オタル、ハーレクイン物語

2016.04.04 09:09|away-birding
札幌からJR函館本線で小樽に向かいます。
札幌から函館というと南っかわを通るもんだと思っていたんですが、北回りも函館線?ものすごーく遠い気分でみどりの窓口で特急券を買おうと思ったら、指定席というのがなかった、、ていうか朝は特急すらなくて各駅停車のみしかも40分ほどで着くということで、近いのねぇ。

IMG_8198.jpg

は〜〜るばる、来たぜゼニバコ〜〜(あはは)。
札幌から激近いので遥々感はないんですが、なぜか頭からさぶちゃんが離れない。
銭函をすぎると海が見えます。
車内ガラガラのガラスキなので(平日のラッシュアワー近い時間なのにこのすき具合はちょっと心配JR北海道)席を移動してガラス窓にへばりついて海を眺めていると(あはは)

IMG_8201.jpg

は、、、はーれくいんだっく(シノリガモ)が!!!!!!!
ギャーーー、どうしよう(どうにもしませんが、あはは)
ハーレクインダック(シノリガモ)とは、今まで私のテリトリーでは超レアバードで一年に一度とちくるった個体が1羽、他のカモに混ざってやってくるぐらいで残念ながら観る機会がないままだった、私的憧れ水禽第1位。新潟では北部で見られる鳥ではありますが、新潟島の住民がおいそれと見られるもんでもない、見たら大興奮な素っ頓狂水禽なのであります。
とにかく、びゅんびゅん通り過ぎる車窓にみえるハーレクインダック、、
これは小樽港でも見られるチャンスがあると言う事ですやん。あかんかったら電車で引き返して来てここら辺で降りて探そう、とプランBを作成する。

IMG_8202.jpg

小樽が見えて来た。
気が急くわ〜〜〜。鈍行なのがもどかしい(笑)。

IMG_8204.jpg

小樽駅到着
目の前に小樽港が見えてまして徒歩9分、バスもありましたがバスは15分後だったので(あははは)歩きます。
下り坂。

IMG_8207.jpg

小樽の運河
なにも飛んで無いし浮かんでません。
逆サイトはカモメ系が20羽ほどとマガモが2羽。

IMG_8502.jpg

カモメ、ウミネコが80%、セグロカモメ、オオセグロカモメが少々。
餌貰い慣れていて、ちょっと厚かましい感じです。
ガイドブックによると現在2号埠頭だけ入る事ができると書かれているので、2号埠頭へ向かったが、道々見える水面はべたべたに凪いで、舟も出ていない。ウミアイサとカモメが少しだけ浮かんでいるのみ。遥か沖にアイサっぽいなにかが浮かんでいたが、双眼鏡だけでは私にはID不可能。多分ウミアイサだろうが、、。やっぱり海鳥は冬やからねぇ、こんな陽気じゃぁあんまし期待はできんやろて、ちょっとガッカリしたが、色内埠頭公園も見ておこうと向かう。



ヒレンジャク!!
公園の入り口の木ぃに10羽ほど居まして、大興奮。
ヒレンジャクはウイングにワックスがなくてちょっと寂しいですが、ワックスウィングでなくてワックステイルではあります(笑)。かわいらしですねぇ。
で、色内公園から海をぐるりと見渡しますと、、



居ました、30羽ほどのシノリガモの集団
カンムリカイツブリ、ウミアイサ、ヒメウもいましたが、マジョリティがシノリガモ。

IMG_8280.jpg

もう、ただただ眺め倒す。
いやはや、なんて可愛い素っ頓狂な柄なことか。
こんな変な時期にきて憧れのハーレクインとこんなにたっぷり遭遇できるとは思っていませんでした。
ありがとう、小樽。
海で髪の毛パシパシになるまでシノリガモを眺め、もっと眺めてもよかったがキリがないのでバスで小樽観光でもすることにします。食べたいもんもあるし(笑)。
満足満足大満足の小樽でした。
(気分的にもう終わった感アリですが、まだつづきます)
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
北海道7
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

時間に余裕がある時の
各駅停車はの~んびりしてて
いいんですけどね♪
急いでる時はほんともどかしいですよね(笑)
電車の中から貴重な鳥発見出来て良かったですね。
あ~!!もっと見たい~~ってなりますよね(笑)

No title

土地が変われば、鳥も変わりますね
見た目が派手?な鳥が多いのかな?
小樽といえば、お寿司かな?  (笑

ふくねえさん

コメントありがとうございます
ほんとにこの日は暖かくて海の上のブツを見るまではほんとーにのんびりと景色とか駅を楽しんでいたんですが、心が急ぎ始めるととたんに駄目ですねぇ。修行がたりません(笑)。
いやはや、北海道ではマガモ並にありふれた鳥だとは聞いていましたが、本当でした。バッチリ見られて嬉しかったです♪

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ほんとうに土地が変われば鳥もかわりますが、特に津軽海峡にあるブラキストン線の南北で鳥の種類はものすごく変化があります。博物館や書物では勉強していましたが、実際に目の当たりにできてとても嬉しかったです。
お寿司屋とカニ屋がどっさりありました。が、寿司はすすきのでもさして変わりなさそうですし。それよりなにより北海道ご当地ジャンクに走りました(笑)。かなり満喫しました♪

No title

北海道でまたまた素敵な出会いが!
しかも出会えたのが「ハーレクイン」って名前なのが
ドラマチックです(個人的感想)。
ロマンスが始まりそうで(笑)。

北海道は美味しいもの山盛りですからねぇ。
何を堪能されたのかしら(ジュルッ)。

リクさん

コメントありがとうございます
ロマンチックでした(あははは)。
ハーレクインて名前がいいですよねぇ、フランス語の道化師(アハルカン、アルルカン)の英語読みなだけなんで、シノリガモの名前としてはが見たまま道化師で解りやすいですよね:)
北海道、美味しいもん満載、、、なんですが、私的にはまだ日本全国どこでも美味しいものだらけといいますか、グルメ偏差値が低いといいますか(笑)とにかく、北海道で、小樽でしか食べられない!というものを食べときました。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ