海にふる雨や恋しき浮身宿

2015.07.29 09:34|soul
越後、文学史とくれば俳聖松尾芭蕉
河合曾良を伴って旅に出たのが元禄2年(1689年)の早春、旧暦7月(現代はお盆時期)には新潟県下から上へと移動。『奥の細道』本文には、酒田(山形県)市振(新潟県青海町)間の道中”この間9日、暑湿の労に神をなやまし、病おこりて事をしるざる”と書かれているが、実際のところ、16日間を費やしている。ま、土地のズレとか時間軸の違いはあるかとは思うが、まさに私が新潟に越した時期にかの聖も新潟で過ごしたかと思うと趣き深い。
そして、確かに暑くて病もでるがな、、(とほほー)
ともかく、そげな理由もありここ新潟県には現存する芭蕉の句碑が100以上あるらしい(全国2800超)。



海に降る 雨や恋しき うき身宿

神明宮(合祀・船江神社)の境内に佇むこの句碑は安政四年(1857)地元の俳句会「柳々舎」が建立したもので、書は芭蕉十哲各務支考の流れをくむ獅子門十三世風阿坊の魯松庵。元禄、北越路旅行中新潟にて詠われた『泊船集 付録』てなことが隣に立てられた札に書かれているとおり、奥の細道や曾良日記にはなく、道中句としてはコントリバーシャルなんではあるが、ゆうてもまさにこの古町で詠まれたというレジェンドになってて、それはそれでええんちゃうんかと思う(研究家ではないのでそこらへんゆるめな私)。芭蕉も曾良も詳しくは書いてはいないが宿を求めて結構難儀したようだ。というのも借りられた宿を褒める言葉からうかがえる。そのやっとこさ見つけた宿のあった場所は旅籠の多かった古町1〜5番町あたりかと言われている。
口の中でこの句をころがすと、浮き身で憂き身な人々と新潟に降る商家や旅人にはありがたくない雨を感じる。雨がまたすごいんよね、洗濯モノ全部変な匂い放ちます(笑)もちろん雨の恵みを考えると文句も言えないんやけどねぇ、なんでこんなに雨ふるねん?!梅雨も明けてるのに。いやいや、そんな話しではないが、浮身宿というと色んな解釈ができるが、新潟といえば船乗り(マイイメージ)その舟乗や舟客相手の遊女たち(ま、所謂超有名激戦区の高級プロではなくて地方、場末感漂う風情がたまりません)が、雨で客足もない通りを二階の窓(飾り窓ショボイバージョン)からボエーと眺めてるわけですわ、もちろん眉間に皺なんか寄ってたりしてねぇ。ため息ももれなく付いてくるかもしれない。働かざる者食うべからず、客商売てなかなか自分一人でなんとかなるもんでもないので大変です。そんなしんどくて寂しい感じの暇な遊女館、雨ふりやのにクソ暑い、なんか体調もおかしいし風邪引いたみたいなのに宿はどこもかしこも空いて無い(もしくは宿泊拒否、ちっ)なんでこんな中で旅してんねん!とツッコミたくなる自分、、海に降る雨すらもうっとしい(ぶっ)。とにかく、やさしいねーちゃんの居る宿に泊まって膝枕で耳くそほじってもらいたい、フクラハギとかモミモミしてほしい、でも河合曾良の手前そんなところに泊まれんしな(ぶっ)、とそんな想像までしてしまうのでありました。ま、句としては無季なところがナニなんですが、、。
そんなんで、古町(多分)に泊まった芭蕉と曾良、次の日ぃには徒歩で弥彦に向かいました。それも馬賃が高いからやめとけってな宿のおっさんの忠告によってそげなことに(笑)。ていうか、私のこの短い実生活経験ではまだお店の人とかやたらとセールストークを聞いたことがないし、高額なものをすすめて来ないんよね、新潟の人。まったくもってがめつさがない。ていうか、もーちょっと客に構ってもええんちゃうか?もうちょっと高い方すすめてもええんちゃうか?と思うんやけど(あはははは)。
そんなかんじでちょっと用事に出た時なんかに、古町の昔のB級置屋風建築物の二階を見上げながらすたこらさっさと歩きながらいろんなことを想像して楽しいことでおますな。
スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

そーなんです、新潟の方はなにに置いても控えめで
押しつけがなくて、優しさにほろりとくるんです。
日帰りのつもりで行き、最終便に乗れず宿を取ったら
『食べてけ、飲んでけ、泊まってけ』とその優しさに
車の中で泣いてしまいました・・・。
太平洋側のガサツなわたくし、己のガサツさを思い知ります。
洗濯もん、あの匂いは反則だと思います(笑)

ハイジさん

コメントありがとうございます
ほんとうに平均的に優しい人が多いと感じます。ていうか、和歌山も大概ですが、多分テンポがゆるりとしているのでより優しい感じになるんでしょうねぇ。しかし、セールストークの無さは商売としてはナニかなーと思う事は多々あります(あははは)。ま、地方それぞれでキャラ立っててよかろうと思うんですねぇ。
洗濯もん、今までずっと乾燥機を使っていたので我がで”干す”ってのがアレで、さらに雨になるとねぇ、アパートなんで乾燥機置く場所もないですしねぇ、ていうか洗濯機のドアが満足に開かないぐらいですしねぇ(ぎゃははは)。それにクリーニング屋てドライクリーニングしかないんですよねぇ、3軒まわって諦めました(爆)。近くにコインランドリーもないんですわ、みなさんどないしてはるんでしょうねぇ???新潟のナゾが増えております(笑)。
非公開コメント

| 2018.02 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

2018年 02月 【19件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【31件】
2016年 12月 【31件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【31件】
2015年 12月 【31件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【27件】
2015年 06月 【1件】

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

access!

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ