頭上注意

2016.04.08 09:09|trips
小樽です。

IMG_8492_201603311720204cf.jpg

堺町通りを抜けて、倉庫街のほうに歩いて行くと
驚く程人がいなくなりました。倉庫はフードコートやびっくりドンキーになってたりしまして、ちょっとおもしろいかんじです。これがもしマクドナルドだったら食ってたかもしれません(笑)が、びっくりドンキーの腹ではない。

IMG_8445.jpg

六花亭も倉庫

IMG_8490.jpg

これこれ、懐かしいです。新潟市内の雪はやわこいので直ぐ融けてこんなふうに黒い邪魔物体になる姿は見ませんでした。やっぱり暖かいところの有り難みを実感する。
 この春にはると真っ黒けになった雪の残骸がいつまでも道路脇にあってうざいんですよねぇ。融けるとこれまた黒い汁でして、白いズボンとか絶対はけんしねぇ。

IMG_8494_20160331172017cca.jpg

低温恒温倉庫

IMG_8485.jpg

よくガイドブックとかに写真がのっている運河と倉庫
ちなみに写り込まないようにフレームしましたんですが、コレ撮ってる私の周りは中国語韓国語がものすんごいことに阿鼻叫喚。声が凄まじくデカイし、すこし離れたところに居る人を呼ぶのもその場所に行かずに叫んで呼ぶので大変なことになっています。情緒も糞もない(あははは)。
それと、小樽の至る所スマートフォンを棒につけて持ち歩く外人の多い事。なんじゃありゃ?多すぎ。特にお店の中でも電話をつけた棒を振り回していて危ない事この上ないです。で、ふと思い出したんですが、”自分を撮る棒”ていうのがあるらしく、電気屋で箱を見た事がありますし、ラジオかなにかでその棒が物議を醸しているという話しを聞いた事があるんですが、、こんなにものすんごい数の人が棒にカメラがついたのを持っていたので、ちょっと別の何か新興宗教のような(太鼓とバチとかみたいな)団体に見えるというか、別モンに見えますねぇ。遠くから見るとおかげまいりみたいです。ていうか、アレ危ないですわ、ほんま。それにナゼみやげもん屋の土産品と一緒に記念撮影するのか?????それも1個ならまだしも店の品物全部撮るほどの勢いで、、、。謎やねぇ。

IMG_8438.jpg

あ、オルゴール屋の写真撮ってたわ(笑)
メルヘン交差点というらしい、、。この時この時点ではチャイナタウンみたいでしたが。
時計はカナダ人職人作成の世界最大蒸気時計で蒸気をモウモウとはいてました。

IMG_8475.jpg

名取邸
ナトリというと珍味、おつまみのナトリを思い出すが、こちらのナトリさんは山梨県の銅鉄金物商だそうです。
蔵らしく窓がごっついのが面白い、これは北海道では防寒にも良さそうな気がする。

IMG_8489_20160331173001cd1.jpg

一番多く目にする看板が”頭上注意”
雪とかツララが落ちてくるのは慣れてない人は注意を忘れるからねぇ。
ブラブラと眺めてあるいてとても面白かったです。

IMG_8521.jpg

小樽駅へ戻って、
帰りはエアポートエクスプレスの座席指定とかあるかな、と思ったが、、
無かった。指定席が売り切れているとかではなくて、、、(なんじゃそりゃ)意味がわからんかったが、とにかくみどりの窓口の人が5分後の急行に乗れと指示されて、従う事にした。小樽駅の隣りにバーガーキングがあったので、ちょっとゆっくり目の指定券買うて暇つぶしにワッパージュニアでも食うたろと思ったのに(あははは)。
電車は別に指定券を買わんでも普通に座ることができるそうで、、
たしかに、かなり空いてました(朝よりはましだったが)

IMG_8526.jpg

あさり
帰りの車窓からまたハーレクインダックが見られて、またもや妙に興奮しながら札幌へ戻ったのでした。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
北海道11
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

北海道は札幌と函館に伯母がいて、仕事と遊びで10回は行ったけど、冬はあまり行かないですよね。札幌の雪まつり、積丹半島でのスキーとかは人気。夏はサマージャンプもあるけど。余市の街も素敵だけれど、ニシンとカモメで有名な江差もいいですよ。タロに会えなかったのは残念ですがまたの機会に。樺太犬だけに私の息子のシロキチよりは少し大型でした。またの機会が持ててよかったですよね?

No title

うわ~(汗)
ほんと明るめのズボンとかはけないですね。
でも今年は暖冬やったんで
残ってる雪も少ない方なのかな。
あの自撮り棒、迷惑ですよね。
前に京都行った時も
使ってる人の多い事!
人がめっちゃ多いところでも歩きながら
平気で撮るから危なくてしゃ~なかったです。

No title

↑ごめんなさい(汗)
ふくねえです。

sirokitiさん

コメントありがとうございます
北海道開拓移民の1、2位は青森新潟だと書かれていました。現在読んでいる本も新潟の村上や新発田から北海道に移民した人々が主に登場し、大変興味深いです。本当に大変だったようです。いつか時間ができればゆっくりと冬の道東標津の方面を巡ってみたいと思っています。

ふくねえさん

コメントありがとうございます
パステルカラーのジーンズとか別の柄になりますわ(あはは)。靴も布とかスウェードとかわやです。あ、確かに今年は道央も暖冬だったと言うてました。が、雪は寝てしまうととことん減らないんですよねぇ(遠い目)。ほんと、日陰とか7月下旬ぐらいまで残っていたのを覚えています。多分北海道も同じではなかろうかとおもうんですが、氷室を作れば一年中無料エコアイスです(笑)。
そう、あの棒!!!初めて使用している姿を見ましたが、アジア外人の塊がおったらその7割りぐらいは棒に電話つけてました。邪魔で邪魔で(あはは)。ガラス細工のお店が多い小樽なんで、きっと年間だいぶあの棒で店の品物を破壊されているように思えます。事故も多そうですよねぇ。京都とか、、もっと腹立つやろなぁ、、もっとせばいし。清水寺とかで棒ふりまわされたら舞台から飛び降りてほしくなったりしてねぇ(あははははははは)。

No title

自撮り棒、流行りましたが
日本人、自粛モードで
持つ方が、無くなりましたね
アジア系の方が、まだまだ持ってますが・・・
あれ振り回すとあぶないですね
小樽、風情が残ってますね

No title

汚ねぇー雪久しぶりに見ました、そう春の残り雪は汚い 北陸
あぁーやっぱり中国人多いんですねぇー各地で豪快にやってらっしゃるようだ
自撮り棒ってホントに使う人がいるんですねぇー
そんなに自分を撮りたい?わからんですその気持ち
あぁトイレの鏡ねぇ、ヨーロッパは暗いからいいんですよそんなに見えへん
関空のトイレの電気はめっちゃ明るい!手洗って何気に見てしまう自分の顔
ぞわっー電気がめっちゃ明るいってすごいですねぇー何もかも映し出す?
まぁこんなんやし自撮りしたい人の気持ちはわからんのでしょうー
日焼け止めの違和感・・・・ツライ
アレルギー大変ですねぇー繊細なんやねぇー

No title

すっかり懐かしアイテムとなりつつある残雪ですね。
安心して下さい、溶けてもピザはでてこない・・・はず(笑)。

自撮り棒ですね。
本当大陸の方たちは好きですよねぇ。
その距離なら手を伸ばしても一緒じゃない?って距離でも
自撮り棒使用してますもんね。
最近は自撮り棒禁止エリアも増えてますよね。

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
流行った時期を知らないので、かなりショッキングな景色でした。
なるほど、持ってないグループが日本人グループだったのかも(笑)。
小樽、とても雰囲気がよかったです:)

m_tomo27さん

コメントありがとうございます
北陸、、といっても新潟市内の今年はこんな雪はまったく見ませんでしたわ。昔はあったのでしょうか、、。
いやもう、中人だらけでした。そりゃもう蝗の襲来っぽい感じです。
棒、初めてみましたわ。すごいですよ、あれはけっこうビビります。自分、撮りたい人多いですわ。でも他人のカメラに写りたい人て全く居ないですよねぇ、結構カルチャーショックを感じます(あはは)。
そうなんです、どこもかしこも部屋だけでなく風呂とかも限りなく明るいです。細かい棘とかささったときに便利ではありそうです。tomoさん、視力ええんですね!!それは羨ましいです。私、メガネかけててもあんまりよく自分の顔が見えないので(シンクを隔てた普通の立ち位置からは鏡が遠すぎて)気にならないのかもしれませんが。
アレルギー、ほんまうっとしいですよ、アレルギーだけやないので繊細というと聞こえはいいですが、なんか自己免疫がポンコツなんですわ。

リクさん

コメントありがとうございます
のどもとすぎれば熱さわすれますねぇ、、(あはは)。
とけてもピザはでてこない(ぎゃはははははははははははははは)
靴下とかも?(あははははははははははははは)
そう、そう自撮り棒!棒につけっぱなしで、そのまま通話したりメールしたりしてましたわ。
棒禁止エリア、、というのは目につきませんでしたが、あったのかもしれません。私が気付かなかっただけかも。ほんま、禁止したほうがいいですよねぇ。それよりなにより、見た目も変ですし、凶器も簡単に隠せそうで見ていてアンコンフォタブルですわ。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ