、あの頃のようなフレッシュな好奇心はどこへいったのか。なんとなく反省(おいっ)。あとは、日本の作家の作品もかなり見ごたえありまして、和歌山が生んだ田中恭吉とか新潟の蕗屋虹児の作品も並んでいて大満足。ただ、会場は閑散としていてほぼ貸し切り状態だったんですが、セクション2にさしかかったところで、私と多分同じ年頃の男女2人組が現れ、これが非常にうるさくて延々としゃべって笑ってほたえている。妙齢のアベックか?!という雰囲気の桃色キャピキャピとした気持ち悪さに嫌悪感も加味されて忌々しかったです。で、なんとなく釈然とはしないが、またセクション1に戻ってちょっと座ってその2人が去るのを待ってから(結構2部屋ぐらい隔てても聞こえてくる嬌声)、じっくり観賞したんでした。というわけで、微妙に貸し切りで楽しかったです。こんな空いてて大丈夫なのか心配。

20160509174543045.jpeg

岩合さんの世界ネコ歩き
三越で買い物したら招待券をもらったので、寄ってみました。すんごいいいプリントだわ、やっぱり(どこみとんねん)。ともかく、彼の撮る猫はいいですねぇ、良いプリントで観るのもとっても良いですが、それよりなにより驚いたのはグッズの多さ!!!岩合猫写真グッズもものすごくたくさんの種類がありましたが、猫グッズも恐ろしくたくさんあって売れまくってました。猫、おそるべし。
展覧会、チャリで行きました。チャリの良さは途中で立ち止まってウロウロできるということです。好きな所で立ち止まり放題だし、歩くよりも早いし疲れないし(笑)。
万代から沼垂にずらーーっと並ぶ商店街をつっぱしる。

IMG_3855_20160510171022c28.jpg

ご当地B級グルメの鶏半身揚げで有名な”せきとり”
本店は新潟柳都中学校の近所にあるんだが、こちらは新潟駅に近い東万代店、観光客には便利。

IMG_3859.jpg

わー美味しそうなハンバーガーと立ち止まる。腹は微妙に減ってるし。が、ハンバーガーは大好きなんだが、名前がなぁ、、多分バガボンドな感じで使っているんかと思うんですが食事処的にどうかと、、なんかヒッピーというかルンペンというかそんな感じで非衛生的っぽいイメージですねぇ。Trampていうのも場末の売春婦っぽいのがポっと頭に浮かぶのでイメージ悪いけど、若者はそこらへんがカッコええと思うんかもしれんねぇ。そう考えるような世代のオバはんは弾かれてしかるべしかと、静かにその場を去った。

IMG_3860_20160510171005547.jpg

たいやきも美味そう。肉まんも美味そう(笑)。あま太郎ですよ、やっぱり食欲中枢にダイレクトに響く名前ですよねぇ(あははは)。こちらのお店のほうが私には似合うと思います!(爆)。笹団子の店ってものすんごく多いねぇ。自宅でホームメイドの笹団子も普通に作られているらしい。ということで、みやげもんというよりも、ガタ的普通食笹だんご。

IMG_3858.jpg

おどろおどろしい手芸の店
中のカウンターでお店の人がテーブル(木製)の修理をしていた。なんでも直してくれるようだ。
あ、そういえば、こちらの人に「なおしといて〜」と言うと「何を修理するんですか?」と言われる(笑)。「なおす」というのは和歌山弁(関西全域で使えますが)では「直す」「治す」以外に「片付ける」という意味がありまして、かなりよく使われます。

IMG_3857.jpg

何の店かわからない、、。

IMG_3862.jpg

ショウウィンドーの中から目の中に飛び込んで来た物品が!!

IMG_3861.jpg

これです、これ!
ブルボンの羽衣あられ!!!!和歌山及び関西では普通に売られているかなりメジャーな新潟会社のあられ菓子なんですが、何故か関東甲信越では売られているのを見ません。輸出専用品なのか?(輸出て言うな)
なんでなんでしょうね???
チャリブラ、楽しかったです♪
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

猫さんチケット、いいですね~♪
そのままブックマークにできそうです。

あま太郎、いいネーミングです(笑)。
直球そのままってのがいいです。
笹団子もいいですけど、今日はたい焼きに気が行く私です。

あー、確かに羽衣あられこっちでは見ません!
こっちで買うには輸入しなきゃ(笑)。

No title

美術館でうるさいヤツ、サイテ―ですな。
岩合さん、書店でもついつい順番に見てしまいます。

No title

面白そうなお店が多くて
チャリブラもいいですね~
羽衣あられ、目の前にあるのに
食べられない?

リクさん

コメントありがとうございます
猫さんちけっと、かわいらしデザインでブックマークにしています。って、レシートとか色気の無いモンでもなんでもブックマークにしてしまうんですが(笑)。
あま太郎、まさに直球。私はたいやきよりも回転焼きのほうが好きなんですが(カワがすこし違う)、たいやきも回転焼きもあんまりみないです←ガタ。もっと細かい通りや商店街を走ると発見できるのかもしれないですが、閉店になったたいやき屋は数件通り道にあるので、もしかしたらたいやき暗黒時代なのかと、、。
でしょ!!関東で羽衣あられは見ないし知名度も恐ろしく低いです。というか、どのスーパーの店員さんもしりません(聞きましたし、爆)。やっぱり輸入ですねぇ(あははは)。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
かなり困りますが、特に静かで客の居ない時のうるさいグループ。超大団体となるともうこちらもあきらめの境地にははいるんですが、。
岩合さんというとアフリカのイメージとニホンザルのイメージが強いんですが、最近は猫だそうですね。写真もまろやかになってきたように感じます。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
チャリブラ、ものすごく楽しいです。新潟駅のまわりも旧市街の商店街や花街はほんとうに見ごたえあります。
そうなんです!!目の前にあるのに非売品(爆)羽衣あられ、レアものです。
非公開コメント

| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 07月 【22件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ