石狩平野・花旅・野鳥と木の実

2016.05.04 09:09|books
先だって北海道に行った時に再読したくなって探していたんですが、絶版になっていたのでアマゾンの古書で探しました。こんな名作が絶版というのはいかがなものか。文庫本のほうがよかったんですが、文庫本は上下巻あって揃わなかったので、単行本でしかも初版本だった、安かったけどねぇ。それに続も一緒に買った。

201603291718332f0.jpeg

船山馨『石狩平野』
数年前に再読したのでかなり何度も読んでいる本ですが、何度読んでも面白いです。名作。こんなすばらしい名作がなぜ絶版になっているのか。是非とも復刻してたくさんの人に読まれるべき小説だと思います。
 越後(新潟)村上五万石城下町から三面川の清流沿いに3里ほど山間へ入った村から北海道へ開拓移民してきた鶴代の家族を描く超大作。開拓民のリアルな生活、バッタ(蝗)の大群が押し寄せるシーンにふるえ、壮太のハンザキ(山椒魚)狂いにロマンを感じ、壮太郎と動く時代、鶴代が中心になっているもののグランドホテル形式といってもよいほど魅力的な人々の魅力的な人生も描かれます。そして、最後は新潟県岩船郡館腰村(現在の新潟県村上市、鶴代の生誕エリア)鶴代の曾孫和子を迎えに行こうとするところでエンディング。新潟に始まり新潟に終わる、北海道開拓民鶴代の一代記、たっぷり楽しみました。先日物語の舞台となった手宮小樽札幌円山を訪れたところで非常に感動も一入でした。やはりロケーションを実際に歩いてみるというのは良いですねぇ。

『続石狩平野』
”続”ですし、てっきり鶴代が和子を迎えに行く所からその後の話しだと思って買ったんですが、既読の”大正・昭和篇”だった。出版当時を知らなかったので(笑)、類推するに当時は明治43年までが『石狩平野』として出版、その後こちらの続が出て、さらに後に合併して『石狩平野』として出版されたのが、私の知っている『石狩平野』なんだろうと、、。ま、そゆことで、文庫本上下やこちらのツルの装丁のものを読む場合は『続』は不要です。ご注意召されよ。

IMG_8052.jpgIMG_8051.jpg

円山動物園でエゾサンショウウオを見た。パネルにはばっちり北海道にはキタサンショウウオとエゾサンショウウオの2種類が生息していると書かれていた(キタサンショウウオは円山動物園では飼育されていなかったが)
壮太のような人生にあこがれる。

20160418150525c11.jpeg

吉村昭『羆嵐』(くまあらし)
「クマ嵐だ。クマを仕とめた後には強い風が吹き荒れるという」
大正4年12月の三毛別羆事件(苫前羆事件)、北海道苫前村三毛別、六線沢でエゾヒグマが数回に渡って村落を襲い、開拓民7名が死亡、3名重傷という記録的な被害があった事件から取材したドキュメンタリー小説。非常に短くシンプル、そして重厚。厳しい寒さや羆に対する恐怖感がリアルに描かれていて胸を衝く。これもまた言葉は要らない小説やねぇ、読むべし。

201603301340496d2.jpeg

新潟県山岳協会監修『新にいがた 花の山脈』
春なんで花も見たい、それにちょっとしたハイキングもたのしいよ、と、ガタ鳥友さん達がいつも言うので何処に行こうかと思っているときに、本屋で出会いました。で、この本を買った直後に国上山にいったんでした。参考になりました。地図もいいし、植物の写真も楽しくて大変モチベーションとなりそう。まずは近くて歩く距離が少なくて高低差があんましないところに行きたい(ぶっ)。

叶内拓哉『野鳥と木の実ハンドブック』
ビュー福島潟で発見しました。木の実の写真を撮るのは好きなんだが、なんの実ぃかわからんで悶えることがおおくて(あははは)。序でにどの小鳥がどんな木の実が好きか、なども写真付きで説明してくれていてとっても楽しいです。うすぺったいので持ち歩くのも苦にならんね♪

20160331175451cc7.jpeg20160331175505bf5.jpeg

垣内の金山寺味噌がおくられてきました。
ありがとう。
激ウマ
言葉はいらない。
ガタでも金山寺味噌は売ってますが、千葉産の具のはいってないクセの無いものしかない。何年ぶりにほんまもんの金山寺味噌を食うたことだろうか、、もう忘却レベル。和歌山県民納得クオリティの金山寺味噌はやっぱり和歌山でしか入手できんちゅうことやねぇ。なむだいしへんじょうこんごー。

2016042118005104c.jpeg 201604281544008b9.jpeg
20160428154258226.jpeg 20160428155344fb7.jpeg

激ウマ
泉州直送、水ナスというと泉州
私は”泉茄子”と読んでますが、不思議なもんで、泉山脈越えるだけで違うんだなぁと思う。水茄子(泉なすび)の苗を和歌山で育てても美味しい水ナスはできません。日本で一番美味しい浅漬けになる泉なすびです(私比)。皮が薄くてなんともいえない旨味がある。浅漬け以外は不可です。
水なす工房よさこい←お取り寄せもできるらしい。
一日一個食いまして、食べごろ指定日から3日目のちょっとしんなりしたのが一番好みでした。茄子自体に微妙な個体差があるんですが、一日目に食べた茄子が一番甘くて皮が薄くウマかった。6日間楽しみました:)

信州諏訪 真澄
これまた頂き物でありがとうございます。
激ウマ!今まで飲んで来た新潟の酒とまたちがうフレーバー。口に含んだ時にほんま果物ジュースみたいな感じ、米だけでこんな味になるのが不思議。後味もすばらしく、これまたうまいねぇ。いやはや甘露甘露。

伏見稲荷大社、薬力さんの健康祈願酒
健康には注意せなあかんお年頃ですから。お神酒ですお神酒(笑)。
長い事伏見稲荷さんにもお詣りしていませんわ、、(遠い目)。昔は日帰り距離だったのでよく行きました。石清水さんに御詣りしてたこやきも食べたいし、貴船にも行きたいし、、1ヶ月ぐらい泊まり込みたいねぇ。

千葉というとピーナツと梨
茹でピーナッツとピーナツクリームをいただきました、ごっつぁんです。フナッシについて初めて詳しく来歴を聞きました、なんとこの黄色いのは梨だそうだ、ピーナツの中身ではない。プライベートキャラクターだそうで、ありとあらゆる土地で見かけるのは、実は県や企業の公的キャラではないせいで、著作権問題がややこしくないからなのかもしれませんが、、どうなんでしょう??どう見てもよくわからない可愛くもなんともナニな形状なんですが、、。ピーナツクリームのほうは驚くほど甘くない!ピーナツギュウギュウで美味しい。
茹でピーナッツはもうすっかりウマいのは知られていますよねぇ。このレトルトパック、日持ちがするのに開封すると茹でたての味、不思議不思議!めっちゃ美味しかったです。茹でピーを初めて食うたのはベトナム系だったか中華系だったか忘れましたが、スーパーでした。生の新鮮ピーナッツが売られていて、店先で茹でたのを試食さしてもらった時の事をリアルに思い出しました。
てなわけで、頂き物月間!おおきにです〜♪
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

そうそう♪
ロケーション地歩くのって楽しいですよね。
まぁ話の内容にもよるけど
めっちゃ怖い話しとかやったら…
でも嫌いじゃないかも(笑)

最近ディカプリオの映画「レヴェナント蘇えりし者」
観てきてクマが出てきたんでなんかタイムリー(笑)

ふくねえさん

コメントありがとうございます
楽しいですよね!←ロケーション地歩き
怖い話、、といってもどんな系の怖さにもよりますが、リアルタイムの戦争地域とかは行きたくないですが、関ヶ原とかはしみじみと感慨深いですし♪
実は私もレヴェナントみたんもあってこの本が読みたくなったんですが、この本のレビューをレベナントと一緒にするか、北海道本と一緒にするかでちょっと悩んだんですわ(笑)。でも、ブログのカテゴリが映画と本と分けてあるんで、そんなしょーもない理由でこちらにアップ(あはは)。あのグラスを襲う熊シーン、すごかったですよねぇ。でも小熊の鳴き声には涙がでそうになりました。

No title

金山寺味噌に水なす
落花生ときたら
ポン酒が、とまりませんね~  (笑
ふなっしー、自社ビル持ってるんじゃ?
公認じゃないから儲け放題!!  (汗

No title

こんにちは!

羆嵐は結構好きで、何度か読みました^^
実際、現場ではそのときの実物大の熊の人形だか模型だかが飾られているそうですね^^

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ほんまに、とまりませんね〜〜(あははははははは、あかんやーん)
自社ビルとは豪勢な。でも何故かどこででもキッティちゃん、ネズミーマウスちゃんとならんでグッズが売られているんですよねぇ、、サソリオとウォル卜と並んでいると?(あはははは)ちょっと私には魅力が理解しずらいんですが、きっとフナシの売れた経過をしらないからなのだと思います。

八咫烏さん

コメントありがとうございます
羆嵐、良い本です。当地には実物大羆と家屋の再現と郷土資料館には再現ジオラマもあるそうで、案内をみました。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ