日本の霊性

2015.08.01 10:10|books
Once in a blue moon

Blue moon

Jube Oさん(@jubewakayama)が投稿した写真 -



まぁそら滅多に無いって意味ですが、
昨日はBlue Moonでした。満月が月に2回でブルームーン。満月周期て29日ちょいなんでOnce a blue moonは3年弱に1回てな計算になるか、3年弱に1回が”滅多に無い事”なんかどうか、主観的な話になってきますが、ま、3年弱に一回でさらに晴れてんと見えませんのんでねぇ。昨日はほんにごっついビッカリコンと月が輝き倒しておりました、まぶしいったら(笑)。

20150728142352ed0.jpg

梅原猛著『日本の霊性 越後・佐渡を歩く』
「霊性」というのは仏教学者鈴木大拙が戦時中に語った言葉で、「精神」という言葉が国家主義に利用され色がついてしまったことを厭うたからではないかと思われるが、それよりも近代日本人の精神に宗教性がかけていることを憂え、宗教性を回復しなければ日本人の精神はますます浅薄化すると考えたからだと著者は説明している。著者も日本人の精神に宗教性は必要欠くべからざるものであると思ってこの題名にしたらしい。
越後は縄文文化からの霊性の国で、越後で目覚めた三種の霊性、親鸞による浄土教的な日本的霊性、日蓮による法華宗的な日本的霊性、良寛と白隠による禅宗的な日本的霊性を探る紀行文考察にすぐれた著作。
 梅原的仏教アプローチの文章がとても好きなので非常に楽しめた。そして、知らん事多すぎるので調べる課題がてんこ盛りに増えたよな感じ。やっぱり越後は上越から長岡あたりが一番おもろそうではある。いかんせん身動きならんのでまずは座学からやねぇ。見る前にまずある程度知識をつけとかんことには。
そりゃそうと、
日蓮師といえば、、と全く越後とは関係ないが日蓮大師が出て来た。

201507281507268e1.jpg

高田崇史著『鬼神伝』神の巻、鬼の巻、龍の巻
龍の巻が未読だったのだが神の巻と鬼の巻もほぼ記憶消失だったので再入手。最近の高田本はQED期にくらべて非常に軽くなりすぎて少々もの足りないが、鉄と鬼に対する基本姿勢にゆるぎなくとても清々しくて読み易い。で、龍の巻にかなり魅力的な佐渡に流される前の庶民ヒーロー日蓮、というキャラクターがでてきます。現代からタイムトラベルしてきた須佐之男命の子孫天童純を助けるおいしい役柄ですわ。この時期実際には他宗派と対決していたので、ま、”対決”のやりかたが非常に違うだけでイメージとしては面白い。
1264年(文永元年)左腕と額を負傷、門下の工藤吉隆と鏡忍房日暁を失う。
1268年(文永5年)蒙古から幕府へ国書が届き、他国からの侵略の危機が現実に。日蓮は執権北条時宗、平頼綱、建長寺蘭渓道隆、極楽寺良観などに書状を送り、他宗派との公場対決を迫る。
1271年(文永8年) 7月 極楽寺良観の祈雨対決の敗北を指摘。 9月 良観・念阿弥陀仏等が連名で幕府に日蓮を訴える。 平頼綱により幕府や諸宗を批判したとして佐渡流罪の名目で捕らえられ、腰越龍ノ口刑場(現在の神奈川県藤沢市片瀬、龍口寺)にて処刑されかけるが、処刑を免れる。
10月 評定の結果佐渡へ流罪。
その流罪中の3年間に『開目抄』、『観心本尊抄』などを記し、法華曼荼羅を完成させたので佐渡流罪が日蓮にすばらしい時間を与えたように思う。なにがあっても自分の信念やモチベーションを失わず、心閉ざさずにポジティブに保つこと、そこらへん肝要やねぇ。法華宗は信心しませんが、日蓮大師から学ぶ事は多いです。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

きれいなお月様
わぉ~っ!!  (笑

No title

そちらではそんな美しい青い月が見えたのですか・・・
もしかしてこちらの月は暑くって色がぼやけてしまったのかもしれませんね。
わお~ん!!

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ほんまに綺麗なお月さんでしたわ。
これ、部屋の窓から撮りました♪

ハイジさん

コメントありがとうございます
だまされてはいけません、これはフィルターを使っています(あははははは)。
”ブルームーン”なのでシャレで、、。
テレビで暑い場所トップ5やってましたが、バッチリハイジさん地方が写っていました。危険です。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ