猛禽な日だった

2016.03.26 09:09|Birding
昨日は大量に溜まった洗濯もんをどないしようかと思った末、コインランドリーにいって布団用のんで一気に洗って乾燥させました(あははは、スッキリ)。洗濯している間にガソリン屋で洗車(車が粉ぉふいてた)をした直後に雪が降りました。タイミング良すぎて笑えました(あはは)。異常に眠いです。
さて、
福島潟です。

IMG_1657.jpg

田んぼにまだまったく雪がなかったころのことです。
コハクチョウ、オオハクチョウ、オオヒシクイ、マガン、ヒシクイがメインディッシュですが、
こまかいのんも色々居て忙しい。



たしかこの日に初めて田んぼにおりてるタゲリをみて大興奮したんでした。
それまではいっつも大団体で飛んでるところばっかりみてました。
360度、3Dと音と匂いにも神経を使って歩きます。
鳥、、探すのはものすんごくおもろいんですが、実は
耳と目、半々か耳のほうがヘルプになります。鼻は鳥というよりも哺乳類対策です。ちゅうてもガタ都会部ではタヌキか飼い犬か野良猫ぐらいか、、ラッタス、マイス、ハタネズミはカウントしないっ(笑)。



川にカワアイサのメスが2羽浮かんでいました。
白鳥もたくさん居たけど、アイサLOVEなんで萌え撮り(ぶっ)
かなり恥ずかしがりやさんで、微妙な50メートルぐらいの距離を保たれました(笑)。そしてコハクチョウとカルガモが邪魔(ぶっ)。
で、カワアイサが居ったところから100メートル弱の交差点で、チョウゲンボウとヤングなオオタカがもめてました。慌てて安全そうなバンクに車を停めて(有難う田舎道)



まずヤングなオオタカ激写
道沿いの用水路の水門にたかっています。興奮して瞳孔がクワッとなってます(あはは)。



チョウゲンボウは私の頭上の電信柱にとまって一時休戦。
ママ激怒よ(あはははは)。
オオタカのワカモノ(バカモノ?)が領空侵犯したんでしょうねぇ。かなりキレてました。
インターバルを置いて二回戦ゴングがなりそうだったんですが、歩行者が通りシラケて解散となりました。



オオハヤブサも相変わらず電信柱の上で寛ぎ中

IMG_1641.jpg

ノスリも5羽ぐらいみたか、、

IMG_1646.jpg

あっちこっちでなんか食べたり、カラスに追われたりしてました。

IMG_1686.jpg

帰りに遠回りして瓢湖によりました。
どっさり観光客が居て人酔いしそうでした(笑)。

IMG_1682.jpg

ハイブリッドのアメリカヒドリもナニゲにリラックスして寝てました。
瓢湖も楽しいねー。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

洗車後の雪、辛いですね
やっぱり猛禽は、凛々しくで
カッコイイですね~

No title

猛禽、一体どこで見れるのでしょうか?

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
ヤリがふらなくてよかったです(あはははは)。
小鳥も可愛いですが、猛禽もやっぱりいいですよね〜。

無楽斎さん

コメントありがとうございます
どこにでもおるんですが、見つかりはじめるとどんどん見えてくるもんなんですが、、
先ずはトビ、次はノスリってとこでしょうか。ミサゴも結構初級編です。レッツびぎん
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ