ショアバードがやってきた

2016.04.16 09:09|Birding
瓢湖です。

IMG_8705.jpg

とてつもない疲労感に襲われていたにも関わらず、外に出てしまった日の事です。
とりあえず楽に鳥をみるなら瓢湖です。
とにかくなんかは居ます(笑)。
駐車場に車を停めて、まずコイコイエリアを見ると、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、オナガガモ、マガモ、カルガモ、オオバン、オオハクチョウ、コハクチョウ、カワウ、それになぜかしつこく嫌がらせをするトビ(あはは)。
時折ミサゴ(オスプレイ)も漁をしていきます。やたらとチュウヒ、ハイイロチュウヒも飛んでいて妙に賑やかな上空。
裸眼でこれなので、やっぱり瓢湖はナニよねぇ(あははは)。
双眼鏡で見ると、



ツルシギが13羽
まだ黒くはなってない。

IMG_8846.jpg

カワラヒワがどっさり



オグロシギが4羽
地面をプスプスやってました。



水芭蕉の花もたくさん咲いていていい感じ。
五泉市の水芭蕉公園に行こうかな、、と思っていたが、
もう満足(ぶっ)。
ちなみに、この姿で思い出すのは



スカンクキャベツ、、(臭いキャベツ)
これと色違いです、で見たままに同じ種族なんですが、
やっぱり私達がありがたがる水芭蕉の名前はアジアの臭いキャベツなのであります。
ほんまにそこまで言うほどは臭くはないと思うんですが、、、
ま、マッタケがホコリの匂い、トリュフが芳香ってだけあって、かなり欧米人の香りの好みはナニな感じだとはもわんでもない、、。

IMG_8792.jpg

なんとオシドリのオスが1羽、
しれっと仲間にはいっていました(笑)なにしとんねん。

IMG_8815.jpg

マガモとカルガモのハイブリッド
マガモ率高めでいまいち面白くない。

IMG_8812.jpg

ヤングの白鳥が、、、
かなりスッキリとごちそうさまになっていました。
残念ながら若鳥の1年生存率は低いです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

一番右のツルシギさん
ぎゅっとお目目を閉じているところが可愛い♪

同じ姿かたちでも
色が違うとこんなにも印象が違うんですねぇ。
紫は・・・やっぱりちょっと毒々しいというか(笑)。
臭いにおいを放つのも納得の色合い(笑)。
私が聞いたことがあるのは
松茸=ブーツをはいた後の靴下のにおい
です・・・・。
やーめーてー!

ヤング白鳥さん・・・合掌。

リクさん

コメントありがとうございます
左のツルシギもめっちゃウトウトしてました(笑)。
臭いキャベツもほんとに雰囲気かわりますよねぇ。アチラのんは色がなんとなくラフレシアを連想させるといいますか、肉っぽい感じがないこともないですが、こちらのミズバショウは白くて清楚です、、が、しかし、この時期をすぎた現在はすごいことになってます。葉っぱはべろべろに巨大化、まさに巻いてない巨大キャベツといいますか白菜のお化け、それに花の芯の部分がグロテスクに一本立ちしてましてえぐい感じになっておりました(あはははは)。清楚さゼロです。でもやっぱり臭くはないんですわ、私の鼻には臭いとは思えないです(笑)。
マツタケ=ブーツを履いた後の靴下、、、、
それはツライですわ(ぎゃはははははは)。
合掌

No title

丸い体にしっかりした顔の子やなぁ、カワラヒワ言いにくいですねぇー
マツタケはホコリの匂い・・・そうなんや
あんまり食べたことないのでどんな匂いだったか?アハハー
トリュフって同じキノコやん?グロいしなぁ最初に食べた人はスゲェ根性やなぁと。
まぁどちらもあたしの現実には登場はしない世界
アケビの芽食べたことあります不思議な感じ、時期のもの山菜ってスゴイよなぁー
みょーな味が多いが食べたくなる、冬の毒出しを体が求めるのかねぇー
山菜ではないですが貧乏くさいところでサツマイモの茎が好きです、食べたことありますか?
水芭蕉ってキャベツ・・・・なるほど

No title

さすが、瓢湖
色んな鳥が、どっちゃりいますね
ありゃ~白鳥
それが、自然ですね
最近、いっちゃん付近では
小亀の甲羅が・・・
カラスにやられてます  (汗

m_tomo27さん

コメントありがとうございます
カワラヒワかわいいですが、やたらとたくさん居るので有り難みはあまりありません(笑)。
マツタケを絶賛する外人にはあった事がないですねぇ。匂いのツボが違うんだとおもいますわ。
最初に食べた人はすごいなぁと思う食べ物って多いですよねぇ(あはははは)。でもまぁ、香りのいいものは手をだしやすいとは思います。あとトリュフなんかは豚とかが好んで食うのでそれなりにきっかけになりやすいかとは思います。
山菜、面白いですねぇ。サツマイモの茎、、昔どこかのイベントで食べた記憶がありますが味とかまったく記憶にないですわ。クセはなかったような記憶が、、。トウモロコシの髭とか結構好きですけどねぇ、レストランでマッシュポテトの付け合わせにでてくる事がありますわ。ま、山菜とかそれなりにとっつきいいですが、甲信越食文化でいちばんカルチャーショックがあるんが昆虫食ですねぇ。和歌山には無いですし、ものすごく”普通”に売られているのには驚きました。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
瓢湖はいつもなんだかんだと面白いです。ちょっと人工的なのでダイナミックさはないですが(笑)。
こちらもそろそろ亀が道路にでてくるようになりました。轢かれて烏に食べられるというシーンが増えそうな気配です。先日ちょっと大きくなった小亀がアオサギにまるのみされていて、サギの喉が亀のかたちに”ンガンン”(サザエさんのED)になってました。

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ