菊をいただいた思い出

2016.03.24 09:09|Birding

鳥屋野潟です。
紅葉美しかった頃の事です。
菊をいただいた、、といっても”もってのほか”ではありません



Goldcrest ゴールドクレスト
菊いただき(キクイタダキ)に狂っていたんです。
日本最小、極小1円玉5個の重さの小鳥です。
毎日小1時間ほどキクイタダキエリアでじーっとストーキングしたら、3日ほどで近寄ってくるようになりました(笑)。人間とちがって”キモい”とは思わないようです(変だとは思っているかもしれない、ぎゃはは)。
鳥って、、、ま、そんなんです(笑)。
キクイタダキも面白いですねぇ。
ちなみにこちらが、



ゴールドクラウンドキングレット(アメリカキクイタダキ)
同じかとおもっていたら、結構違いがあるもんです。
旧世界(old world)と新世界(new world)で鳥てほんまに違いますねぇ。



ルビークラウンドキングレット(ルビーキクイタダキ)
ルビーには白いアイリングがあるのでキクイタダキ的にはわかりやすいです。
キクイタダキもこうして並べると結構違うもんですねぇ。サイズはほとんど同じ、可愛いです。

IMG_9139.jpg

さて、これは誰でしょう。
ウイングバーをメモっておきたかったので背中が全部見えるまで粘ったが、
またちょうど日陰に入るのよ、これが(笑)

IMG_9231.jpg

紅葉が綺麗です。
紅葉狩りは花見にくらべて、最大のアドバンテージは花粉がないことやね。



ヒガラLOVE
紅葉の枝にはたかってくれんかったので、バックになるように自分の位置を調整(あはは)。

IMG_9182.jpg

なにしても可愛いねぇ、ヒガラちゃん。
鳴き声もかわいいし。小鳥LOVEです。
応援クリツクころもし嬉しです↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:Birding
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

なんだか可愛いフェルト細工のよう♪
キクイタダキ、フェルト細工の中に混じってても
わからないかも(笑)。

確かに花粉の有無はアレルギーがある方にとっては
大きな差ですよね。

リクさん

コメントありがとうございます
フェルト細工、ものすんごい緻密で精巧ですよねぇ。インスタでもついついフェルト細工を眺めてしまいます。実は私、キクイタダキのフェルト細工をもってるんですよ〜〜〜。まったくリアルではないですが(あはは)。
今、花粉のまだ出てない場所から帰ってきたところですが、やっぱり違いますわ。大きな差だと実感しました。

No title

キクイタダキ、そんなに小さいんですね
種類も色々あるんだ
モヒカンっぽい、黄色の頭が可愛い~

ロンゲのオヤジさん

コメントありがとうございます
それはそれはちいさいです。羽があるのでまだましに見えますが、中身はほんとにちいさいです。
このモヒは起こったり恋したりするとブワッと広がってえらいことになります(笑)。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Cheer!!

About

jube

Author:jube
portrait by Guy Pain
動物、鳥、虫、植物、本、映画、美術芸術をこよなく愛する放浪の紀州人。越後よりかなり偏った愛を込めて。スナップはiPhoneとキャノンコンデジが主戦力です。100%私が撮ってます(著者ポートレイトは除く)
@jubewakayama
Birder and nature enthusiast

Previously

Comments

Blog Archive

Categories

Birding

Jube Birdingコンデジ写真館
MInnesotasightseeing
鳥を中心に自然やいろんな景色とメモ記録報告。キャノンパワーショットシリーズの世界
My Birding Life List

Life, what i see

Follow Jube on instagram 100% taken by me

Instagram

Jube Welcome You;)

Search

Links to Check Out

Books

RSS

QR

QR

ページトップへ