スポットライトとライトハウス

2016.04.20 09:09|movies
色々懐かしかったです。

20160417162303e7b.jpeg

Spotlight(スポットライト)邦題『スポットライト 世紀のスクープ』トム・マッカーシー監督の伝記ドラマ。今年のオスカー作品賞、去年の映画で一番評価の高かった作品ってことですが、評価に違わず非常に見ごたえある映画でした。スポットライトというとThe Boston Globeの看板の1つ少数精鋭調査報道グループですが、そこが2002年にパブリッシュし全世界に影響を及ぼしたカトリック協会の性的虐待事件(Catholic Church sexual abuse cases)、これが世に出されるまでの話し。ボストングローブの目的は当時ボストンのアーチビショップ・バーナード・フランシス・ロウ(本当にLawて名前なんで出来過ぎ感あり)の関与と教会システムの摘発。この件のパブリッシュの寸前にセプテンバーイレブンがあって2002年に延びたという事なんかもありましたが、そりゃもうものすごい反響だったのを覚えています。当時ボストンから1時間ほどのプロビデンスに住んでいたので地元紙だけでなくボストングローブも読んだし、テレビでもえらい報道されました。その後全世界でのカソリック僧侶の性犯罪がでてきてうんざりするほどだった。当時確か全米で子供に対する性的虐待行為の疑いをもたれている聖職者が4500人以上居るて報道されてましたねぇ。聖職者の6%てすごいわな。ともかく、映画はセンセーショナルな画像描写はないもののネタがバーバルですでにセンセーショナルなので十分迫力ありました、淡々と事件を追うジャーナリストの地味な作業が描かれるんですが、知名度の高い大都市ボストンの裏の顔というか人種間の対立とか貧富の差とか、色々なもんが見えたりするわけですねぇ。

He's one of the lucky ones. He's still alive.

考えさせられましたが、ほんま懐かしいちゅうのもありました。地元やゆかりの土地が舞台になっている映画はそれだけで結構おもろいもんです。そういえば、マイケル(マークラファロ)とロビー(マイケル・キートン)がどちらもトヨタのカムリ、、当時私もカムリにのってましたが(爆)あの頃ほんまめちゃくちゃカムリ率高かったですニューイングランド地方。なんだったんでしょうねぇ、あのカムリの多さは。
さて、



角田岬灯台に寄りました。
新潟市西蒲区、角田山の海側の麓に建つ白亜の灯台で海面から灯火までの高さ50メートル、1959年から海を照らしているそうです。光の届く範囲は35キロ。年に2回灯台が公開されて灯火までのぼれるそうです。
ヤングニイガタンの有名デートスポットでもあるらしいです。が、私が訪れた時はものすんごく高齢化が進んだ感じでした。そしてみなさん角田山に登って降りてきたとおっしゃってました。登山系シルバー多し。
駐車場に車を停めるとまずトンネルへ

IMG_0310.jpg

手掘りトンネル、
ここを抜けると名勝の判官舟かくし

IMG_0315.jpg

右上のほうに見えている鉄柵のところがトンネル出口
大小2つの天然洞穴、右が大きくて奥行き28メートル、幅4〜5メートル、天井は海面から干潮時6.5m、満潮時2.5m、左はちょうどその半分ぐらい。1187年(文治3年)、源義経が頼朝に追われ奥州平泉に海路で落ち逃れる際に、追手をかわすのに舟ごと隠れた洞穴だそうだ。

IMG_0316.jpg

満潮で海が荒れている時に来たら、すごいことになってそうな
いらん弄りのない小道がすばらしい。
変な柵とかびっしりついてたら興ざめやもんねぇ。
とにかく、恐がりの人なら嫌がりそうな道を数メートルすすんで、灯台へのぼる階段に足をかける。階段はほんとに人一人分ぐらい、多分180センチ200キロの人とか無理やねぇ、かなり小型です。

IMG_0337.jpg

灯台まで登りましたが、残念なことにお天気ながら視界非常に悪く、
モヤモヤと霞んでいまして残念なので、
ちょうど真下の崖で良い声を披露していたイソヒヨドリ雄で(笑)。

IMG_0335.jpg

で、おりてきました。
下りの階段がこれまた異常に急でけつまづいたらそのまま海へぽちゃんです。
ぽちゃん、だったらいいけど岩だらけなんでタダじゃぁすみません。
ちょうどこの時辺に誰もおらず、もちろん私独りだったのでぽちゃんといけば誰も助けを呼んでもらえないという状態ですねぇ。水漬く屍になった自分を想像したりしてねぇ。ともかく、
ふざけないで昇降は真面目にどうぞ。

IMG_0283.jpg

この日本海沿いの402号線越後七浦シーサイドライン、
奇石、絶景、滝やらもあって、結構たのしいドライブコースです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

もう10年位前になるかな?
わが町の某教会でも同じ事がありました
当時、マスコミが押しかけて
凄い騒動になりました
岬っていいですね
先っちょ好きライダーの端くれです  (笑

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
それもこの事件の余波だと思いますねぇ、時期もちょうどそうですし。↑この後、全世界に摘発が伝播して、つい最近でもデモがあったりと収束してないみたいです。だいたいこのカソリックの坊さんの人数で末端まで全員性交渉厳禁とか破綻するのが目に見えてるような気がするんですが。
岬って良いですよね(同感)。
私の場合は先っちょバーダーの端くれですね(あははは)。

No title

わ~♪
こんな場所大好き~
面白そ~♪
霞んでなかったらすっごい景色良さそうですね♪

No title

当時うぶだった(?)私は
「ええええっ!!!そんなこと聖職者がしていいのっ??
しかも何故男の子?!?!」
とかなり衝撃を受けたものでした。

灯台好きです♪♪
確かに日本にしては珍しく柵とか注意看板がないですね。
し、しかし階段本当にほそっこい・・・。
強風の日には遠慮したい場所かも。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
楽しかったです〜。歩く距離が少ないのもポイント高いですし(あははは)。
スッキリ視界良好だとものすごく景色がいいそうです。また寄ってみようと思います:)

リクさん

コメントありがとうございます
あははは、でも信者さんたちのリアクションは衝撃どころの騒ぎではなかったですわ。とくにアメリカンカソリックの性的なものに対する反応て普段からものすんごい過剰なんで、そりゃもうえらいこっちゃもう大変。でも、宗教で聖職者が女人禁制となるとお稚児となる流れて日本人的には普通な感じはしますけどねぇ。昔は”たしなみ”程度だったことですし(あはははは)。
灯台、良いですよねぇ。先っちょ愛好家多いです♪
でしょ!!この無粋な注意書きとか柵のなさに惚れました。さすがガタ!!ガタユルここでも炸裂です。強風の時は海も結構時化るので全部波でえらいことになるようで、阿呆が一人でも居って事故おこしたら柵がつくんですよねぇ。夜間に封鎖されているわけでもないのに変な落書きも目につかなかったですし、ほんとうに良い所なんだなと目で見えたような気がするほっこり絶景だと思いました:)
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ